Kiitos Wiki - 二十四の瞳
原作:坪井栄
脚本・監督:木下恵介(1954年)

【キャスト】
高峰秀子
【あらすじ】
 1928年、師範学校を卒業したばかりの大石久子訓導「おなご先生」は、島の岬の分教場に赴任し、
そこに入学した12人(男子5人、女子7人)の児童を担任として受け持つことになる。
それぞれの個性にかがやく二十四の瞳を前に、この瞳をどうしてにごしてよいものか、との感慨を持つ。
若く朗らかな大石先生に子供たちはすぐになつき、信望を集めた。
しかし颯爽と自転車に乗り洋服姿で登校するおなご先生は「ハイカラ」であることを理由に、
保守的な村の大人達から敬遠される。些細な誤解から面罵され、思わず涙する事も。
しかしいつでも子供たちはおなご先生の味方であり、支えであった。
 そんな折、大石先生は年度途中で子供たちの作った落とし穴に落ちてアキレス腱を断裂。
分教場への通勤が不可能になってしまう。大石先生が不在の中、「おなご先生」を一途に
慕う子供たちの姿を目の当たりにした村の大人達の態度も軟化する。
大石先生が子供たちにとってかけがえのない存在であることを理解したのだった。
やがて怪我が完治した大石先生は本校へ転任する事となり、村の皆に見送られ、再会を
約束して分教場を去った。

 1932年、子供たちは5年生になり、本校に通うようになり、新婚の大石先生と再会する。
しかし、世相は大石先生を始め、つつましく暮らす生徒達のそれぞれの暮らしに、
戦争という暗い不幸の影を落とし始める。
 1934年春、戦時教育に憂いを持った大石先生は教え子たちの卒業とともに教職を辞する。
12人の生徒たちはそれぞれの運命を歩む。彼らの行く末を案じ、戦地へ赴く教え子には
「名誉の戦死などするな、必ず生きて帰れ」声を潜めて伝える大石先生だった。
 1946年、船乗りの夫を戦争で、相次いで母親も末娘も亡くした大石先生はふたたび教壇に復帰する。
幼い児童たちの中にはかつての12人の児童たちの近親者もいる。点呼を取るだけで涙ぐんで
しまう大石先生は、その昔「小石先生」とあだ名をつけられたように「泣きミソ先生」と呼ばれることとなる。
教師の道をえらび、母校に勤務しているかつての教え子の呼びかけで、12人(のうち消息のわかるもの)は
大石先生と会合をもつ。 大石先生を囲んだ彼らは、小学1年生のあの日皆で一緒に撮った写真を見る...。