二次元ドリームノベルズ、二次元ドリーム文庫、美少女文庫、ほか。

中世日本によく似た島、陽の国。
魔王の異名を持つ時の女将軍・御鏡禍虞夜の支配を断ち切るべく、勇ましき二刀流の姫将・十六夜刹那と清浄なる戦巫女・法龍院聖は都へと進軍する。
しかし禍虞夜の操る触手の責めに刹那はあさましく身悶え、一方聖は汚れたケモノたちの慰み者にされ、卑しき快楽に目覚める。
やがて二人は薄汚い兵士達の肉棒までも受け入れ、自ら貪るまでに堕ちていく――!(公式ページより)
  • 二次元ドリームノベルズ296
  • 小説:舞麗辞
  • 挿絵:2号
  • 新書サイズ、252 p
  • 発行:キルタイムコミュニケーション
  • ISBN: 4860327569
  • 発売日: 2009/06/12
  • 935円(税込み)
  • 二次元ドリームマガジン Vol.42〜45 に連載
  • 書き下ろし
    • 一章後半、禍虞夜の触手を使った自慰と、刹那への顔面騎乗

属性
  • キャラクター
    • 十六夜刹那
      • ・女武者
    • 法龍院聖
    • 羅紗
      • ・女武将
    • 御鏡禍虞夜
      • 女将軍
  • コスチューム
    • (セーラー服風)
    • 巫女装束
    • (スクール水着風)
  • (ToDo)
エンド
ネタバレ注意。反転文字です。
二次元エンド/
神器が揃ったことにより、『魂呼ばいの鏡』の中の先代将軍・命の魂は目覚める。
命は神通力を使い、三戦姫の家臣たちを黄泉返らせる。
さらに神器の力を三戦姫に分け与え、禍虞夜は姫たちに討たれる。
そして三人の姫は平和のために手を取り合うのだった。

まとめ
  • 挿絵:モノクロ15p、中表紙1p、巻頭カラー2p
  • 第一章 月下の魔王、暁の姫将
    • 72p/挿絵:5p(内3枚書き下ろし)
    • 刹那は捕らわれ、肛門に触手責めを受ける。
      その後、禍虞夜は刹那を責めた触手を使って自慰をし、刹那へ顔面騎乗をする。
  • 第二章 巫女の進軍、白虎の乱
    • 58p/挿絵:3p
    • 聖は獣姦をされて堕ちる。
  • 第三章 魔王再臨、揃いし神器
    • 55p/挿絵:3p
    • 羅紗はふたなり化し、男根を触手に吸われて堕ちる。
      刹那はふたなり化した禍虞夜に犯され堕ちる。
  • 最終章 闇夜の淫獄、夜明けの刃
    • 61p/挿絵:4p(内1枚書き下ろし)
    • 三戦姫は家臣に輪姦される。
  • ゲドマガ連載時
    • 第一話 月下の魔王、暁の姫将
      • 小説:13p
      • 挿絵:3p
      • シチュ:触手、アナル
      • 圧政を敷く御鏡家と、それに対し反乱を起こす十六夜家。
        法龍院家も御鏡家に対し反乱を起こしているのだが、十六夜家とは相容れず、この日両家は決戦を迎える。
        当初は三種の神器の一つ、『鬼人の剣』を宿す法龍院家当主・聖の怪力に十六夜家は圧倒される。
        だが、同じく三種の神器の一つ、『烈光の勾玉』を宿す十六夜家当主・刹那の力により、十六夜家は勝利を収める。
        そして十六夜家は御鏡家の治める都を目指すのだった……。

        破竹の勢いで都を制し、天守閣にて御鏡家当主・禍虞夜と対峙する刹那。
        『烈光の勾玉』の力により禍虞夜を身動き出来なくさせるが、禍虞夜の宿す神器『魂呼ばいの鏡』により逆に身動き出来なくなってしまう。
        その上、御鏡家武将・羅紗により、十六夜家の軍勢二千五百は悉く討ち取られたことを知らされる。
        敗れた刹那は、禍虞夜の操る触手によって無垢な肢体を責め嬲られ、未通の女陰を貫かれようとしていた。
        しかし『勾玉』の力により、胎内への侵入は阻まれる。
        宿主が邪や淫に堕ちればその力を失うことを知る禍虞夜は、触手で刹那の菊座を責める。
        直腸内を蹂躙され肉悦を味わわされる刹那は、触手の腸内射精と共に自らも果ててしまう。
    • 第二話 巫女の進軍、白虎の乱
      • 小説:12p
      • 挿絵:3p
      • シチュ:蟲、媚薬、獣姦、破瓜
      • 一夜明け、刹那は将軍・禍虞夜の御前で、雑魚の雑兵と戦わされる。
        雑兵と侮る刹那だが、一晩中触手に嬲られ、媚毒を浴びせられた身体は疲弊しており、雑魚相手に容易に敗れてしまう。
        木刀で打たれる乳房や尻は悦楽をもたらし、肉芽への一撃で絶頂へと達する。

        一方、十六夜家が敗れたことを知った法龍院家は都へと攻め入ろうとしていた。
        配下の五千の兵を陽動とし、たった一人で禍虞夜を暗殺しようとする聖。
        だが待ち構えていた羅紗により、女狂わせ(メクルワセ)の蛭を身体中に吸い付けられてしまう。
        蛭のもたらす媚薬により発情させられ、羅紗の使役する獣によって処女の証を奪われてしまう。
        狼に輪姦されたことにより、聖は瞬く間に堕ち、獣の子種で孕むことすら求めてしまう。

