Kiitos Wiki - 1/29 ディア・ドクター

映画『ディア・ドクター』音声ガイド付き上映会

上映案内

日時
平成22年1月29日(金)、14時35分〜
(所用時間:127分)
会場
彩の国さいたま芸術劇場・映像ホール
主催
埼玉映画ネットワーク
料金
60歳以上・障害者1000円
(詳細は埼玉映画ネットワークのホームページをご覧ください)


作品案内

原作・脚本・監督
西川美和
キャスト
笑福亭鶴瓶(しょうふくていつるべい)、瑛太 (えいた)、余貴美子(よきみこ)
井川遥 (いがわはるか)、香川照之(かがわてるゆき) 、八千草薫(やちぐさかおる)
中村勘三郎(なかむらかんざぶろう)、松重豊(まつしげゆたか)、笹野高史(ささのたかし)
あらすじ
山間の小さな村からひとりの医師が失踪した。
医師の伊野(笑福亭鶴瓶)は数年前、村で唯一の医師として着任し
村人たちから絶大な信頼を得ていた。
刑事二人が捜査を開始するが伊野の素性を知るものは誰一人いなかった。
2ヶ月前、東京の医大を卒業した相馬(瑛太)が赴任してくる。
住民の半分は高齢者といった過疎の村で厳しい現実にとまどう相馬だったが
同じ診療所で伊野の働きを目にして次第に仕事に充実感を覚える。
ある日、ひとり住まいの鳥飼かず子(八千草薫)が、病で倒れる。
かず子は自分の体の限界に気付いているようだった。
都会で勤務医として働く末娘の、りつ子が帰省するので
手を煩わせないように何とかして欲しい、と伊野に頼む。
8月下旬、帰省したりつ子は伊野の診療所を訪れ
長すぎる母の病状について胃潰瘍と診断をする伊野を問いただす。
懸命に説明する伊野に自分なりに納得したりつ子は、
頭を下げて母の診療をゆだねる。
ところが伊野は、突然原付バイクに飛び乗り診療所を出ていき
二度と戻らなかった・・・・・・・。
9月下旬、刑事たちは伊野の消息を追っている。
診療所は閉鎖、相馬は新たな赴任先へ去った。
かず子は、りつ子の勤務する病院に入院しているが、
りつ子は母に本当の病名を告げられずにいる。
その頃、伊野はある場所へと向かっていた・・・。