二次元ドリームノベルズ、二次元ドリーム文庫、美少女文庫、ほか。

  • 美少女文庫
  • 小説:青橋由高
  • 挿絵:有末つかさ
  • 文庫サイズ
  • 発行:フランス書院
  • ISBN:
  • 発売日:2010/08
  • 700円(税込み)

属性
  • (ToDo)
エンド
ネタバレ注意。反転文字です。
(ToDo)
まとめ
  • (ToDo)
感想

フランス書院 美少女文庫 24冊目

9 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2010/08/21(土) 17:19:57 ID:4hVk0YFH
トリプルメイド

前作好きな奴にはオススメ。駄目な奴は駄目かと。くららモドキはいまいちかなあ。結局二番煎じにしかなってなかった。


個人的には子犬系従順幼馴染で完全勝利。


12 名前:みっちり 投稿日:2010/08/21(土) 22:46:12 ID:oolKCP6E
遅れちゃった とりあえず一つ
「トリプル押しかけメイド妻」
青橋由高/有末つかさ

登場人物
−新城 航(しんじょう わたる):高校三年生17歳 優しくておとなしい性格
 歯の浮くような台詞をすらりと述べられる特技があるが、本人はそれをあまり意識していない
−三善 瞳子(みよし とうこ):航宅の隣に住んでいる幼なじみ(表紙右下) 鬼江村出身
 前髪でいつも目を隠しているのが特徴で、いつも航に注意されている
 航を「コウちゃん」と呼び、料理も出来て甲斐甲斐しいが少し気弱
−松高 ゆらら(まつたか〜):鬼江村出身の高校二年生 一歳年下?(表紙右上)
 銀髪が特徴的な美人であるが、かなりの毒舌 能力は「頭脳」、そしてもちろん低身長貧乳である
−立野 香津美(たての かつみ):鬼江村出身でゆららの幼なじみ(表紙左)
 ポニテ巨乳担当 身体能力が高く、「硬化」の能力を持っている だが1つだけ悪癖があり……

あらすじ
突如不審者に襲われたところを美少女二人に助けられた航と瞳子
彼女ら曰く、航に相続される予定の財産を狙う大叔父の手による刺客であり、
今後も後見人指名を狙うその手の者が襲ってくる危険があるとか
よって護衛のゆららと香津美、そして家事担当の瞳子含めた4人での同棲を決めたのだが、
なぜかゆららと香津美はメイド服で過ごすのであった

冒頭に見開きカラーイラスト2頁 表はマンガ風あらすじ 裏はメイドハーレムな一同
展開
コウちゃんと瞳子の朝の様子
ゆららと香津美登場イベント(挿絵1)
経緯説明イベント


13 名前:みっちり 投稿日:2010/08/21(土) 22:47:13 ID:oolKCP6E
香津美編
香津美の戦闘イベント(挿絵2)
手傷を負った香津美 だがなぜかあえぎ始め…
痛く染みる塗り薬を塗らせる香津美 硬化の揺り返し反動で全身敏感となる香津美 だが治療続行
傷口をぬぐう航 香津美絶頂
気恥ずかしい両者  H開始 スパンキング絶頂
おっぱい揉み 絶頂 バックから挿入処女&童貞喪失(挿絵3)
破瓜痛で感じる香津美 膣内射精同時絶頂

ゆらら編
ゆららと買い物イベント 色々あって航に心惹かれ揺れるゆらら(挿絵4)
香津美とH出来なくてムラムラの航 オナニーするゆらら
絶頂後に訪問してきた航 逆に航を脅すゆららw
キス 貧乳愛撫 クンニ 正常位挿入処女喪失(挿絵5) 膣内射精同時絶頂

瞳子編
「嗅覚」で身辺調査している瞳子 二人との関係を察し…
匂いで発情オナニー
メイド服を着込んだ瞳子 ヘアバンドでおでこ露出 瞳子の事情説明と告白 キス
イチャイチャ(挿絵6) おっぱい愛撫 正常位挿入処女喪失 膣内射精同時絶頂)(挿絵7)

香津美とゆらら乱入!! 一転修羅場に

三すくみ編
女の戦場と化した新城家
瞳子のお目覚めフェラ 騎乗位挿入 カット
香津美と一緒に入浴 体洗いプレイ アナル愛撫 女性器に挿入 カット
ゆららにお仕置きプレイ カット ひどい