        羅紗は堕ちた聖を献上し、禍虞夜は神器を奪おうとする。
        だがすでに聖は神器を有しておらず、禍虞夜に反乱を企てていた羅紗によって奪われていた。
        羅紗は禍虞夜から刹那を奪い取り、刹那の神器をも手に入れようとする。
    • 第三話 魔王再臨、揃いし神器
      • 小説:11p
      • 挿絵:3p
      • シチュ:ふたなり、レズ、破瓜、触手、アナル
      • 刹那を痛めつけ神器を奪おうとする羅紗の前に禍虞夜が現れる。
        一対一では羅紗に分がある、禍虞夜の呼び出した魍魎により一族の者や使役する獣たちを殺められてしまう。
        家臣を守ろうとする羅紗に、神通力を取り戻した刹那は加勢する。
        だが、『魂呼ばいの鏡』の力により、刹那の母の魂を人質に取られ、刹那は捕らわれてしまう。
        同じく捕らわれた羅紗は、『鬼人の剣』を取り込んだ副作用として男根が生えていた。
        触手に牡性器を吸引され、初めての男の絶頂を迎えようとするが、触手に堰き止められ、悶え狂わされる。
        仕上げとしてようやく射精を解き放たれるも、命尽きるまで永久射精をさせられる。
        その快楽の淫獄に堪え切れず、羅紗はとうとう神器を手放して失神してしまう。

        『鬼人の剣』を宿し、巨男根を生やした禍虞夜は、次いで刹那の神器を奪おうとする。
        神通力を使い果たした刹那は、その怒張に処女膣を貫かれ、触手に全身を嬲られ、尻穴に挿入される。
        膣絶頂、乳絶頂、肛門絶頂と次々に絶頂に至り、刹那もまた堕ちて神器を奪われてしまう。
    • 最終話 闇夜の淫獄、夜明けの刃
      • 小説:12p
      • 挿絵:3p
      • シチュ:輪姦、フェラチオ、アナル、尿
      • 刹那、聖、羅紗は禍虞夜配下の兵に嬲られていた。
        自分たちの家臣を守るため、卑劣な取引に応じることに。

        三人は家臣の前で禍虞夜の軍門に降らされ、浅ましい命乞いをさせられる。
        さらに家臣たちのまぐわいを強制され、一番誠意を見せた者の家臣だけを助けるという条件を出される。
        三人の演技に騙され、失望した家臣たちは、それぞれのかつての主を取り囲む。
        刹那は百人近くに取り囲まれ、恥垢の付いた男根を頬張らされ、まだ一度しか受け入れていない膣と、大好物となった肛門を犯される。
        羅紗の方を見遣ると、既に二十人の家臣たちに犯され、肉欲の虜と成り果てていた。
        羅紗に負けまいと焦る刹那は、家臣たちにさらに牡根を強請る。
        だが、聖の方を見遣れば、尻穴や乳房を舐られ失禁し飲尿され、膣を犯されながら男の尻穴を舐めしゃぶっていた。

        半日後、最早演技の必要も無く堕ちきった姫たちは、家臣が皆殺しにされても心を動かすことは無かった。
  • ※いつものようにヒロインの台詞に「♥」を多用
  • (ToDo)
感想

「二次元」「美少女」Hライトノベル総合スレ 第77冊

47 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2009/06/16(火) 21:32:59 ID:MNnX1Ade
え? 小説の話題?

え、えーと…ほら、この前出た戦国なんちゃらの書き下ろし部分はいまいちだったね
マイレージって今一つ濃さに欠けるというかエロが大人しいイメージだよね

ごめん、こんなんしか話題振れない


48 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2009/06/16(火) 21:33:26 ID:/F080Sqi
ノベルズ新刊が閃華だしなぁ…
あれ特に話題なるような作品じゃないし。


49 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2009/06/16(火) 21:48:37 ID:7dzQ4S9P
舞麗辞は凄く好きな作家なんだけど、戦国閃姫は何か全体的にドタバタしてて楽しめなかったな
まあ見事なエンドではあった


50 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2009/06/16(火) 22:02:26 ID:F2LzjnhS
>>49
戦国閃姫は好きな人には悪いと思うけどドタもバタも感じさせない平坦な作品というイメージしかない
てかノベルズの連載枠は一回の枠にエロとそのクライマックスという縛りを4回繰り返しているだけという感じでマンネリになり過ぎ
そのノリでノベルズも作るもんだからそりゃあ衰退もするよ
エロ薄という危険はあるけどもうちょっとバトルやらストーリーを練って尺を取る冒険をさせた方が作者に力が付くんじゃないかな?
ラブは文庫でバトルはあとみっくでと切り捨ててる場合じゃないだろ


51 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2009/06/16(火) 22:06:45 ID:7dzQ4S9P
>>50
ええと、ドタバタという言葉を使うべきではなかったかな
俺が言いたかったのはお前と同じようなことで、
要するに小さなイベントをあっちこっちで繰り返しているだけで全体的な起承転結的まとまり感が得られないとかそういう感じ


54 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2009/06/16(火) 23:03:19 ID:2JAbZeBa
不振も何もそもそも実質月に一冊ぐらいしか出てないからな……
もともとかなりコアな層を狙ったレーベルだからそんなに大ヒットするはずもなく、ライトなオタどもに受ける文庫やゲーノベの方が安定して儲かるんだろたぶん。

戦国閃姫は連載の時点で微妙だったからな、キャラは1人かせめて2人までに絞るべきだったのでは。
筑摩せんせが二冊組みで書いたヒカルですら3人もいるせいで微妙に薄く感じたぐらいだし……

どなたでも編集できます