二次元ドリームノベルズ、二次元ドリーム文庫、美少女文庫、ほか。

肉体を強化した特務捜査班の“ドール”黒崎京子は、反政府組織との戦いの最中、相棒のジャンが失踪したことを知る。京子は極薄の己の肉体を武器に、ジャンを追って秘密任務に身を投じることに。強化された肉体を弄ぶテロリストの陵辱。そして己の過去と対峙させられる洗脳調教…。妖艶なボデイスーツに身を包む女特務捜査官は、誇りを奪われ貪欲な奴隷へと作りかえられていく。(公式ページより)
  • 二次元ドリームノベルズ321
  • 小説:空蝉
  • 挿絵:ぼっしぃ
  • 新書サイズ、250 p
  • 発行:キルタイムコミュニケーション
  • ISBN: 978-4-7992-0046-9
  • 発売日: 2011/03/29
  • 935円(税込み)
  • 二次元ドリームマガジン Vol.53〜56に連載
  • 書き下ろし
    • Mission4
      • 洗脳されて複数の恋人に奉仕をするシーン

属性
  • キャラクター
    • 黒崎京子
      • 捜査官
    • ジャン
      • 男捜査官・京子の恋人
エンド
ネタバレ注意。反転文字です。
バッドエンド/
京子は記憶を操作され人形同然となる。
京子のマスターとなった研究者は、他国に強化義体技術を売り渡そうとしていた。
しかし、実はジャンの眼は機械化された義眼であり、目の前の証拠映像を特務機関に送信していた。
それを告げられた研究者たちはジャンに銃撃を浴びせ、京子を置いて逃走する。
血だるまとなったジャンは、人形となった京子と共に自爆する。

まとめ
  • 挿絵:モノクロ14p、中表紙1p、巻頭カラー2p

    • Mission1 夜の住人
      • 50p/挿絵:2p
      • 情報屋に足コキと素股をする。
    • Mission2 幸福
      • 52p/挿絵:3p
      • 敵の義体の男にドリルを挿入される。
        ジャンと和姦。
    • Mission3 真実の散華
      • 54p/挿絵:3p
      • ジャンとアナルセックス。
    • Mission4 白に、染まる
      • 38p/挿絵:2p(書き下ろし)
      • 記憶を消去され、新たな人格を与えられた京子。
        研究員たちを恋人と思い込まされ奉仕をする。
        目隠しをされてフェラチオをし、その後輪姦される。
    • Mission Final 宴の夜、すべては終わりを告げた
      • 51p/挿絵:4p(内1枚書き下ろし)
      • 洗脳されて研究者に奉仕する。

  • ゲドマガ連載時(ネタバレ有り)
    • Mission1 夜の住人
      • 小説:12p
      • 挿絵:3p
      • 黒崎京子は強化義体化手術を受けた特務機関員であり、手術の際に以前の記憶を失っている。
        任務遂行中に行方をくらませた相棒で恋人のジャンの情報を得るため、情報屋に身体を売る。
        ボディースーツ姿で素足コキと素股。
    • Mission2 幸福
      • 小説:12p
      • 挿絵:3p
      • 敵組織にジャンを人質に取られ、義体の男に陵辱される。
        始めは冷静であった京子だが、ダメージを受けた義体は「痛みの抑制」のために脳内麻薬を分泌し、悶え狂わされてしまう。
        ドリルに変形した男の右手に後背位で犯され、アヘ顔を晒しながら絶頂するが、そこにジャンが助けに来る。
        義体の男を殺した後、場末の宿でジャンと座位和姦。
    • Mission3 真実の散華
      • 小説:13p
      • 挿絵:3p
      • 新たな任務の最中、京子は敵組織の主導者と戦うが、己の義体が異常な反応を示す。
        この任務は味方であるはずの特務機関が仕組んだ罠だった。
        記憶を失う前の京子は敵組織の人間であり、さらに主導者の恋人であったのだ。
        それを素材として義体化し、洗脳した上で、技術の実験として任務を与えられ、任務後は廃棄処分されることになっていた。
        だが、真実を知った上で任務を遂行すれば、記憶は消去されるが廃棄だけは免れる。
        京子を愛しているジャンは、京子に主導者を殺させようとするが、混乱する彼女の手は動かなかった。
        ジャンから最期に愛し合おうと言われ、抵抗しようとするが、身も心も恋人に委ねた「京子」としての人格は彼を受け入れてしまう。
        かつての恋人の前で、偽りの恋人のジャンにアナルを犯され、アヘ顔を晒しながら射殺される。
    • Mission Final 宴の夜、すべては終わりを告げた
      • 小説:12p
      • 挿絵:3p
      • マスターである研究者の初老の男にフェラチオ奉仕をする肉人形。
        三年前は「黒崎京子」であった肉体は、記憶を消去され、新たな人格プログラムを与えられていた。
        一方、特務機関員を続けるジャンは、強化義体技術を敵組織に流出させていたこの研究者を追っていたが、捕まってしまっていた。
        拘束されたジャンの前で、マスターに騎乗位で腰を振る元・京子。
        さらに後背位で犯されながら、ジャンにパイズリをし、アヘ顔を晒しながら絶頂する。
        エンド
      • エンド:バッドエンド
感想

「二次元」「美少女」Hライトノベル総合スレ第95冊

564 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2011/03/28(月) 01:50:27.01 ID:JCyRFs0B
スレイブドールは完全に京子の記憶が消える前の調教シーンが書き下ろされてた
脇コキ髪コキ足コキ手コキ…とにかく全身チンコ摩擦
この段階でもまだ恋人を待ってる(もう名前も思い出せないのに)様子が結末を際立たせる感じがして良い

そのほかの連載時のパートは多分ほぼそのままだと思う


704 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2011/04/02(土) 01:47:08.64 ID:PVlp+1C6
スレイブドール
作者もあとがきで書いてるけど「ヒロインの人生ごと穢す」って表現がしっくりくるな
エロの大半が和姦なのに、確かに陵辱モノだわ

どなたでも編集できます