ウィキペディア Wikipedia は、第一位のインターネット百科事典と世間から認知されていますが……。                                                                          ウィキペディアに掲載できない原稿や、真面目な批判的見地からの記事、そのためのウィキペおたく百科事典です。

概要

脳死移植も、全世界で広く行なわれ、また日本でも1999年以来、徐々に合法的な医療行為として定着してきた。しかし、「脳死」といえでも、「脳が完全に死んだ」といえる状態でなく、「脳死と判定された人の意識回復例」が報告されるなど、問題点は解決されていない。
脳死移植禁止もしくは脳死移植凍結は困難であり不可能に近いという認識のもと、「見殺し」を自覚しながら、そこそこ生活を送っている人がいれば、それは「脳死移植『見殺し』派」といえよう。

主張

脳死移植反対派と同様に、脳死移植に反対の立場であるが、脳死移植禁止および凍結は困難である。
しかし、良心の元、脳死の本当の事実などを、一般大衆に知っていただけるよう、無理せず、そこそこ入力活動を行なう。
また、脳死移植反対派が、「脳死移植『見殺し』派」化するのを、自覚して見守る。できれば、脳死移植反対派の良心的な人たちが、「脳死移植『見殺し』派」でなく、真面目に脳死移植に反対する立場を貫くことを、希望する。

脳死移植「見殺し」派の人物

どとうとしや

解説
今のところ、「脳死移植『見殺し』派」と自認しているのはどとうとしやだけであるが、脳死移植反対派の多数も、活動の低迷より、脳死移植「見殺し」派と区別がつけられないこととなっている。「最善」や「全力」を尽くしているとはいえないし、もうそういう段階でない。

関連項目

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニューバーA

必要であれば何か書いてください。

どなたでも編集できます