すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

メトロン星人(マックス版)


「ウルトラマンマックス:第24話本編」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


対話宇宙人
メトロン星人


【INDEX】

メトロン星人データ
メトロン星人プロフィール
メトロン星人ストーリー
メトロン星人ウンチク
メトロン星人アイテム
メトロン星人メモリー

◆【メトロン星人データ】


◇呼称:メトロン星人【ALIEN METRON】
◇登場作品:ウルトラマンマックス(2005) 第24話『狙われない街』
◇別名:対話宇宙人(たいわうちゅうじん)
◇身長:2〜50m ◇体重:120kg〜1万8千t
◇出身地:メトロン星
◇他 共演怪獣:なし

◇演:相馬絢也(声・人間体:寺田農
◇デザイン:
◇関連:初代Jr3代目RB銀河伝説版ジェイスタルデ

フライグラー←前回・次回→ゴドレイ星人ネリル星人キーフ

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メトロン星人プロフィール】


40年前、北川町で自動販売機のタバコに人間の理性を狂わせる赤い結晶体を仕込み、人類同士の信頼を失くすことで、地球侵略を遂行しようとした宇宙人。
赤い宇宙人との対決で死んだとされていたが、少年時代の楢崎刑事と父親によって看病され、一命をとりとめている。
すなわち初代メトロン星人と同一人物である。

それから40年の間、北川町の「怪獣倉庫」を自宅にして地球の生活に馴染みながら人々の様子を見守ってきたが、
携帯電話が普及したことを機に「自らが手を下さなくても、いずれ人類は脳が委縮して退化し、自滅する」と判断。
母星に帰るためのお迎えの円盤を待つ一方、「人類の退化をちょっと早くする」という名目で、
特殊な電波を発信して、その電波に着信した携帯電話を持つ者を一時的に凶暴化させる事件を起こしていた。

事件を調査してメトロン星人に行き着いたカイトに対しても「ジャンケン対決で勝負しよう(手の構造上チョキしか出せない)」
と持ち掛けるなど終始飄々とした態度であり、一時は巨大化してウルトラマンマックスと戦うように思えたがが、
実際は戦う意思も全く無かったようで、やってきたメトロン円盤に合流してそのまま地球を去っていった。

地球人に対しては、「町中サルだらけ」「環境を破壊して礼儀も知らない」などとかなり厳しい評価をしていた一方、
地球のお土産をしっかりまとめていたり、夕焼けの美しさを礼賛するなどしており、
楢崎刑事は「本当は悪い奴じゃないが、この町が変わっちまったことに怒りを募らせていたんじゃないか」と語っている。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メトロン星人ストーリー】


北川町で突然人々が発狂して暴れだすという事件が連続して発生した。被害者はしばらくすると気を失ったように倒れ、あとでそのことを聞いても、暴れていた時の記憶は全くないという。
おどろくことに、この北川町では40年前に同じような事件が発生していた。煙草に人間を狂暴化させる赤い結晶体をいれ、人間同士の信頼をなくして互いが傷つけあわせようにする、という作戦で挑んできた「メトロン星人」が、ウルトラセブンにアイスラッガーとエメリウム光線のダブル攻撃で倒された、というのである。

事件の調査を担当することになったカイトミズキは楢崎刑事と共に北川町を捜索していくが、その行先で怪しげな黒服の男と遭遇する。
その男は楢崎刑事とも親しいようであったが、その男の正体こそ、40年前に出現したメトロン星人当人であった。メトロン星人は、当時少年だった楢崎と彼の父親に介抱されて助かっていたのである。
カイトを自宅に招いたメトロン星人は、カイトをちゃぶ台に座らせ、眼兎龍茶(メトロン茶)なるお茶を飲みながらしみじみと今の人類について語りだす。それは、侵略者・傍観者という視点から人間社会を見続けてきたメトロン星人の、失望交じりの結論であったのだ…。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メトロン星人ウンチク】


  • 基本的にウルトラマンマックス(2005)の世界観は、昭和ウルトラシリーズとは直接的にはつながっていないものだが、今回の話だけ、ウルトラセブン(1967)と時系列が例外的につながったものとなり、エピソード中の各シーンも当時を意識したものが多い。


  • 監督をされた故実相寺昭雄監督の、事実上のウルトラ作品における最後の監督作となった作品。




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メトロン星人アイテム】


  • バンダイ ウルトラ怪獣シリーズ2005 メトロン星人

ガシャポン
  • バンダイ HGシリーズ ウルトラマン47 狙われない街編 対話宇宙人メトロン星人
  • バンダイ ウルトラヒーローVS怪獣軍団コレクション2 メトロン星人

ガレージキット
  • パーラーつげちゃん 縫合メトロン星人

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋) 

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メトロン星人メモリー】








(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2020年04月01日(水) 11:39:39 Modified by ID:cmLouzevvw

添付ファイル一覧(全3件)
9884bd25.jpg (11.32KB)
Uploaded by ID:yYphCzVSsg 2010年03月17日(水) 11:36:21
fd581162.jpg (11.76KB)
Uploaded by ID:Qri5Ngo3WA 2008年04月28日(月) 19:33:21
651ac511.jpg (8.64KB)
Uploaded by ID:Qri5Ngo3WA 2008年04月28日(月) 19:29:09



スマートフォン版で見る