ウィキペディア Wikipedia は、第一位のインターネット百科事典と世間から認知されていますが……。                                                                          ウィキペディアに掲載できない原稿や、真面目な批判的見地からの記事、そのためのウィキペおたく百科事典です。

釜ヶ崎(かまがさき)は大阪市西成区北部の旧地名である。



地理

旧西成郡今宮村釜ヶ崎は現在の萩之茶屋1丁目と2丁目の一部であるが、周辺の花園北、太子、山王、天下茶屋北も含めて釜ヶ崎と呼ぶことが多い。西成区全体を釜ヶ崎と思っている人がいるが釜ヶ崎は西成区北部の一地域である。

歴史

旧西成郡今宮村釜ヶ崎が原点である。行政区画の変更に伴い釜ヶ崎という地名は消滅したが、地元では地域を指す言葉として「釜ヶ崎」もしくは「釜」という通称を使う人が多い。日本最大の日雇い労働者の街・ドヤ街として知られた釜ヶ崎は公共事業の縮小や大規模な工事の減少などで仕事につけない人が増えホームレスとなる者も増えたが、近年は地下鉄・JR・私鉄が通る交通至便な地理的条件と低価格で宿泊できる日雇い労働者向けの簡易宿所(ドヤ)が海外のバックパッカーに人気である。

住民登録問題

2006年12月6日
失跡中の福岡県警の元警察官がインターネットを通じて入手した西成区の無職男性名義の住民票などを示し、男性になりすまして転居届を京都市に提出していたことが発覚した。逮捕された男の前住所を調べる中で釜ヶ崎解放会館の住所に約3300人もの住民登録がなされていることがわかった。

2006年12月20日
釜ヶ崎支援機構に129人、ふるさとの家に27人が架空登録していたことが新たに判明した。

2006年12月27日
釜ヶ崎支援機構とふるさとの家は大阪市に慎重な対処を求める要望書を提出した。

2007年1月23日
大阪市は居住実態のない住民登録を職権で削除することを正式に決めた。

2007年1月24日
大阪市は釜ヶ崎解放会館に立ち入り調査しようとしたが労働者らの抗議で阻止された。

2007年2月15日
労働者と支援者ら約40人が今春の統一地方選での選挙権がなくなるなどとして住民登録の削除に反対する約600人分の署名を提出しようと大阪市役所を訪れたが、1階市民ロビーで市長室へ行くのを阻もうとする市側の警備職員との間でもみあいになり一時騒然とした。
同日、釜ヶ崎合同労働組合などが、住民基本台帳の担当官庁である総務省と、白手帳(日雇い雇用保険手帳)や生活保護の担当官庁である厚生労働省に出向き、この件について問いただした。総務省側は、「住民票を削除するかどうかは、市町村が決めること。大阪市の住民登録抹消のことは、報道を通じて初めて知った。大阪市からは、何の相談も受けてない」と回答した。一方、厚生労働省側は、「住民登録抹消について大阪労働局(国の機関)と大阪市が何回か会合を持った」と回答した。

2007年2月23日
大阪市は住民登録を現在も継続している2648人に対し、住民登録を抹消することを通知する「住民票消除予告書」を発送した。市から登録者に対する最後の通知となり、3月2日までに連絡がない場合、同日以降に住民登録を抹消することになるという。

2007年2月26日
デモ行進を行った労働者や支援者らは大阪市役所前での抗議の座り込みを夕方まで続けた。居住実態のある場所を届け出ない場合、3月2日にも登録を抹消する方針の市に対し、2日まで市役所前で抗議を続ける予定だ。

2007年3月9日
大阪市は労働者側と協議を開いた。今月中の登録抹消方針を繰り返す市側に対し、労働者側は「従来認めていた登録や選挙権をなくすな」などと反発、話し合いは平行線に終わった。

2007年3月16日
關淳一市長が定例記者会見で住民登録削除については24日以降に対応を決めることを明らかにした。

2007年3月23日
大阪市が設定した3週間の登録抹消延期期間が終了した23日、この間に正規の住所地に住民票を異動させたのは約200人だけでなお約2200人が施設に住民登録していることがわかった。

2007年3月26日
大阪市選挙管理委員会は関淳一大阪市長あてに早急に住民登録の適正化を図るよう求める依頼書を提出した。
大阪市が登録を抹消するのは違法として、労働者の男性(57)が抹消の差し止めを求める訴えを大阪地裁に起こした。判決が確定するまで抹消を差し止める仮処分も併せて申し立てた。

2007年3月29日
大阪市は住民基本台帳法に基づき登録の抹消手続きを行った。この結果、2088人が選挙権などの公民権を剥奪された。

2007年4月8日
2088人の住民票が抹消された問題で大阪市議、大阪府議両選挙で投票所を訪れた44人のうち9人の投票が認められた。投票所の特設ブースで選挙区内での居住実態が確認され住民票を回復(再登録)したのが理由。残る35人については「路上や公園に住んでおり確認できない」などとして投票できなかった。

