すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社









【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

ザラガス(トリガー版)


YouTubeウルトラマン公式 『ウルトラマントリガー』第9話「揺れるココロ」より

変身怪獣
ザラガス


【INDEX】
データ
プロフィール
ストーリー
小ネタ
アイテム

◆Data

呼称:ザラガス【ZARAGAS】
 登場作品:ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA(2021) 第10話『揺れるココロ』
別名: 変身怪獣
身長: 40m
体重: 2万t
出身地: クワハラシティ地底
分類 地球怪獣、
共演怪獣:ダーゴン

◇演:新井宏幸
◇関連:初代銀河伝説版SDX版

前回 次回
ガーゴルゴン←第10話→トリガーダーク

◆Profile

一体何なのだ…この想いは何なのだ?何だと言うのだ!?ぬぅぅああああぁぁぁぁーーーーっ!!
――ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA(2021)9話「揺れるココロ」本編 ダーゴンの言葉より

クワハラシティの地底に出現した怪獣。
数週間の間GUTS-SELECTの警戒監視下で休眠状態であったが、ダーゴンの地団駄によって目を覚まし、地上に出現した。
体を覆う強固な装甲や鼻先の角、尻尾などを使った肉弾戦が主な武器だが、攻撃を受けると体の細胞組織が変化してパワーアップする体質を持つ。
低温などで細胞の活性化を鎮めることでこの能力を封じることが可能。

地上に出現してウルトラマントリガーと対戦。トリガーのハンドスライサー浴びたことで装甲を脱着、頭部の発光器官から閃光攻撃を放つように変化した。
さらにアキトGUTSスパークレンスによる援護攻撃を浴びると、今度は発光器官からエネルギー体のスパイクが生え、周囲に電撃を放つなど強化を重ねていった。
しかし、GUTSファルコンが放った液体窒素を浴びると細胞変化が止まり、そこからトリガー・パワータイプのデラシウム光流で吹き飛ばされ爆散した。


◆Story

アキトが解析していた超古代の石碑に新たな碑文と絵柄が出現した。
そこに記されていたのは「エタニティコア」と呼ばれる高エネルギー体と思しき存在に関する記述であり、
アキトは3000万年前と現代のそれぞれの時代に多数の怪獣が出現しているのは、エタニティコアの活性化が原因ではないかという推論を立てる。

一方その頃、ダーゴンは一人思い悩み続けていた。
私たちは負けない。あんたちなんかに。シズマ ユナにそう啖呵を切られ横っ面を叩かれたあの時以来、ユナのことが頭から離れないのだ。
思い余って白昼堂々とユナを遠目に見つめながら悶々と過ごすダーゴンであったが、その様子を見ていたイグニスがダーゴンにお前は「恋」をしている、と指摘。
イグニスの「この世の生きとし生ける者は恋を重ねて強くなる」という言葉を受け、恋愛感情と縁の無かったダーゴンも俄然強い関心を持ったようだった。

ところが、意を決したダーゴンがユナにアプローチを試みようとするも、イグニスの教え方が悪かったのかダーゴンの理解力が乏しいのか。
持ち前の人間離れしたパワーも相まって、ダーゴンがやっていることは傍目に見ても完全にただの「刺客」のそれになってしまっていた。
当然、この様子を通信で見てユナの元に急行したケンゴやアキトと一戦交えるはめになってしまう。
二人はダーゴンが恋をしているという予想外の発言に唖然とするわ、ダーゴンは自分なりの工夫を理解してもらえないわで現場は非常にカオスなことに。
挙句、苛立ちが頂点に達したダーゴンが盛大に踏み鳴らした地団駄のせいで、寝ていた怪獣まで起こしてしまい現場はもっと大混乱に!?


◆Trivia

  • 着ぐるみはザラガス(X版)の流用。作中でほとんど口を開けっ放しにしているため、スーツの劣化のせいで口の開閉ギミックが正常に動かない状態ではないかと思われる。


◆Item


写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)
【↑トップへ】

2021年09月28日(火) 20:23:46 Modified by ID:HXYTUqRZJw

添付ファイル一覧(全1件)
zlnXDrezYI.jpg (53.51KB)
Uploaded by ID:HXYTUqRZJw 2021年09月28日(火) 19:50:16



スマートフォン版で見る