203 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:50:18.73 ID:fH9ws7Ly0
◎登場人物
・反田 ノラ:パトによって猫に変えられた青年、キスで猫と人を行き来する

・アイリス=ディセンバー=アンクライ:真面目ななり立て皇女、恋愛的に重い女2

・ノエル=ザ=ネクストシーズン:カセットで会話する女執事、アイリス大好き

・高田 ノブチナ:任侠一家の娘でノラたち人間の中では一番強い、ちなみに漢字は信千奈

・ルーシア=オブ=エンド:シスコン武闘派姉さん、恋愛的に重い女3で断トツで重い女度880%

・ユウラシア=オブ=エンド:冥界三姉妹の末妹、わりかし現代っ子

・パトリシア=オブ=エンド:冥界の皇女で三姉妹の次女、よく子供たちに読み聞かせしている

・黒木 未知:風紀委員美少女で今回は海外に留学中であまり出ない、恋愛的に重い女1

・夕莉 シャチ:反田家の母親的な存在、実は天界で作られた存在

・明日原 ユウキ:後輩ギャルなバイト少女、実はノラ達と同い年

204 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:51:21.36 ID:fH9ws7Ly0
◎簡易版
・アイリス=ディセンバー=アンクライ&ノエル=ザ=ネクストシーズン:皇女と従者
忘れられた皇国を復興させようと地上に来て、エンド家に復讐しようとする。
でもパト達と接触して復讐は駄目と思う、でも母親が復讐しろと押してくる。
母親は機械でノエルがアイリスの為に動かしていたが、皇国から解放する為滅びようとする。
でもアイリスはノエルも大切なので助ける、そして皇国の復興をノラと頑張る。

・高田 ノブチナ:任侠一家の娘
妾の子で家族に対して色々と複雑なノブチナ、ある時対立勢力が高田一家を襲う。
ブチ切れてノブチナ報復、捕まるも腹違いの姉とノラ達の活躍で無事に解放。
家を出た実母とも再会、家族とのわだかまりも無事になくなりました。

・ルーシア=オブ=エンド:冥界三姉妹長女
苦手な犬をノラと一緒に克服していく、そんな時に妹のパトを狙う一族が。
ノラとの愛に目覚めたルーシアは真の力を取り戻して、パトを狙う一族も倒す。
でも真の力が原因で冥界に居られなくなる、でも愛するノラと一緒なんで問題無いです。
パトとの悩みや母親との亀裂も改善していき、ノラと未来へと歩んでいく

・ユウラシア=オブ=エンド:冥界三姉妹三女
なりたい訳じゃないけど冥界王女を目指す為に、パトを冥界へと連れ帰ろうとするユウ。
その方法はアイドルを目指すという理由でパトを地上に残らせる理由のノラを連れまわす事。
実はコンプレックスから自分だけの一番を探していたユウをノラが説得。
そしてユウは冥界王女になる為ではなく、自分の為にアイドル活動を楽しむのだった。

205 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:51:52.07 ID:fH9ws7Ly0
◎共通
冥界の王女、パトリシア=オブ=エンド(パト)が地上に向かったと噂が冥界に広がった頃、
パトの実家の城の遥か北、アンクライという忘れ去られた地にある城、
そこに住むアイリス=ディセンバー=アンクライ(アイリス)は誕生日を迎え皇女になった。
忘却されたアンクライをどうにかしようとするアイリスは母から正式に国が滅んだと聞く。
アンクライはエンド家の忘却の魔法により忘れ去られた国、そして地図からも消えたという。
冥界の者は忘れ去られる事で消滅、それを防ぐ為にアイリスは地上に向かう事にする。
執事のノエル=ザ=ネクストシーズン(ノエル)と共に、しかし地上は夏であった。
猫になる事が皆にバレている反田ノラ(ノラ)は友人たちと共に海の家でバイトしていた。
そして猫になってカキ氷を売っていたノラは倒れたアイリスを見つける、雪の降る地上で。
気が付くと雪は止んでいた、ノラがカキ氷をあげると何とかアイリスは元気を取り戻した。
日陰を求めるアイリスにノラはバイト先の海の家まで案内する事にする。
高田ノブチナ(ノブチナ)、明日原ユウキ(ユウキ)、井田が共にそこでバイトしていた。
そこにアイリスを探していたノエルもやって来た、そしてアイリスは海の家でバイトする事に。
先程、ノラから貰ったカキ氷代を支払う為に、そして無事に最後までやり遂げる。
何処かに行くというアイリス達にノラは余った焼きそばを届けようと向かう。
ノラを見ながらアイリス達はノラが冥界の伝説の生き物ではとノラを掴み魔法を使用する。
先程まで全く使えなかったのにノラを掴みながらなら無詠唱でアンクライまで戻る事が出来た。
一方、バイトを終えたノブチナ達の元にパト達がやって来てバーベキューを行う所。
パトと一緒にやって来たのは夕莉シャチ(シャチ)、ユウラシア=オブ=エンド(ユウ)、
それにルーシア=オブ=エンド(ルーシア)の合わせて4人だった。
黒木未知(未知)は現在海外、バーベキューをしようとするがノラがいないことに気付く。
誰かに焼きそばを持っていった筈なのだが誰もその誰かを思い出せないでいた。

