ウィキペディア Wikipedia は、第一位のインターネット百科事典と世間から認知されていますが……。                                                                          ウィキペディアに掲載できない原稿や、真面目な批判的見地からの記事、そのためのウィキペおたく百科事典です。

熊本県の米野岳中学校で丸刈り指導を拒否した男子生徒が、熊本県中学校体育連盟の卓球大会への出場を拒否された事件
なお、「米野岳」は「めのだけ」と読む。

概要

熊本県北部の鹿央町(2005年に山鹿市と合併)の米野岳中学校3年の卓球部主将の男子生徒が、校則の丸刈りを拒否して、学校側から5、6月の地元の卓球大会出場を辞退させられていたことが分かった。
生徒は2年生の秋から卓球部の主将になる。熊本市内であった熊本県教職員組合の教研集会に、米野岳中学校の教師とともに中学生として参加して、丸刈りの強制は人権侵害と知った。「自分で自分の人権を侵害することはない」と髪を伸ばし始めたという。
生徒は5月中旬の地元の卓球大会に参加費を払いエントリーしたが、部の担当教諭が勝手に棄権を申請、出場できなかった。6月8日の試合は団体、個人戦ともメンバーからはずされた。
この試合前、担当教諭から髪を切ったら出場を認めると言われており、試合翌日、約半年ぶりに丸刈りにした。生徒は「7月の中学最後の試合にどうしても出たかった」と話している。
米野岳中学校の校則の生徒心得で「男子は丸刈りとし、その他中学生としてふさわしくない髪型は禁止」と規定している。生徒は3年になって学級委員長に選ばれ、丸刈り強制問題を生徒議会の話題に上げたが、その翌日、学級担任らに呼び出され「委員長の立場を利用し、個人的な意見を議会で出すな」などと注意された。
米野岳中学校の都田康弘校長は「丸刈りにしなければならない合理的な理由はないかもしれないが、ルールなら守るのは当然。校則を変えたければ丸刈りに戻したうえで正当な手続きを取るべきだ」と言う。しかし、生徒議会への発議が止められた件については「一部の子供の意見に過ぎず、生徒全体では問題になっていない」と話している。
以上 毎日新聞2002年6月20日、記事から再構成。

熊本県中学校体育連盟が、「服装、まゆ、髪形、ピアスなどのルール違反者は出場を認めない」という文書を県内の中学校に出していたことが分かった。文書は県中体連の理事会や評議委員会で申し合わせた。各郡市中体連や競技部会を通じて5月下旬から6月初めまでに各校へ通知。茶髪にしたりまゆ毛をそったりする行為などは学校生活上のルール違反として、大会当日までに、生徒に対し各学校側が出場を認めるかどうかを判断するという。文書は事前指導の徹底を求めている。
「服装、まゆ、髪型、ピアスなどのルール違反者は出場を認めない」という文書を県内の中学校に出していたことが分かった。熊本県中学校体育連盟会長でもある玉東中学校の松本英隆校長は、「大会は教育活動の一環であり、校則の順守を条件とするのは、選手を平等に扱うことにもなる」としていた。
以上、熊本日日新聞2002年6月24日、記事から再構成

その後の反響

毎日新聞などで、全国に報道され、熊本県の丸刈り指導の残っている事実が、日本全国で公になった。
米野岳中学校に卒業生が乱入し、報道された新聞を片手に、米野岳中学校の都田康弘校長に殴りかかるという暴力事件も、発生した。
2002年6月22日に、田上泰寛県議により丸刈り校則に関する質問として、熊本県議会でも取り上げれ、田中力男教育長が「集団生活の場として一定のルールが必要。しかし、丸刈りを定めた校則は時代の進展の中で、教育的効果の有無を判断しながら見直しを含め検討していく時期にきている」と答弁した。
その後、熊本県内での丸刈り校則改正の動きが活発となり、2002年に百校以上あった丸刈り指導校が、2003年には五十校以下にへった。2006年には、熊本全県での丸刈り校則撤廃が実現する
なお、米野岳中学校も、その翌年の2003年4月に、丸刈り校則が廃止される。

このページへのコメント

内容の大半が間違っています。大会に出れなかったのは事実ですが校則の改定、署名活動、人権集会への参加等の活動は私達生徒会がしておりましたし逆に彼の身勝手な行動により丸刈り廃止が遅れてしまったんですよ。確か当時の生徒会長の公約が丸刈り廃止

6
Posted by 当時の生徒会 2016年02月16日(火) 00:14:07 返信

米野中に通ってるけど、こんなことあったなんて知らなかったw

0
Posted by 匿名 2015年10月24日(土) 17:14:03 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニューバーA

必要であれば何か書いてください。

どなたでも編集できます