ウィキペディア Wikipedia は、第一位のインターネット百科事典と世間から認知されていますが……。                                                                          ウィキペディアに掲載できない原稿や、真面目な批判的見地からの記事、そのためのウィキペおたく百科事典です。

2008年7月に宇和島市立城南中学校の教師が、学年集会に参加していた2年生全員の頭を、殴った事件

事件の経過

2008年7月3日、愛媛県宇和島市立城南中学校の男性教諭(41)が、午前11時40分からの学年集会に遅刻したという理由で、2年生の男女83人全員の頭をげんこつで殴った。2年生全員は、担任教師の引率のもと、学年集会に参加したのであって、学年副主任である音楽担当の男性教師が、勝手な勘違いにより、「遅刻したのは許せない」として、2年生全員の頭を拳でなぐりつけた。生徒7人の頭にこぶができた。周囲にいた他の四人の教師は、制止できなかった。7月10日夜の保護者説明会で、「行き過ぎた指導だった」と暴行した教師は、謝罪する。7月11日に、読売新聞を始め、全国で報道される。暴行した教師については、実名が公表されず、処分も不明である。

この事件に関しての Yahoo!ニュースの意識調査

「遅刻した83人の生徒を正座させてゲンコツしたとして中学校の教師が保護者らに謝罪。7人の頭にコブができたということですが、教師の行動は問題があると思う?」というYahoo!ニュースの意識調査で、「とても問題がある」が 5%、「少し問題がある」が 11%、「ほとんど問題がない」が 31%、「まったく問題がない」が 55%、という結果が出た。
教師の勘違いについて、指摘するコメントはあったが、教師の暴力については寛容であるという、日本の大衆の意識が浮き彫りになった。
学校教育法第11条には、「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、学生、生徒及び児童に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。」とあるが、Yahoo! の世論では、「教師は遅刻という理由で生徒をぶん殴ることが正当である」ということが過半数の支持を得ていることになる。
また、この Yahoo!ニュースの意識調査では、教師の勘違いについては言及しておらず、殴られた城南中学校の2年生に対して、かなり失礼な態度をとっているとの指摘もある。

問題点

宇和島市立城南中学校のホームページがあったが、謝罪はおろか事実説明もされていなかった。また、宇和島市教育委員会でも、事実説明がされていない。かつ、殴打した教師の実名が公表されていない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニューバーA

必要であれば何か書いてください。

どなたでも編集できます