306 名前:もしも明日が晴れならば [sage] 投稿日:2006/03/25(土) 02:59:46 ID:IDonWljv0
http://www.clearrave.co.jp/product/mosiraba/index....
OHPの「ストーリー」欄がチャプター1

チャプター2 明穂が死んでから抜け殻状態の主人公は、園芸部の活動を失念していた
しかし幽霊の明穂と共に温室に行くと、少女が草花に水やりをしてくれている
突然消えたり、何故か主人公達を知っているその不思議な少女は千早と名乗った
だが珠美によると、千早は疫病神で合歓の木に封印されていたという
しかもその合歓の木の下で主人公から告白された明穂に嫉妬して呪い殺したらしい
悔やむ千早だが、明穂は彼女を許し、家へ連れて帰る

チャプター3
主人公を想うつばさは内心で姉の死を喜んでいた
そんな自分の心の醜さに悩むが、姉の登場で更に苦悩する
ある日、デートの心算で主人公と買い物に行く約束をするつばさだが、
当日に明穂を連れて来た主人公を見てキレて家出をする
しかし、友人の珠美に慰められ、励まされたつばさは
彼女を連れ戻しに来た主人公に告白し、更に明穂にライバル宣言をした

307 名前:もしも明日が晴れならば [sage] 投稿日:2006/03/25(土) 03:01:35 ID:IDonWljv0
チャプター4
主人公達の学校の数学教師の息子が事故死する
偶然いあわせた主人公達は幽霊になったその少年を連れ帰る
珠美になつき、徐々に幽霊である事を自覚する少年
しかし、父親である数学教師を憎むあまり、少年は怨霊となる
だが、主人公と珠美の計らいで父親と和解し成仏していく

チャプター4.5
つばさのオナニーを発見しオカズにする主人公
だが明穂に発見され、その流れでHを始めるが邪魔が入り中断する
ショックで主人公に憑依する明穂
欲求不満の彼女の性欲が主人公や珠美に影響し、皆で性欲解消する

チャプター5
つばさが演劇部の文化祭発表でヒロイン役を張る事になる
更に台詞を全部覚えていた主人公が主役を演じる羽目になってしまう
園芸部の作業も出来ず、落ち込んでいた明穂だったが、
文化祭で見事に主役を演じるつばさと主人公を見て
自分にはもうやる事が無いと思い始める
そんな精神状態の影響から、徐々に幽霊としての存在が薄れ、弱っていく
そして主人公も、自分を求める少女達に想いが傾き始めていた

以下、各ヒロインルートへ

308 名前:もしも明日が晴れならば [sage] 投稿日:2006/03/25(土) 03:04:27 ID:IDonWljv0
委員長編
文化祭後に屋上でダンスする主人公と明穂は「大好きでした」と別れを告げ成仏する
また抜け殻に戻る主人公だが、徐々に日常に戻っていく
ある日、明穂の机にコスモスを飾ってくれる委員長の姿を発見する
涙がこみ上げるままに、委員長に全てを話す主人公は
主人公の慰めになりたい、と言う委員長とキスを交わすのだった

千早編
500年前に千早の恋人・イツキや彼女の住む村の人々を疫病が襲った
元から病気持ちだった千早は彼女の病気が感染した、との理由で
村人達に虐殺され、その怨念から疫病神となり、珠美の祖先に合歓の木に封印された
そして現在、自分の呪いで死んだ明穂への罪悪感から、死んで贖罪しようとする千早
だが、彼女を想う主人公の愛の言葉にうたれる
愛を交し合う千早と主人公を見て嫉妬しないうちに、と成仏する明穂
だが主人公も疫病神の力で死にかけてしまう
罪悪感の為、自ら合歓の木に閉じこもる千早
しかし毎日やってくる主人公に答え、卒業式の日に姿を見せた

309 名前:もしも明日が晴れならば [sage] 投稿日:2006/03/25(土) 03:10:41 ID:2jhUztUd0
つばさ編
主人公は明穂から「つばさを大事にしてあげて」と頼まれる
しかし姉に遠慮して主人公と付き合えないつばさの為に成仏する明穂
自分の所為で明穂が消滅したと悩むつばさだが、
実は明穂は成仏しておらず、主人公の前で姉妹は和解する
そして、かつて主人公とつばさからプレゼントされた帽子をもって、明穂は天に消えた

珠美編
明穂から「彼女を作ったら成仏する」と伝えられる主人公
悩む主人公を見かねて、珠美は夜の除霊パトロールにつれ出す
主人公は毎晩珠美とでかけ、彼女の手料理を食べるようになる
それを見てキレたつばさは、珠美を激しく詰る
それでも、主人公が好きだという珠美と主人公は付き合い始める
しかし、今度は明穂が嫉妬し怨霊化してしまう
怨霊となった明穂を成仏させる珠美だが、罪悪感から主人公を遠ざける
ついに自分の式神を使って自殺まで考えるが、
主人公の愛の言葉と、明穂があの世から送信したメールに励まされ立ち直る

明穂編
霊は弱って存在が無くなると、意識のみの何も出来ない存在になるらしい
成仏もできず、生まれ変わる事も出来ない、本当の地獄だという
そう聴かされた主人公は明穂との縁を切り、無理やり成仏させようとする
明穂を無視し、「嫌い」と告げ、とことん逃げる主人公
しかし結局主人公は明穂に「やっぱり好きだ」と告げる。
明穂は、主人公に自分が生まれ変わる事を告げ、お互い再開を誓って指きり。
そのあと明穂は成仏した。
10年後、主人公は地元の公園で生まれ変わった明穂と巡り合ってエンド。
主人公の中の止まった時間は動き出したのであった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

編集にはIDが必要です