14 名前:みっちり 投稿日:2010/08/21(土) 22:48:18 ID:oolKCP6E
大叔父殲滅イベント

ハーレム編
争奪戦として4Pに 腋の匂いを嗅ぐ瞳子 香津美のパイズリ ゆららのキス(挿絵8) 射精
香津美のおっぱいをレズ責め ゆららの女性器愛撫 正常位挿入 乳首レズ責めされる 膣内射精同時絶頂
バックから濡れパンツを晒す瞳子 挿入 ゆららのレズ逆襲 香津美におっぱい愛撫 膣内射精同時絶頂
アナルおねだりする香津美 アナル挿入 ゆららが指愛撫 瞳子がおっぱい舐め 膣内射精同時絶頂

三人尻並べ(挿絵9) カット

一方前作の4人もHしてたのでした

エンディング
なんだかんだで特権による重婚が許される一同
暑い告白でトドメを刺し、4人一緒の生活は続くのであった(挿絵10) END

感想
イヨッッシャアアアアアアアア
ぶっちゃけると前作の押しかけ許嫁と同一世界の2もの と言っても別主人公別ハーレムなので安心
キャラクターも前作を踏襲しており、毒舌貧乳のゆらら、ハードマゾの香津美、幼なじみの瞳子とキャラ立ちも完璧
挿絵は前回と同じく有末つかさ ちとトーンが濃いが、相性面はパーフェクツである
奮起したのかHも増量されており、各ヒロインのオナニーもありとホクホク だがカット部分も多い
そして特筆すべきなのが主人公の歯の浮くような褒めゼリフ 今まで無かったタイプであり、かなりおもしろい
よし、今回はベタ褒めだ 「エースの面目躍如と言える会心作」としておこう


20 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2010/08/22(日) 00:27:59 ID:oCRafJsZ
俺は今回青橋だめだー。基本的には青橋ファンで巫女姉妹もお嬢様姉妹も好きだし擁護もしたが、今回はあかん。
超能力みたいな設定が浮き浮き。そこに描写を割いてるのに。
もっとページ数があれば過不足なくなるんだろうか。


25 名前:みっちり 投稿日:2010/08/22(日) 00:50:23 ID:tRfAWXPJ
総評
各々が気を吐いて物凄いことになってるラインナップ

「トリプル押しかけメイド妻」はトリプル許嫁の焼き直し キャラと歯の浮く台詞が最高

最近はハズレが少ないねぇ 単に割となんでも喰って文句も少ないだけかもしれんが
キャラ立ちや作家特性も目立ってきているので、美少女独走はまだまだ続きそう
というわけで、好みは人それぞれ 参考になれば
常用決定。


37 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2010/08/23(月) 02:14:14 ID:I1aN+ChM
>>20
前作もそうだったけど、ストーリーの展開上超能力設定が必要無いよな。
超能力の設定が無くても、香津美は武道の達人でマゾ、ゆららは策士で腹黒、
瞳子は匂いフェチで主人公の匂いが好き、ってことで全く問題が無い。
主人公が歯の浮くようなキザ台詞を言うのも読んでて受け付けなかった。
この設定のせいで主人公に全く感情移入できなかった。
主人公の能力である言霊について結局詳しい説明が無かったのも気になる。
二つの能力のハイブリッドとか思わせぶりなこと言ってたのに。

あとエッチに関してだけど、スパンキングとかアナル愛撫とか、単にやった
と描いてあるだけで細かい描写が無いのが気になった。
その行為をされたときにヒロインがどういう反応をして、主人公がどう興奮
したかとか詳しく書いてくれないと読んでる方としても興奮のしようが無い
んだけど。

いっそここらで青橋はわかつきみたいに普通のラノベを描いてみてもいいんじゃ
ないだろうか。


149 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2010/08/31(火) 10:21:53 ID:DUKaGp22
少し出遅れましたが、感想を。

『トリプル押しかけメイド妻』 青橋由高/有末つかさ
相変わらず面白い小説だったけど、続編(もどき)なので
『〜許嫁』よりはインパクトに欠けるかも。
また、ストーリー上の核となる“力”に関しては前作同様
設定がブレているのでもったいない気がしました。

どなたでも編集できます