すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

ゲシェンク


「ウルトラマンガイア:第20話本編」より

絶対生物
ゲシェンク


【INDEX】
データ
プロフィール
ストーリー
小ネタ
アイテム

◆Data

呼称:ゲシェンク【GESCHENK】
 登場作品:ウルトラマンガイア(1998) 第20話『滅亡の化石』
別名: 絶対生物
身長: 54m
体重: 6万2千t
出身地: 修央大学
分類 地球怪獣、
共演怪獣:ウルトラマンガイア

◇演:三宅敏夫
◇デザイン:丸山浩

前回 次回
サイコメザードIIプライマルメザード←第20話→カンデア

◆Profile


福井県で発掘された恐竜の卵の化石に寄生していた生命体。藤宮博也の手で現代に蘇った。
本来は不定形の生物だが、その時代に栄えた生物を滅ぼす能力と本能を持っており、現代で最も栄えた生物、つまり人類を滅ぼすために巨大怪獣の姿に変身した。
主な武器は尻尾による攻撃と、角から発射するエネルギーボール弾。これには敵を追尾する能力があり、ファイター機でも容易には振り切ることが出来ない。
名前の「ゲシェンク」とは、ドイツ語で「贈り物」を意味する。

修央大学で化石から復活。東京に向かおうとしてXIGウルトラマンガイアと対決。
ボール弾攻撃でガイアを苦戦させたが、チームライトニングとハーキュリーズの援護攻撃で角を破壊され弱体化。
最後はフォトンエッジを受けて爆発。藤宮が持っていたゲシェンクの破片も消滅していった。

◆Story


福井県で完全な状態の恐竜の卵の化石が発掘された。うまく行けば恐竜絶滅の謎を解明する鍵になると言う。そのニュースをテレビで見ていた藤宮は、化石を調査する予定だった東西大学の菅井助教授に変装して大学に忍び込んでいった。後から駆けつけた我夢は、藤宮の元へ赴く。藤宮は化石から採取された生物にゲシェンクと名づけ、ゲシェンクが人類の数を淘汰し、さらに破滅招来体にも立ち向かう地球からの「贈り物」だと主張する。我夢は藤宮に身柄を拘束された上、エスプレンダーまで手元から取り外されてしまったが、我夢の誰も失いたくないという心の叫びにエスプレンダーが、ガイアの光が応えてくれた!

◆Trivia



◆Item


写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)
【↑トップへ】

2021年04月20日(火) 07:45:31 Modified by ID:D1pF8azmwA

添付ファイル一覧(全1件)
21160e665b9e1fc4.jpg (9.89KB)
Uploaded by ID:asYs7uPqrA 2006年11月10日(金) 02:21:33



スマートフォン版で見る