ウィキペディア Wikipedia は、第一位のインターネット百科事典と世間から認知されていますが……。                                                                          ウィキペディアに掲載できない原稿や、真面目な批判的見地からの記事、そのためのウィキペおたく百科事典です。

概要

荒らしを行っている利用者を初めてして、ソックパペットが疑わしい利用者が、特定の内容のウィキペディアへの書き込みを、友人などに以来した場合、この行為は、ミートパペット行為とされる。そのアカウントをミートパペットとして、投稿ブロックできるという意見も、ウィキペディアのコミュニティーで強く存在する。
その一方で、ウィキペディアおたくどとうとしやが開いているウィキペおたく百科事典が、ウィキペディアの管理者によって、ミートパペット行為とされることは、理論上はありえることとなる(だが現状の書き込みの好く七差を鑑みるに、そのような可能性は限りなく低い)。ミートパペットという概念により、ウィキペディア「脳死」での「脳死と判定された人の意識回復例」復活などのまじめな執筆活動が投稿ブロックされ、ウィキペディア活動が萎縮する懸念も存在する。

実際ウィキペディア管理者側、性格にはチェックユーザー係側から見れば、ミートパペットの確実な特定は非常に困難である。まず投稿者のIPおよび接続環境をチェックする行為はデリケートなものであり、相応の必然性がなくてはならない。気軽に覗いたりしようものなら、他のチェックユーザー係に不備を指摘されることになる。実際に一つ屋根の下に暮らしていた二人のチェックユーザーが、不適切なチェックユーザー作業を行っていたとの嫌疑を持たれ、二人揃って辞任したと言う事件もある。

であるが、例えば2ちゃんねるのあるスレでウィキペディアを荒そうぜ!などと言うスレがありそこが当日活況を呈していれば、状況証拠で十分と言えるだろう。

ウィキペディアでの考え方

Wikipedia:多重アカウント/英語版20061130版より一部抜粋

多重アカウントと関連する問題として、特定の投票や議論に加わったり、流れを変えたりするために、複数の人物が新しいアカウントを作るということがあります。このようなことは、削除依頼や議論の起きている記事でよく起こります。これらの新しく作られたアカウントや、匿名の編集は、他の編集者の友達であったり、議論となっている記事の主題に何らかの形で利害関係にあったり、あるいは議論における特定の立場を擁護するために誘われた人であったりするかもしれません。ウィキペディアでは、こういうアカウントを単一目的のためのアカウントと呼んでいます。これは、ウィキペディアに熱心に関わっているウィキペディアンは、通常はある程度話題の異なるさまざまな記事に関わり、記事、そして百科事典全体のバランスの取れた発展を目標としているのに対して、単一目的のためのアカウントは、たった一つの計画のためにウィキペディアにやってくるからです。

こういったアカウントは、よく「ミートパペット」と呼ばれています。これは恐らく同名のバンドに着想を得た名前でしょう。これらのアカウントは、しばしば本当のソックパペットと見分けがつきにくく、ソックパペットと同じように扱われます。ソックパペットも、単一目的のためのアカウント利用者も、ウィキペディアのコミュニティの一員とは認められていません。英語版Arbitration Committeeでは、en:Wikipedia:Requests_for_arbitration/Regarding_Ted_Kennedy#Sockpuppetsの事案で、論争の解決のためには、複数アカウントのグループが、一人の人物による多重アカウントであるか、ミートパペットを演じている複数の人物であるかがはっきりしない場合には、これらをすべて一人の人物として扱うという判断を示しています。

ミートパペットの宣伝・勧誘
論争の一方に加勢してもらおうと一定の視点や偏見を持った利用者を呼び集めるために、あるウィキペディアの記事に議論が起こっていることを宣伝することは、きわめて不適切、あるいは認められないと考えられています。また、加勢のために友達や家族に新規アカウントの作成を頼むことも、同様にきわめて不適切であると考えられています。ミートパペット行為を宣伝したり、勧誘することは、ウィキペディアでは認められません。可能であれば、On-Wikipedia canvassing(過剰に他の利用者の意見を勧誘して回ること)は差し戻されるべきです。

ウィキペディアへの参加経験がほとんどなく、はじめから特定の視点を持ってやってくる複数の新規参加者は、たとえどんな意図でそれがなされたにしろ、めったにウィキペディアの中立的な観点維持に役立つことはなく、むしろたいていは中立を積極的に崩してしまいます。ウィキペディアは事実と意見を混ぜる場ではなく、個人的な弁護の場でも、感情的な議論の場でもありません。議論になりやすい記事をよりよくするためには、他の記事以上に方針をよく読み、従わなくてはなりません。

もし、あなたの意見が議論で無視されていると感じるのならば、行うべき行動は、ウィキペディアの外に助けを求めることではありません。そうではなく、個人攻撃を避け、他のウィキペディアンにコメントや議論への参加を依頼し、論争の解決の手続きを踏みましょう。ここで示されている解決の手段は、経験的に導き出されてきたものであり、一方的見解を別の一方的見解で置き換えるという問題を避けるために設計されています。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

メニューバーA

必要であれば何か書いてください。

どなたでも編集できます