ウィキペディア Wikipedia は、第一位のインターネット百科事典と世間から認知されていますが……。                                                                          ウィキペディアに掲載できない原稿や、真面目な批判的見地からの記事、そのためのウィキペおたく百科事典です。


結婚をしている夫婦において、妻が夫以外の男と性交していた場合、妻および性交の相手の男を殺す行為

日本における女敵討

法律において

日本では、江戸時代以前から1907年の刑法制定まで、条件により女敵討が合法となっていた。

旧刑法(1880年制定)第311条 
本夫其妻ノ姦通ヲ覺知シ姦所ニ於テ直チニ姦夫又ハ姦婦ヲ殺傷シタル者ハ其罪ヲ宥恕ス但本夫先ニ姦通ヲ縱容シタル者ハ此限ニ在ラス

御定書百箇条  
密通いたし候 妻死罪 密通の男死罪 密通の男女共に 夫が殺し候はばお構いなし

女敵討に対する意見

松平信綱は、女敵討に批判的だったと伝えられ、「この者は女敵討をする人でない」と、紹介している。

実際にあった女敵討

1706年に、鳥取藩士が女敵討をした。
1764年に、因州鳥取藩士の安田軍平が、妻と相手の小者に対して女敵討を行った。

女敵討を題材にした小説

・鑓の権三重帷子 近松門左衛門作
・堀川波鼓 近松門左衛門作

現在の日本

女敵討はあっても、合法化はされず、情状酌量の問題となる。

フランスにおける女敵討

フランスにおいても、1974年まで、条件によりフランス刑法第262条により女敵討が条文上公認されていた。

アラブ諸国における女敵討

アラブ諸国で、姦通に対して女敵討が公認か黙認されている場合が少なくない。「名誉の殺人」と呼ばれている。
スイスのローザンヌに本部のあるシュルジール Surgir がこの問題に取り組んでいる。

ウィキペディア「敵討」より

ウィキペディア「敵討」より転載

女敵討

妻が姦通した際に姦通相手と妻を殺害することを女敵討(めがたきうち)という。姦通が表沙汰になった際の女敵討は武士にとっては義務であったが、たとえ達成しても名誉にはならないため、表沙汰にせずに内々で示談にするケースもあった。しかしながら、江戸町奉行所の「公儀御帳」によれば、通常の仇討ちが元禄年間(1688 - 1703年)を過ぎると減少するのに対して、女敵討は宝永年間(1704 - 1710年)以降に増加している。とくに、享保年間(1716 - 1735年)では届け出のあった仇討ちの半数は女仇討である。なお、庶民の場合でも、このようなケースでは殺人罪にはならない

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニューバーA

必要であれば何か書いてください。

どなたでも編集できます