2007年4月23日
大阪市は、区役所で窓口業務を担当した職員が居住実態がないことを知りながら登録を認めたケースが多かったとして、現職を含む歴代の区長4人を戒告処分とした。

2007年5月21日
居住実態がないとして住民票を削除され、4月の大阪市議選で投票できなかった日雇い労働者の男性(60)が、「経済的事情で一定の住居に住めないことを理由に選挙権を侵害したのは、憲法違反だ」として、市と大阪府、国の三者に慰謝料5千円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を大阪地裁に起こした。

2007年7月25日
大阪市選挙管理委員会は29日の参院選での投票は可能とする見解を示した。

2007年7月26日
居住実態がないと判断された日雇い労働者ら計2016人の住民登録が削除された釜ヶ崎解放会館に、参院選の選挙はがき120通が届いていたことが分かった。西成区が3月に削除した際、住所欄に釜ヶ崎解放会館の名前を書かず、地番のみしかなかった住民票を除外したのが原因とみられる。市は相当数の削除漏れが含まれている可能性があるとみて、調査を始める。

2007年9月14日
大阪市は新たに120人分の登録を居住実態がないとして住民基本台帳法に基づき抹消したと発表した。120人の登録番地は、3月に約2000人分の登録が抹消された釜ヶ崎解放会館と同じだが、住所に建物名が入っていなかった。市は「全員の居住実態を確認する時間がない」として放置していたという。7月に120人分の参院選の投票案内はがきが解放会館に届き、発覚。市は3月に抹消漏れを把握しながら8月7日から調査に乗り出した。

2007年10月30日
大阪市西成区のあいりん地区に居住実態のない人が大量に住民登録していた問題で、大阪市は30日、調査の結果、同地区内で新たに777人の登録を抹消したと発表した。市は市内全域でも調査を進めており、3月下旬からこれまでに計約3290人の住民登録を抹消したことになる。西成区役所が同一住所・同一建物で10人以上が住民登録している同地区内の簡易宿泊所など151施設を抽出。1部屋に数人が登録されているなど不自然な点があった117施設に職員が出向き、4591人分の居住実態を聞き取った。調査期間は8月2日から10月16日まで。住民登録されていた人のうち、817人は実際に居住、66人は死亡、413人は調査日までに住所変更を届け出ていた。西成区役所は「年1回、この時期に調査し、改善に努めたい。いったん抹消された人も、市内居住が証明できれば登録を回復する」と話している。

2007年11月18日
大阪市長選の西成区投票所に、住民登録を抹消された日雇い労働者や支援者ら十数人が詰め掛け「投票させろ」「住民票はなくても投票権はあるはずだ」と抗議した。

学校

保育園

わかくさ保育園 萩之茶屋2丁目9-2

小学校

萩之茶屋小学校 萩之茶屋1丁目11-15
弘治小学校 花園北2丁目16-26

中学校

今宮中学校 花園北1丁目8-32

大学

米国UNION神学大学日本連絡所 萩之茶屋3丁目4-23

主な施設

西成警察署
西成区萩之茶屋2丁目4番2号

西成消防署海道出張所
西成区萩之茶屋3-1-12

西成労働福祉センター
西成区萩之茶屋1丁目3-44

あいりん労働公共職業安定所
西成区萩之茶屋1丁目3-44

大阪社会医療センター付属病院
西成区萩之茶屋1丁目3-44

西成市民館
西成区萩之茶屋2丁目9-1

太子会館・老人-憩の家
西成区太子1丁目8-6

愛隣会館
西成区太子1丁目15-17

主な団体

釜ヶ崎支援機構 萩之茶屋1-5-4
こどもの里 西成区萩之茶屋2-3-4
社会福祉法人釜ヶ崎ストロームの家のぞみ作業所 萩之茶屋2丁目11-15
釜ヶ崎地域合同労組 萩之茶屋2丁目5-23 稲垣浩委員長
21世紀イエスキリスト釜ヶ崎福音教会 萩之茶屋3丁目6-6-303
釜ヶ崎炊き出しの会 萩之茶屋2-5-13 稲垣浩代表
釜ヶ崎勝ちとる会 天下茶屋北2丁目6-14-101
釜ヶ崎のまち再生フォーラム 太子2-2-16
釜ヶ崎講座

