すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社









【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

UH-60ブラックホーク



写真
陸上自衛隊公式ホームページより

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元の明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


UH-60ブラックホーク   




◆【UH-60ブラックホークデータ】 

 
◇呼称:UH-60ブラックホーク【UH-60 BLACK HAWK】
◇登場作品:ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001)
         ULTRAMAN(2004)
         ウルトラマンマックス(2005) 第5話『出現、怪獣島!』
         日本沈没(2006)
         マリと子犬の物語(2007)
         MM9−MONSTER MAGNITUDE−(2010) 第13話『終わりとはじまり』
         バ怪獣 ゴメラ(2012)
         GODZILLA(2014)
         THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦(2015)
         ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019)
        日本沈没ー希望のひとー(2021) 第5話『国土喪失と復活のとき』
◇通称:ブラックホーク
◇全長:19.76m
◇全幅:16.36m 
◇体重:9,970kg
◇他 共演怪獣:


(…ご自由に編集をどうぞ!)

◆【UH-60ブラックホークプロフィール】 


UH-1イロコイの後継機として開発された多目的ヘリコプター。基本的に兵員・物資輸送が主だが対戦車ミサイルを搭載することも可能。対潜哨戒機SH-60シーホークとしての他、レスキューヘリとしても使われている。
特筆すべきは、UH-60、SH-60も含めベースとなったH-60シリーズの共通の特徴であるが、テールローターを損傷しても飛行継続が可能なことである。さすがにホバリングは不可能となるが、尾翼や機体の空力特性などが工夫されており、一定の運動制限内で前進飛行の継続が可能である。
メインローターやトランスミッションを損傷してもある程度飛行継続が可能なヘリは他にもあるが、テールローターが壊れても飛行継続可能な旨を公称している機種はさすがに珍しい。もちろん他のテールローター式ヘリに比べ生存性は著しく高まっている。


(…ご自由に編集をどうぞ!)

◆【UH-60ブラックホークストーリー】  


 「ガメラ2 レギオン襲来」にてUH-60の対潜ヘリ型であるSH-60が、海上自衛隊所属として登場。札幌に向かうガメラを最初に目視したのは「シーホーク」ことSH-60のパイロットであった。

(…ご自由に編集をどうぞ!)


◆【UH-60ブラックホークウンチク】   



(…ご自由に編集をどうぞ!) 

◆【UH-60ブラックホークアイテム】 


★ ガレージキット情報 ★★★★★★

★ トイ情報 ★★★★★★

写真
参考資料「■■■:▲▲▲▲▲」  

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元の明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


(…ご自由に編集をどうぞ!)

◆【UH-60ブラックホークメモリー】 








(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)
2021年11月15日(月) 03:52:42 Modified by ID:HZ6kH4423g




スマートフォン版で見る