すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

マゼラン星人マヤ


「ウルトラセブン:第37話本編」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋) 


マゼラン星人マヤ


【INDEX】

マゼラン星人マヤデータ
マゼラン星人マヤプロフィール
マゼラン星人マヤストーリー
マゼラン星人マヤウンチク
マゼラン星人マヤアイテム
マゼラン星人マヤメモリー

◆【マゼラン星人マヤデータ】


◇呼称:マゼラン星人マヤ
◇登場作品:ウルトラセブン(1967) 第37話『盗まれたウルトラ・アイ』
◇別名:
◇身長:1.6m ◇体重:40kg
◇出身地:マゼラン星
◇他 共演怪獣:なし

◇演:吉田ゆり

ペガ星人←前回・次回→クレージーゴンバンダ星人

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【マゼラン星人マヤプロフィール】

 
地球に向けて恒星間弾道弾を誘導するべく潜入したマゼラン星人の工作員。
テレパシーで会話をする。
また、催眠術で人を操ることもできる。
ダンウルトラガンを撃ち落としたライフル銃。
スナック「ノア」を拠点に暗躍。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【マゼラン星人マヤストーリー】


準備に邪魔なセブンの介入を排除するためにダンからウルトラアイを盗んだ。準備を完了させた後、母星へ「ムカエハマダカ」とK地区のアングラバー(スナック「ノア」)から何度も打診していたが連絡は来なかった。その頃、宇宙の彼方から猛スピードで地球に迫る飛行物体がキャッチされる。マゼラン星から発射された恒星間弾道弾だ!宇宙ステーションV2必死の迎撃も全く効かず、V2は破壊されてしまう。弾道ミサイルの地球到着予定時間は午前0時。ホーク1号ホーク2号による連携攻撃も一切通用しない。地球危うし!その頃マヤはスナック「ノア」内でダンと対峙。ダンが差し出したマゼラン星の返信電文「恒星間弾道弾スデニ発射セリ。迎エに及ブ時間無ク…」によって母星の仲間に初めから見捨てられていた事を知り、無言でウルトラアイをダンに返した。変身したセブンは弾道弾に突入しギリギリで軌道を逆転させる。「この星で生きよう。この星と一緒に…」というダンの説得も空しく、時計の針が午前0時になる寸前、マヤはスナック「ノア」のジュークボックスから白煙を噴出させ自殺をしてしまう。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ


◆【マゼラン星人マヤウンチク】


  • これもサブタイを誤表記されることの多い回。正解は「ウルトラ・アイ」。

  • マヤが最後に押したジュークボックスのボタンは「J」→「7」

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【マゼラン星人マヤアイテム】


ガレージキット
写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【マゼラン星人マヤメモリー】

 
●てきとうな推測ですが、地球の周りはステーションV1、V2、V3が等間隔に展開し、鉄壁の守りを固めていると思われます。そのうちのステーションV2を吹っ飛ばしたのだから、超強力宇宙人とも言えます。ガッツ星人ゴース星人バド星人でさえ成し遂げられなかった事ですから。まあじっさいには誘導電波を出しただけですが・・・。

●ダンが踏み込んでいった時、踊っていた若者たちがいっせいに振り向くシーンは、ギョッとしました。続いて、ひとつ分けて欲しいとも思いました。

●あの操作はマゼラン星へ航路変更させたんじゃないかな。だとしたらマゼラン星自体が危ないが。

●てきとうな方向に飛んでったでしょう。

●ダンの一言、「この星で生きよう」は何度聞いても心にしみます。ウルトラセブンの数多い名シーンのひとつです。『もののけ姫』が元ネタですか?しかし続く台詞が、なんか聞き取れないです。「この星と一緒に」か「この星で一緒に」だと思うのですが。

●NHKドラマ『私が愛したウルトラセブン』において、上原正三原作の「300年間の復讐」と競った事になっている。(本当かな)

●ラストのナレーション、「数年後には我々も、月旅行が可能になるかもしれません・・・」のくだりは余計であるとの評価も、たまにあるようです。

●怪獣が出ないので子供時分には「つまんないなぁ」の一言。でも後に見直した時には『ノンマルトの使者』と並ぶ印象深い回でした。

(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2016年02月14日(日) 00:10:33 Modified by ID:YFwZaUWQPA

添付ファイル一覧(全1件)
ef8f92fe99edbcd2.jpg (7.35KB)
Uploaded by amamasa 2006年09月08日(金) 19:49:19



スマートフォン版で見る