すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!
東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社









【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

ブラックゴン

写真
「□□□:△△△」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋) 


宇宙怪獣
ブラックゴン


【INDEX】

ブラックゴンデータ
ブラックゴンプロフィール
ブラックゴンストーリー
ブラックゴンウンチク
ブラックゴンアイテム
ブラックゴンメモリー

◆【ブラックゴンデータ】  


◇呼称:ブラックゴン【BLACKGON】
◇登場作品:ミラーマン(1971) 第45話『少年と黒い大怪獣』
◇通称:宇宙怪獣
◇身長:48m ◇体重:4万2千t
◇出身地:宇宙
◇他 共演怪獣:インベーダー

◇演:坂本道治
◇デザイン:大澤哲三

ボアザウルス←前回・次回→レッドモンスキラーリサ

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ブラックゴンプロフィール】  


朝霧高原に出現した宇宙怪獣。
牛のような姿をしていて、宇宙怪獣としてもおとなしい方だったが、インベーダーの光線を受けて巨大化し凶暴化した。
巨大化後は口から炎やガスを吐く。武器は両手のムチ。
ミラーマンと戦い、ミラクルキックで首を切断され絶命した。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ブラックゴンストーリー】  




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ブラックゴンウンチク】  




  • 書籍『ミラーマン大全』ではデザイナーは不明としていたが、書籍『大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編』では大澤哲三によるものと推測し、雑誌『宇宙船』では鯨井実と記述している。その後、『宇宙船』vol.168にて鯨井のインタビューが掲載され、自身の手によるものであることを証言している。

  • デザイン画での名称は「アングネス」。鯨井によれば、このデザイン画は依頼を受けて描いたものではなく、元々描いてあったものが米谷の推薦により採用されたものであり、名称や設定などは独自のものであったという。『ミラーマン大全』では、第45話の準備稿の印刷日が1972年7月25日で、デザインが描かれたのは7月15日であることから、デザイン先行でエピソードにあてはめたものか、他のエピソード用に準備されたデザインがブラックゴンとして流用されたもののいずれかであると推測している。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ブラックゴンアイテム】   



  • 地球防衛軍秘密基地本部 ミラーマンコレクション ブラックゴン
写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より 

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ブラックゴンメモリー】  

 






(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2021年12月02日(木) 06:44:53 Modified by ID:D1pF8azmwA




スマートフォン版で見る