すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

ゴルザII


「ウルトラマンダイナ:第43話本編」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


超古代怪獣
ゴルザII


【INDEX】

ゴルザIIデータ
ゴルザIIプロフィール
ゴルザIIストーリー
ゴルザIIウンチク
ゴルザIIアイテム
ゴルザIIメモリー

◆【ゴルザIIデータ】


◇呼称:ゴルザII【GOLZA II】
◇登場作品:ウルトラマンダイナ(1997) 第43話『あしなが隊長』
◇別名:超古代怪獣(ちょうこだいかいじゅう)
◇身長:62m ◇体重:7万t
◇出身地:霧門岳
◇他 共演怪獣:なし

◇演:
◇デザイン:
◇関連:初代強化ギャラクシー版ファイヤーファイヤーSDゴーグ

レギュラン星人ヅウォーカァ将軍マウンテンガリバー5号←前回・次回→グライキススフィア

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ゴルザ競廛蹈侫ール】

 
以前ウルトラマンティガによって倒されたゴルザ(強化)が、再び霧門岳のマグマのエネルギーを元に蘇ったもの。
はっきりとしたことは不明だが、一説ではスフィアの手で密かに復活の手助けをされたとも言われている。

以前より顔が小さくなり、よりスマートな印象になったが、持ち前の怪力は以前のゴルザ以上のものとなった。
また、口から超音波光線を発射するゴルザ(強化)の時に身に着けた、光線吸収能力もそのまま引き継いでいる。
ウルトラマンダイナを苦しめたが、腹部にスラッシュチョップを受け、そこへスぺシウム光線を打ち込まれ、光線を吸収出来ずに爆発した。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ゴルザ競好函璽蝓次




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ゴルザIIウンチク】

  
  • 着ぐるみは新造。

  • 当初は、新規デザインのゴルザが用意されていたが、監督の満留のアイデアで造形スタッフでオリジナルのゴルザをアレンジしている。

  • ゴジラを意識したデザインアレンジがなされており、初代と比べて頭部が小さく、腕が大きくなっている。

  • 第43話の原案および特技監督を務めた満留浩昌は、脚本を通すための策略として人気怪獣のゴルザを登場させたが、シナリオ会議では狙いとは逆に「ゴルザである必要性」を問われてしまったという。満留はそれに対して「人気怪獣が出ればお客さんも喜ぶ」と通したが、「作戦ミス」であったと述懐している。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ゴルザIIアイテム】


  • バンダイ ウルトラモンスター超全集 ウルトラマンダイナ凱風編 ゴルザII
写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ゴルザ競瓮皀蝓次








(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2021年04月16日(金) 20:41:57 Modified by ID:oH49p2hlXg




スマートフォン版で見る