文献

杉原薫・玉井金五、1986『大正大阪スラム -もうひとつの日本近代史』新評論
いながきひろし、1989『釜ヶ崎炊き出しのうた』海風社
釜ヶ崎資料センター、1993『釜ヶ崎:歴史と現在』三一書房
斉藤俊輔、1996『釜ヶ崎風土記』葉文館出版
南和子・亀岡照子、1998『釜ヶ崎の保健婦』清風堂書店出版部
定点観測「釜ヶ崎」刊行会、1999『定点観測釜ヶ崎:定点撮影が明らかにする街の変貌』葉文館出版
木佐貫亜城、2000『実録シャブ屋』ぴいぷる社
高幣真公、2001『釜ヶ崎赤軍兵士 若宮正則物語』彩流社
本田哲郎、2006『釜ヶ崎と福音』岩波書店
ありむら潜、2007『最下流 ホームレス村から日本を見れば』東信堂
武田麟太郎 釜ヶ崎
木賃宿街「釜ヶ崎」の成立とその背景
寄せ場のストリートライフ
GISを用いたホームレス居住圏の分析と都市政策
「動物」から見える釜ヶ崎
1950−60年代の港湾運送業における寄せ場・釜ヶ崎の機能
地図・メディアに描かれた釜ヶ崎―大阪西成区釜ヶ崎の批判的歴史地誌―
現代大都市のホームレス問題とインナーシティにおけるまちづくり―寄せ場,同和地区,在日外国人集住地区を例にして―
スラムの形成とクリアランスからみた大阪市の戦前・戦後
野宿生活者は隠蔽されていたホームレス状況を都市空間で解放した?
野宿生活者支援施策―サービスの現状とその評価―
西成差別の実態とインナーシティにおけるまちづくり―大阪市西成区を事例として―
大阪市内の自立支援センター入所者・退所者の傾向,特徴分析
「西成区のいいところ、すきなところ」平成17年1月22日 区民フォーラム抽選会回答集計
釜ヶ崎資料の歴史的意義とアーカイブとしての可能性
釜ヶ崎資料の歴史的意義とアーカイブとしての可能性
寄せ場衰退期における<運動型キリスト教>の活動 ―釜ヶ崎キリスト教協友会を事例に―
釜ヶ崎

行事

  • 釜ヶ崎メーデー
4月30日前夜祭
5月1日釜ヶ崎メーデー
  • 釜ヶ崎夏祭り 場所 三角公園(萩之茶屋南公園)
8月12日前夜祭
8月13日〜15日釜ヶ崎夏祭り
  • たそがれコンサート 場所 三角公園 (2007年は9月4日に実施された)
  • げんきまつり 場所 三角公園
  • 寄ってきまつり 場所 三角公園 (2007年は10月6日に実施された)
  • 演芸会の夕べ 場所 三角公園 (2007年は10月12日に実施された)
  • 市民館まつり 場所 西成市民館(2007年は12月6日から8日まで実施された)
  • 釜ヶ崎越冬闘争 場所 三角公園(12月28日から1月6日)

越冬まつりSHINGO☆西成ライブ

釜ヶ崎用語

あおかん 野宿
あんこ 日雇労働者。語源は普段は眠っているが目の前に美味しいエサが現れるとパクッと食らいつく魚のアンコウを表していると言われている。おっちゃん達もゴロゴロしていてたまに仕事にパクッと行くから。
かまきょう 暴力手配師追放釜ヶ崎共闘会議。今は消滅して存在しない。
けいやく 10日とか20日というように一定の期間を区切って飯場に入り働く。
けたおち ひどい。(日当が)安い。
げんきん 現金日払いの仕事。
しけはり ヤクザの賭場の見張り役。警察の手入れやらヤバい人間が歩いてくると「しけーしけー」と仲間に注意をうながし安全ならば「てんてん」である。
しのぎや 路上強盗
とんこ 工事現場や飯場などから逃げること。

その他

映画『あたりや大将』の舞台になった、かつて当たり屋銀座と言われていた場所は、この近く南霞町から今池の間あたりにあった。あいりん地区としての整備のために太子町、山王町から町名が剥奪され、太子、山王にそれぞれ変わった。(昭和41年〜昭和48年)
がめつい奴(1960年公開の映画)
極道釜ヶ崎に帰る(1970年公開の映画)
釜ヶ崎極道(1973年公開の映画)
じゃりン子チエ(萩之茶屋が舞台の漫画)
釜ヶ崎人情 作詞:もず唱平 / 作曲:三山敏 昭和42年、三音英次が歌いヒットさせた日雇い労働者の唄。
薬物乱用の実態『警察の取締り
読売新聞、2004『まん延する薬物密売
TBS報道特集、2005『密着!簡易宿泊街の病院24時
読売新聞、2005『覚せい剤宅配“ネット薬局”
ニューススクランブル、2005『意外!?外国人旅行者に人気の街
ニューススクランブル、2006『覚せい剤密売現場に潜入
ニューススクランブル、2007『日本にもホームレスがいるの?ケニア人学生が見た西成の街
フルーク・風楽創作事務所、2006『未来世紀ニシナリ 』フルーク
憤懣本舗、2007『工事現場から消える“メイド・イン・ジャパン”

外部リンク

このページへのコメント

記事、ありがとうございます。
釜ヶ崎関係の記事、項目内容の充実考えています。
これからも、よろしくお願い申し上げます。

0
Posted by どとうとしや 2008年11月23日(日) 09:20:01
http://blogs.yahoo.co.jp/sirou64
返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニューバーA

必要であれば何か書いてください。

どなたでも編集できます