すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

空の大怪獣ラドン(1956)

『空の大怪獣ラドン(1956)』 タイトルバック

写真「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


空の大怪獸ラドン(1956)


【INDEX】

キャラクター、設定
データ、記録
スタッフ、出演者
タイトル、企画
ストーリー、展開
カタストロフ、破壊
エピローグ、最期
エピソード、反響
S・E、音楽
ウンチク、豆知識
アイテム、商品
メモリー、想い出

◆【キャラクター、設定】



登場する兵器(超兵器)

登場する兵器(通常兵器)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【データ、記録】 


1956(昭和31)年12月26日 上映(同時上映:眠狂四郎無頼控)
英語タイトル:RODAN
配給:東宝
観客動員数:万人

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【スタッフ、出演者】




  • 撮影:芦田勇
  • 美術:北辰雄
  • 録音:宮崎正信
  • 照明:森茂
  • 音楽:伊福部昭

  • 監督助手:福田純
  • 編集:岩下広一
  • 音響効果:三縄一郎
  • 現像:東洋現像所
  • 製作担当者:眞木照夫

特殊技術





出演者










(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【タイトル、企画】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ストーリー、展開】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【カタストロフ、破壊】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【エピローグ、最期】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【エピソード、反響】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【S・E、音楽】



(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウンチク、豆知識】


  • 予告編によると、製作費はゴジラ(1954)より高い。(ゴジラ:1億、ラドン:2億)


  • ラドンが西鉄福岡駅を襲うシーンで、山と川のある町(1957)と蜘蛛巣城(1957)のポスターが映っている。

(★…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【アイテム、商品】


映像
  • 東宝 VHS 空の大怪獣ラドン
  • 東宝 VHS 空の大怪獣ラドン Hi-Fi
  • 東宝 LD 空の大怪獣ラドン
  • 東宝 LD 空の大怪獣ラドン ニューマスター版
  • 東宝 DVD 空の大怪獣ラドン
  • 東宝 DVD 東宝DVDシネマファンクラブ 空の大怪獣ラドン
  • 東宝 DVD 東宝DVD名作セレクション 空の大怪獣ラドン
  • 東宝 DVD 東宝特撮巨大生物箱
  • デアゴスティーニ DVD 東宝特撮映画DVDコレクション9 空の大怪獣ラドン
  • 講談社 DVD ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX VOL.13 空の大怪獣ラドン
  • 東宝 Blu-ray 空の大怪獣ラドン 東宝特撮Blu-rayセレクション

書籍
  • あかしや書房 空の大怪獣ラドン

音楽
写真
参考資料「■■■:▲▲▲▲▲」

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メモリー、想い出】


●この作品はシネスコではなくスタンダード作品だったためか、浅草東宝に出回っていたフィルムの痛みが少なく、かなり程度のいい鮮烈なカラー映像を楽しめました。ただし20年ほど前の話ですが。現在ではDVDで似たような体験をできます。浅草東宝ではスタンダード作品と言っても1/1.33みたいな縦横比ではなく、携帯用3GPPに近い真四角よりの形で上映していましたが、コレがスクリーンいっぱいに使った迫力ものでした。浅草東宝、ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003)以来行っていないですが、ゴジラvsキングギドラ(1991)の時から毎年元旦に必ず行っていたものです。東宝怪獣映画の多くをここで見ました。





(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2018年01月29日(月) 22:43:59 Modified by gokenban




スマートフォン版で見る