ウィキペディア Wikipedia は、第一位のインターネット百科事典と世間から認知されていますが……。                                                                          ウィキペディアに掲載できない原稿や、真面目な批判的見地からの記事、そのためのウィキペおたく百科事典です。


大便を制御できないこと。

お断り

医師免許がない人間の入力である。
あくまでも、自己責任の原則で、お願いします。

概要

俗に「糞をもらす」ということである。
健康な人も含め、たとえ今は関係ないにせよ、誰にでもありうることであろう。
20歳から65歳までの成人の4%が月一回以上の便失禁を患っているとの、調査結果がある。

症状

腹圧性便失禁、切迫性便失禁、溢流性便失禁、機能性便失禁がある。

腹圧性便失禁

腹圧が急激にかかった時にもれる。加齢で肛門括約筋が衰えていたり、事故や出産などによって損傷したりするために生ずる。主に女性に多くみられる。
加齢による肛門括約筋の機能低下が、主な原因とされている。

切迫性便失禁

急に便意がおき、我慢できずにもれる。トイレにたどり着く前に、下着を汚しているということである。
食中毒の疑いも出てくる。

溢流性便失禁

便がたくさんつまっているために溢(あふ)れだすタイプ。
便秘を伴っている事が多い。また、神経に問題がある場合も考えられる。

機能性便失禁

トイレの位置が分からず、もれる。
認知症が疑われる。

予防

まずは、適度の食物繊維の摂取である。便を硬くしておくことが必要であろう。
アルコール分の過度の摂取を控えること。
疑わしい場合は、下痢止めを服用するのが望ましい。
当然、排便できるタイミングで、排便しておくことが大切である。

対策

便失禁がおきそうな場合は、オムツをはくことであろう。また、下着も、何枚もはくことも、一つの方法であろう。また車の運転を差し控えることである。外出を控え、欠勤することも視野にいれること。
自分がよく座る椅子、寝るベッドに、たとえ水物をこぼしても良いように、ビニールを敷くことも、念のための裏ワザである。
また、ベンチや椅子で、便失禁を起こした人がいることを想定し、衛生上、食べ物などを、椅子やベンチに置かない。
病状がひどい場合は、病院の肛門科にいくのが良い。

外部リンク

インターネットサイト
山崎外科内科 便失禁について

Google
Google 検索「便失禁」

ウィキペディア
ウィキペディア「便失禁」 − ウィキペディア「失禁」に、リダイレクト
ウィキペディア「失禁」 − 便失禁の説明が乏しい

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニューバーA

必要であれば何か書いてください。

どなたでも編集できます