Wiki内検索
メニュー
目次
最近更新したページ
2021-03-01
2020-01-06
2019-12-23
2019-12-15
2019-01-22
2017-12-27
2017-11-25
2016-11-17
2016-05-09
2016-01-26
2015-10-14
2015-03-27
2014-04-03
2014-03-17
2014-03-13
2013-08-26
最新コメント
熱海駅 by 藤井みはる
相生駅 (兵庫県) by 能登川
久里浜駅 by 鉄ちゃん仏
常磐線 by こん
吉祥寺駅 by 一般社団法人「昭和の記憶」谷口
みなとみらい線 by いおも
東海駅 by yuichi_e
東海駅 by のーねーむ
南鹿児島駅 by 夢幻鉄道
カテゴリー
フリーエリア
タグ
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
読者数:10名
このウィキの読者になる

踊場駅

横浜市営地下鉄1号線
中田駅 踊場駅 戸塚駅

横浜市営地下鉄1号線 踊場駅です。

踊場には猫たちが手拭いをかぶって踊っていたという伝説があります。(下記参照)
この伝説にちなんで踊場駅にはいろいろなところに猫のデザインの装飾がされています。

駅舎。屋根のあかりとりが猫耳になっています。


4番出口のひさしの装飾が踊る猫です。


4番出口を降りる階段の踊場の照明の装飾にも踊る猫がいます。


通路の壁。猫の目のデザインになっています。


他にもありますので、訪ねていったら探してみてください。

踊場駅は関東の駅百選に選出されています。
        
              


踊場の猫

戸塚宿内の醤油屋で、トラという猫が飼われていました。
ある日、家の手ぬぐいが一本ずつなくなるのに気づいた主人は、その晩、手ぬぐいに紐をつけ、手に結んで寝ました。
手を引っ張られて目を覚ました主人が見たのは、手ぬぐいをくわえて外に出かけて行くトラの姿でした。
それからしばらくして、踊場付近を通りかかった主人は、猫たちが頭に手ぬぐをかぶり踊っているのを見かけて近づいて覗いていると、踊りながら「今夜は醤油屋のトラがいないぞ」「熱いオジヤで舌をやけどし、来れないそうだ」と話しているのを聞きました。
家に帰った主人は早速おかみさんに確かめるとたしかにおぢやを食べたという。
主人はトラの近くに行き、独り言でも言うように「猫も齢を重ねると化けると云うがお前もそろそろなのか」というと、
トラは「それでは餞別に手拭いをひとつもらってゆきます」というと、その晩からどこかへ行ってしまって帰らなかったという。

この伝説には色々なパターンがあり、猫がただどこかに行ってしまったとか、猫は藤沢の農家の猫だとが、猫が祟るはなし、変わったものだと踊っていたのは猫ではなく首の無い死人というハナシもあります。

踊場駅の脇には猫の供養のためと云われる念仏塔があります。


ライブドア地図踊場駅
2006年05月17日(水) 20:58:09 Modified by ksg_recon

添付ファイル一覧(全5件)
7e5744301ecb7f7e.jpg (51.41KB)
Uploaded by ksg_recon 2006年05月17日(水) 20:55:11
28442417bf2d6ab6.jpg (52.92KB)
Uploaded by ksg_recon 2006年05月17日(水) 20:54:43
1f4880a23f779f83.jpg (57.39KB)
Uploaded by ksg_recon 2006年05月17日(水) 20:54:17
5be0c3dd64f686db.jpg (98.83KB)
Uploaded by ksg_recon 2006年05月17日(水) 20:53:40
313a9213.jpg (74.47KB)
Uploaded by ksg_recon 2006年05月17日(水) 20:52:36



スマートフォン版で見る