すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社









【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

リフレクト星人


「ウルトラマンメビウス:第34話本編」より

光波宇宙人
リフレクト星人


【INDEX】
データ
プロフィール
ストーリー
小ネタ
アイテム

◆Data

呼称:リフレクト星人【ALIEN REFLECT】
 登場作品:ウルトラマンメビウス(2006) 第34話『故郷のない男』
別名: 光波宇宙人
身長: 50m
体重: 5万5千t
出身地: リフレクト星
分類 宇宙人、
共演怪獣:ウルトラマンメビウスウルトラマンレオ

◇演:岩崎晋弥(声:掛川裕彦
◇デザイン:
◇関連:RB銀河伝説版

前回 次回
フェミゴンフレイム←第34話→ババルウ星人

◆Profile


突如現れ、ウルトラマンメビウスGUYSに挑戦してきた宇宙人。
口調は慇懃無礼だが、卑劣な性格の持ち主。
全身が光線の吸収性の無い「誘電体多層膜ミラー構造」になっており、あらゆる光エネルギーを反射してしまうため、光線技に対しては鉄壁の防御力を誇る。
両手に装備しているトゲ付きのシールドは攻守両方に優れ、中にはミサイル弾やチェーン、剣などの多彩な武器が仕込まれており、攻撃面でも抜かりは無い。

◆Story


突如現れた宇宙人、リフレクト星人との戦いに完敗してしまったウルトラマンメビウスGUYS。そんな一行を「何者か」が呼び出し、かつて二匹の怪獣レッドギラスブラックギラスの襲撃で島民が全滅した「黒潮島」へと向かうことになった。一行の前に現れたのは、かつておおとりゲンという名を持ちながら地球を守っていたウルトラマンレオであった。レオから突然の勝負を持ちかけられたメビウスはこれを受けるが、レオとの圧倒的な力の差を見せ付けられた上、レオ最大の必殺技「レオキック」を受けてまたも敗北を喫してしまう。「リフレクト星人を倒してみろ。そうすれば、地球を託そう」ゲンに厳しい言葉をかけられたメビウスことヒビノ・ミライは、ゲンから借り受けた道着を着て、光線技が効かないリフレクト星人打倒のために、レオキックと同等の威力を出せるキック技を会得するための修行を開始した。それは決して楽なものではなかったが、休憩中にアイハラ・リュウが披露した火起こしの様子に、ヒントを見出した!

◆Trivia


  • 「名前の通りになっている特殊能力を披露する」、「目的もなく地球に来襲する」、「1回戦でウルトラ戦士に勝利するが2回戦で敗退」というシチュエーションはウルトラマンレオ初期の宇宙人のオマージュ。


  • 当初はヒューマノイド型のデザインの予定だった。

  • 予告ではミライとゲンが同時に変身ポーズを取るシーンが映されていたが、本編では使用されなかった。ファンサービスの一種と思われる。

◆Item


写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)
【↑トップへ】

2021年09月20日(月) 20:30:37 Modified by ID:D1pF8azmwA

添付ファイル一覧(全1件)
c9c80751.jpg (13.31KB)
Uploaded by ID:qVGi8DT2/Q 2010年04月26日(月) 20:25:51



スマートフォン版で見る