すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

ケムール人(二代目)


「ウルトラマン:第33話本編」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


誘拐怪人 
ケムール人(二代目)

【INDEX】

ケムール人(二代目)データ
ケムール人(二代目)プロフィール
ケムール人(二代目)ストーリー
ケムール人(二代目)ウンチク
ケムール人(二代目)アイテム
ケムール人(二代目)メモリー

◆【ケムール人(二代目)データ】


◇呼称:ケムール人(二代目)【KEMUR II】
◇登場作品:ウルトラマン(1966) 第33話『禁じられた言葉』
◇別名:誘拐怪人(ゆうかいかいじん)
◇身長:55m ◇体重:1万6千t
◇出身地:ケムール星
◇他 共演怪獣:メフィラス星人バルタン星人(三代目)ザラブ星人(二代目)

◇演:三山登士
◇関連:初代ゾーン版SDX版

ザンボラー←前回・次回→スカイドン

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ケムール人(二代目)プロフィール】


メフィラス星人の尖兵として、バルタン星人(三代目)ザラブ星人(二代目)とともに、東京都心に出現。
しかし、人間を脅すだけで何もせず姿を消した。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ケムール人(二代目)ストーリー】


メフィラス星人の項目を参照。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ケムール人(二代目)ウンチク】



  • 頭部のみがオリジナルでボディーは新造。

  • 第1クールの未発表脚本「大誘拐」で登場が予定されていた。タイトルからもウルトラQ(1966)の登場を思わせるものである。

  • 本作で発した奇怪な鳴き声はケロニアの機械音の流用で、ゼットンやアングラモンの効果音や、着ぐるみ共々ゼットン星人へ使用されている。

  • 企画ではダダが登場する予定であったが、楳図かずお版のウルトラマンではザラブ星人(二代目)や、ダダ達とウルトラマンと戦っている。


  • 『ウルトラマン超闘士激伝』のメフィラス大魔王の部下、鋼魔四天王の闘士ケムール人はこれを踏襲し、縞がある。重甲型の装鉄鋼をまとい、カードダスによると握力は2020トン。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ケムール人(二代目)アイテム】


  • バンダイ HGシリーズ ウルトラマン・ウルトラセブン怪獣コンプリート計画 完結セット ケムール人(2代目)
  • X-PLUS 大怪獣シリーズ メフィラス星人 少年リック限定版(ケムール人付き)

食玩
  • バンダイ ウルトラ怪獣名鑑 ファイナルコンプリートエディション 禁じられた言葉(ケムール人(II))

写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より 

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋) 

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ケムール人(二代目)メモリー】


●詳しくは知らないけど、PCゲームの「ウルトラ作戦 科特隊出撃せよ!!」にムラマツキャップのセリフを意識した設定が取り入れられていて、本当の意味での「2代目ケムール人」が登場して、「バイオ怪獣 イオゴン」成る怪獣を携えて、自身は何とかっていう科特隊の怪人の隊員に化けて暗躍していたみたいだけど…。

●ウルトラマンとの対戦が見たかった。

●出番はしょぼかったが、カラーで登場できただけ初代より報われたかも。

●このケムール人は、メフィラス星人が、地球人にみせた幻影という説もあるが実際には定かではない。ムラマツキャップが、「我々科特隊とウルトラマンがすべて倒した!」と、メフィラス星人(の声)に反論したが...

●正確にはこのケムール人のみ、メジャーな存在ながら、科特隊、防衛隊や、ウルトラ戦士とのカラミは“全く”ない、非常に稀有な宇宙人である。

(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2017年08月03日(木) 16:41:27 Modified by ID:hJ1rbLkmZA




スマートフォン版で見る