すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社









【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

パワードダダ


「ウルトラマンパワード:第8話本編」より

三面怪人
パワードダダ


【INDEX】
データ
プロフィール
ストーリー
小ネタ
アイテム

◆Data

呼称:パワードダダ【DADA】
 登場作品:ウルトラマンパワード(1993) 第8話『侵略回路』
別名: 三面怪人
身長: 0〜55m
体重: 0〜1万t
出身地: コンピューター世界
分類 異次元怪獣、
共演怪獣:ウルトラマンパワード

◇演:
◇デザイン:前田真宏
◇関連:初代RB銀河伝説版ゾーン版X版ジード版R/B版タイガ版PDO-3

前回 次回
パワードザンボラー←第話→パワードアボラスパワードバニラ

◆Profile

私が『ダダ』だ。生命の仕組みは全て分かった。私の体を構成するために、お前たちの炭素ユニットを頂く。
――ウルトラマンパワード(1993) 第8話本編 ダダの言葉より

プログラマーのリチャード・マーリンが偶然作り出したコンピューター生命体。人間と同等以上の知性と自我を持つ。
現実世界で活動するための肉体を構成するために必要な炭素を欲しており、自身の拠点となる電子世界「ダダ・フィールド」への扉を
現実世界のパソコン画面に発生させ、画面に触れた人間を次々と誘拐し炭素ユニットを奪っていた。
ダダが人間を誘拐する際、現場には人間の細胞やDNAを模倣したシリコンの砂が残るが、これは「ダダの爪の垢のようなもの」らしい。
戦闘時には複数のダダが合体して巨大化し、両手から発する「ニュートロン光線」や念力を武器とする。

マーリンの手で医療機器用コンピュータメーカー「ニューロネット・インダストリー社」の人間を次々と襲っていたが、
マーリン自身もダダの犠牲者になってしまい、ニューロネット社の本社内に進出。
ニューロネット社の重役二人をダダ化させ、中性子バッテリー弾で応戦するW.I.N.R.を銃撃戦で追い詰めた後に、ウルトラマンパワードに変身したカイに対抗するために巨大化した。
最後はパワードが発射したメガ・スペシウム光線でニューロネット社のネットワークを破壊されたため、肉体を維持できなくなり爆発。
しかしコンピュータ内部のダダ本体は無傷であり、電源を断たれ隔離処分されたはずのPCからは再びダダの声が……。

◆リチャード・マーリン
ニューロネット社の元社員。天才的な技術を持つプログラマーで、在籍時は「魔術師」と呼ばれるほどの腕前だった。
解雇された報復のためにニューロネット社のシステムを破壊するためのコンピュータウィルスを開発していたところ、偶然ダダを作り出してしまった。
ニューロネット社の社員をダダに襲わせていたが、自身も標的となってダダの犠牲者になってしまう。
しかし、マーリンのPCに解雇以降の日記やダダとの交信記録が残っていたため、そこから事件の真相が明るみになった。


◆Story

医療器具用のコンピュータを開発する「ニューロネット・インダストリー社」の人間が次々と失踪する事件が発生。
現場にはいずれも、人間の細胞にそっくりな構造とDNAまで構成された特殊なシリコンの砂が落ちていた。

調査を進めていたW.I.N.R.は、以前ニューロネット社を解雇されたリチャード・マーリンというプログラマーの自宅に向かうが、
そこでカイサンダースが見たのは、パソコンに取り込まれるリチャードと、自らを「ダダ」と電脳生命体だった。
マーリンのPCに残っていた記録からダダの正体を掴んだW.I.N.Rはニューロネット社にダダの危険性を訴え駆除に向けて協力を求めたが、
あろうことか重役たちは貴重な電子生命体であるダダを自らの手で捕獲して研究資料にすると言い出し、協力を拒否されてしまう。

未知の存在であるダダをそう簡単に制御することは出来ないのではと危惧するW.I.N.Rだったが、案の定ニューロネット社から社内がダダに占拠されたという緊急連絡が届く。
現場に急行したW.I.N.Rは対ダダ用の装備で防御を固め慎重にニューロネット社内部に潜入を試みるが……。


◆Trivia


  • 冒頭でダダの最初の被害者になる男性が口ずさんでいる鼻歌は、初代ウルトラマンの主題歌である「ウルトラマンの歌」である(原語版も吹き替え版も同じ)。

  • この回はビデオ合成が多用されているため、ブルーレイで見ると画質が目まぐるしく変わる。

  • 伊藤和典が脚本を担当した映画『ガメラ2 レギオン襲来』では、現場に残されたシリコンの砂から敵の痕跡を見出すという、本作と同様のシーンが存在する。

  • 企画段階では「ダダ・プラス」や「ダダ2185」という名称候補があった。

  • デザイン画での全身の幾何学模様を表現するため、スーツの素材にスパンコールを使用している。素材のおかげかほとんど劣化が進んでおらず、近年でも当時の着ぐるみがそのままの状態で展示イベントなどに飾られることもある。そして2021年にはまさかの当時のスーツをそのまま流用してTVシリーズに再出演するという快挙を成し遂げることになった。


◆Item


  • バンダイ パワードモンスターシリーズ パワードダダ
  • バンダイ ウルトラ怪獣 ダダ(パワードダダ)

食玩
  • 不二家 ウルトラ怪獣大決戦 ダダ
写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)
【↑トップへ】

2021年09月11日(土) 12:45:37 Modified by ID:HXYTUqRZJw




スマートフォン版で見る