すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

モングラー


モグラ怪獣
モングラー


【INDEX】
データ
プロフィール
ストーリー
小ネタ
アイテム

◆Data

呼称:モングラー【MONGULAR】
 登場作品:ウルトラQ(1966) 第8話『甘い蜜の恐怖』
別名: モグラ怪獣、地底怪獣
身長: 50m
体重: 2万t
出身地: 東京近郊・伊佐山
分類 地球怪獣、
共演怪獣:なし

◇演:福留幸夫
◇デザイン:

前回 次回
ゴルゴス←第8話→タランチュラ

◆Profile


農業試験場の木村が開発した特殊栄養剤「ハニーゼリオン」の影響で大きくなった地蜂を食べ、巨大化したモグラ。
超スピードで地底を掘り、1日に36kmの距離を掘り進むことができる。鼻から風速50mの鼻息を出す。
太陽光線に弱く、地上での動きは精彩さを欠いていた。
自衛隊の戦車舞台の砲撃に晒されて、慌てふためいて地中へと逃げたが、あまりにも深く掘りすぎてしまったあまり、間違って地底の火山帯に衝突して最期を迎えた。

◆Story




◆Trivia


  • 劇中では「大モグラ」としか呼称されていない(自衛隊の立て看板にも「大モグラ対策司令本部」と書かれていた)。


  • 上記の「自衛隊による見当違いも甚だしい(どこを狙ってるんだ的)ミサイル攻撃」シーンは空の大怪獣ラドン(1956)から「(火山地層に衝突した大モグラの余波で)、地割れに飲み込まれる村のカタストロフ」のシーンは地球防衛軍(1957)からの流用。ラストのナレーターの場面で、炎上しているラドンが映っている。

  • ウルトラQ(1966)のドキュメンタリー映画「現代の主役 ウルトラQのおやじ」では鳴き声がゴジラのものになっていた。



  • 漫画「ウルトラ怪獣かっとび!ランド」では穴掘り能力を買われウルトラマンから逃げるレッドキングの逃亡を手伝わされた。モグラと言う事で光に弱い為サングラスをかけていた。

  • 漫画『ウルトラマン超闘士激伝』ではウルトラマンネオスウルトラセブン21が防衛を担当していたセントール星の村長として登場。それ以前にもモブキャラが観客として登場している。

◆Item


  • X-PLUS 大怪獣シリーズ モングラー STカラー
  • X-PLUS 大怪獣シリーズ モングラー モノクロ
  • 地球防衛軍秘密基地本部 円谷プロコレクションシリーズ モグラ怪獣モングラー
  • マーミット ビニールパラダイス モングラー
  • マーミット 怪獣天国 モングラー
  • マーミット ビニパラベビー スダール&モングラー

食玩
  • バンダイ ウルトラ怪獣名鑑 ウルトラセブンCOMPLETE SPECIAL 甘い蜜の恐怖

ガレージキット
  • VOLKS モングラー
  • かなめみお 怪々大行進 モングラー
写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)
【↑トップへ】

2019年09月04日(水) 10:27:52 Modified by ID:8sLMMwE5jg

添付ファイル一覧(全1件)
6ec9bac645310b44.jpg (7.86KB)
Uploaded by amamasa 2006年07月07日(金) 18:24:52



スマートフォン版で見る