すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

マグマ星人(SD)

写真 
「■■■:▲▲▲▲▲」

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


サーベル暴君
マグマ星人(SD)


【INDEX】

マグマ星人(SD)データ
マグマ星人(SD)プロフィール
マグマ星人(SD)ストーリー
マグマ星人(SD)ウンチク
マグマ星人(SD)アイテム
マグマ星人(SD)メモリー

◆【マグマ星人(SD)データ】


◇呼称:マグマ星人(SD)【ALIEN MAGMA (SD)】
◇登場作品:ウルトラマンギンガ(2013) 番外編『残された仲間』 
◇別名:サーベル暴君
◇身長:14cm〜57m ◇体重:150g〜2万2千t
◇出身地:
◇他 共演怪獣:ゼットン(SD)

◇演:外島孝一(人間体:田久保宗稔)
◇関連:初代再登場3人衆メビウス版ギャラクシー版X版タイガ版

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【マグマ星人(SD)プロフィール】


ダークルギエルによって、買い出し要員として復活させられたスパークドールズの宇宙人。
最後まで戦いに参加する機会がなかったため、降星町に一人取り残されてしまった。
地球人に化けることができるが、何故か健太千草には通用せず、町で求人を探していたところで発見されてしまった。
ゼットン(SD)と一体化し、健太と千草が一体化したウルトラマンティガウルトラマンと戦ったが、敵わないと見ると分離。
ゼットンと共にウルトラマン達を追いつめたが、突如現れたウルトラマンギンガに叩きのめされ、止めにギンガクロスシュートを浴びて爆散。
人形に戻った後、ギンガによって宇宙へ旅立った仲間達の元へ運ばれて行った。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【マグマ星人(SD)ストーリー】


バルキー星人イカルス星人ナックル星人グレイ……闇の支配者により解放され、降星町で暗躍した3体の宇宙人エージェントたち。しかし、その影に隠れ、表に出ることなく出番の終わってしまった不幸なエージェント(候補)がいた。その名はマグマ星人。誰より熱意に溢れながら、表に出るチャンスもないまま、支配者の死と共に、「ギンガ」の宇宙へ取り残されたのだ。やむを得ず、人間として生活していた彼だったが、思わぬチャンスが舞い込んでくる。自分のチャンスを奪い、日陰者の身に追いやった礼堂ヒカルの仲間、渡会健太久野千草が現れたのだ。このチャンスを逃す手はない!ただ一つ手元に残されたスパークドールズゼットンにダークライブしたマグマ星人は、一兆℃の火球を武器に、念願の復讐戦に打って出る!

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【マグマ星人(SD)ウンチク】




  • この回は、2014年7月10日にニコニコ生放送で行われた円谷プロ公式生放送内で放送されたが、放送事故が発生して最後まで放送されなかった(ウルトラマンギンガが登場したところで停止。)。しかし、生放送自体は引き続き行われ、ちょうど生放送に出演していたマグマ星人(演:外島孝一)が、当時話題になっていた某議員ばりの号泣謝罪をやらされる羽目になった。(その後、2014年11月の円谷プロ公式生放送で再び放送されることになり、この時はきちんと全編放送できた。)

  • 2014年7月にニコニコ生放送で行われた円谷プロ公式生放送でのマグマ星人の発言によると、劇中で使っていたがま口は紛失してしまったらしい。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【マグマ星人(SD)アイテム】


写真
参考資料「■■■:▲▲▲▲▲」

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【マグマ星人(SD)メモリー】








(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)               このページのトップへ
2020年08月24日(月) 13:14:44 Modified by ID:knUL4rnA5Q




スマートフォン版で見る