すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

キングゼミラ


蝉怪獣
キングゼミラ


【INDEX】
データ
プロフィール
ストーリー
小ネタ
アイテム

◆Data

呼称:キングゼミラ【KING ZEMIRA】
 登場作品:ウルトラマンタロウ(1973) 第21話『東京ニュータウン沈没』
別名: 蝉怪獣、大ゼミ怪獣
身長: 45m
体重: 2万8千t
出身地: 東京ニュータウン地底
分類 地球怪獣、
共演怪獣:ウルトラマンタロウ

◇演:河合徹
◇デザイン:鈴木儀雄

前回 次回
フライングライドロン(親)フライングライドロン(子)←第21話→パンドラチンペ

◆Profile


アブラゼミの怪獣。長年地底で幼虫時代を過ごしていたが、羽化が近づいていた。
地上に出ようとして度々地震を起こしていたところで、ZATの「ひっぺがし作戦」で地上に姿を現した。
口から炎「ノズルファイヤー」を吐くほか、セミ特有の尿攻撃も見せる。
本来は大人しい怪獣で、自然死を待つために網で動きを封じられていた。
しかし、大音量の鳴き声のせいで周辺住民の怒りを買い、人間にいじめられたことで堪忍袋の緒が切れ、暴れ始めた。
ウルトラマンタロウと戦い口を切られたが、正一少年の「セミを殺さないで」という願いを聞き入れたタロウによって宇宙に連れて行かれ、宇宙ゼミとなった。
キングゼミラは今でも夏になると、宇宙のどこかで鳴き続けているという。

◆Story


セミが大好きな正一少年が住んでいる武蔵野のマンモス団地「東京ニュータウン」。謎の地震災害の原因を調査していたZATは、地下に巨大な生物がいることをつきとめる。「ひっぺがえし作戦」で地下から現れたのは、羽化する直前の巨大なセミの怪獣だった。ZATがセミ怪獣を退治をしようとしていたところに、正一がやってきた。正一は「一週間しかない寿命が無いセミを殺さないで」と頼み込み、ZATもそれを聞き入れてセミ怪獣の動きを封じるにとどめ、天寿が全うするのを待つことにした。ところが、このセミ怪獣は昼夜問わず大音量で鳴きまくる。騒音はもちろん、東京タワーの電波障害まで引き起こしてしまう。苛立ちが募ってきた住民たちはセミ怪獣を攻撃し、怒りが頂点に達したセミ怪獣が復讐を始めた!

◆Trivia




◆Item


  • ポピー ウルトラ怪獣消しゴム
写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)
【↑トップへ】

2018年03月27日(火) 21:54:35 Modified by gokenban

添付ファイル一覧(全1件)
c688e685.JPG (13.39KB)
Uploaded by ID:DltRLHGEdg 2011年06月27日(月) 16:46:08



スマートフォン版で見る