すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

新しき土(1937)

写真「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


新しき土(1937)


【INDEX】

キャラクター、設定
データ、記録
スタッフ、出演者
タイトル、企画
ストーリー、展開
カタストロフ、破壊
エピローグ、最期
エピソード、反響
S・E、音楽
ウンチク、豆知識
アイテム、商品
メモリー、想い出

◆【キャラクター】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【データ、記録】 


1937(昭和12)年2月4日 上映
2012(平成24)年4月7日 再上映
英語タイトル:THE DAUGHTER OF THE SAMURAI
配給:東和商事、T&Kテレフィルム(再公開)
観客動員数:万人

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【スタッフ、出演者】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【タイトル、企画】


日本映画において、特撮スタッフ(円谷英二氏)が初めて「特撮スタッフ」の役職を与えられた作品(ただし、当時は「特撮」という言葉が無かったため、「撮影協力」という役職名だった)。日本のJOスタジオとドイツのTERRAとの合作で、アーノルド・ファンク監督版と伊丹万作監督版の2種類が製作された(現在、主に流通しているのはアーノルド・ファンク監督版?)。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ストーリー、展開】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【カタストロフ、破壊】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【エピローグ、最期】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【エピソード、反響】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【S・E、音楽】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウンチク、豆知識】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【アイテム、商品】


DVD


書籍

その他

写真
参考資料「■■■:▲▲▲▲▲」

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【メモリー、想い出】








(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2015年08月23日(日) 18:59:03 Modified by ID:ks2CEdr81Q




スマートフォン版で見る