206 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:52:20.84 ID:fH9ws7Ly0
一方ノラはアイリスとノエルと入浴する事になっていた、しかもアイリスによって真っ白に。
そしてアイリスのキスで人間に戻るノラ、ノラは縛られて城の外に放り出される。
そこに猫のノラを探すアイリスがやって来る、まだノラの事に気が付いてなかった。
説明するも全部は信じてもらえない、だけどアイリスはノラと話し合う。
今までそういう相手のいなかったアイリスは楽しそうに話す、しかしノエルがやって来る。
ノエルはノラの処断を促すが、アイリスはノラを地上に帰す事にする、再会を約束して。
地上に戻ったノラは髪の毛が真っ白になっていた、とりあえずパトに話を聞こうとする。
しかし断片的にしか思い出せない、一緒に聞いていたルーシアも何か引っかかる様子。
少し後、ノラはルーシアからアンクライには忘れられる様に魔法がかかっている事を聞く。
何故ルーシアが覚えているかノラが聞くと、それをしたのがエンド家の母、冥界の母だからと。
アンクライは冥界の掟を破り、滅ぼしそうだったのでそうしたのだと言う。
そしてアンクライが生き残っているなら復讐を企てている可能性があり、
ならば危険なのはアンクライを覚えているノラとルーシア、なのでルーシアは力を貸すと言う。
ノラは仲間達に事情を話す事を提案、特に偶然一緒にいたノブチナは自分より強いからと。
任侠一家の娘のノブチナ、町の危機かもしれないと言うとノブチナも協力をする事に。
そんな一緒にいた井田も加えて4人の前に動く雪だるま、それに翼竜が現れる。
雪だるまの後を追うと反田家に着くが凍っている、しかも変わった熊に囲まれて危険な状況。
しかしそこにアイリスとノエルが現れる、そしてアイリスはノラを連れて反田家の2階へ。
そこでアイリスはノラとの約束、名前を呼ぶという事を実行してもらおうとする。
しかしアイリス自体を思い出せないノラにアイリスは魔法を唱えようとする。
一方でルーシア達はノエルと共にいた、ノブチナが救援を呼ぶ為にルーシアがノエルと対峙。
ルーシアがエンド家と気づいたノエルとルーシアの戦いが始まりそうになる。
ノブチナも救援を呼ぼうとするが外には出れず取り敢えずLINEで外部に報告。

207 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:52:46.54 ID:fH9ws7Ly0
一方でアイリスは泣いていた、またも忘れられてしまったから、だけどその姿を見て思い出す。
ノラはアイリスの名前を呼ぶ、そしてもう一つの約束を果たそうとするアイリス。
猫であるノラを見せる事、その為にはキスが必要だが当然の如く信じてもらえず拒否される。
だけど何とか隙を突いてキス、驚愕するアイリスだったが猫になるノラ。
氷漬けの反田家という不利な状況もありノエルに敗北したルーシア達の前にアイリスとノラが。
猫になったノラに事情を察するルーシア達、そしてノエルもアイリスの口から事実を聞く。
そこに翼竜がやって来る、旗である翼竜が氷漬けの反田家に降りたてばそれは建国となる。
しかしアイリスは猫になる前に、猫になったら元に戻すと約束していたのでそれをしない事に。
だが翼竜は反旗を翻して攻撃してくる、しかしノラの力を借りて何とか防ぐアイリス。
だが翼竜は健在、今度はルーシアが翼竜に魔法で綱をくくり付けて地上に落とそうとする。
そしてアイリスに聞く、アンクライを滅ぼしたエンド家だけど力を貸して欲しいかと。
今までなら言えなかったかもしれない、でも今のアイリスなら助けを求める事が出来た。
そしてノエルを除く全員で翼竜を落とす為に綱を引く、LINEを見たユウキとユウが来た。
そこに再び翼竜の攻撃がきそうに、判断を任されたアイリスは綱を引く事を決断。
それを聞いたノエルも綱を引く事にするが翼竜の攻撃が、しかしそれをパトが防いだ。
そして2度の攻撃で疲労した翼竜を屋根に落とす事に成功、翼竜は旗へと変貌した。
アイリスは建国宣言ではなく自己紹介とこれからをよろしくと皆に宣言。
全てが終わった後は皆でカラオケに、そしてパトとアイリスはデュエットをするのだった。
アイリスは母とその日あった事を楽しそうに話すが、母はそれは忘れなさいと言う。
しかしエンド家への復讐を忘れるなと、しかしアイリスにはパトが悪い人には見えなかった。
落ち込んだアイリスはその事を連れ帰ったノラに相談、アイリスは今季は冬眠すると言う。
敵国の皇女と色々したから、皇女の行動は歴史に残るからと、しかしノラはいけないのか聞く。
敵国の王女と仲良くしてもいいのではと、アイリスもその言葉に元気を取り戻す。

208 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:53:13.71 ID:fH9ws7Ly0
再会を約束して地上に戻ったノラ、氷漬けの反田家は翌日にどうにかする事になっていた。
しかしルーシアがいて氷を砕いていた、そして少しルーシアとの距離が縮まる。
そして翌日、いつもの皆に加えてアイリスとノエルも加えた皆で反田家の氷を砕く作業に。
そこでアンクライとエンド家の因縁に関して聞き、アイリスが復讐したい事を知る。
しかしどう復讐するのか、アイリス自身がエンド家をどう思っているかすぐには答えられない。
そして復讐の理由を聞くと母に言われたからと答えるアイリスにさすがに怒るパト。
パトは滅ぼすのに相応しいかテストして合格ならエンド家を滅ぼしてもいいと言う。
そんなパトにアイリスも挑戦を受ける事に、そしてアイリスは歴史の勉強を始めるのだった。

◎アイリス=ディセンバー=アンクライ
テストに合格する為に勉強しようとするアイリス、しかしそこにパトのスパルタ教育が。
怯え切ったアイリスに一緒に勉強しようと言うノラ、一方病院で残り半年だと告げられたノラ。
今度はノラがアイリスに付きまとわれて迷惑を被っていたそんなある日、
パトが勉強以外何やっているのか気になったアイリスはノラに連れられて学童保育に。
そうしてついにテストの日、アイリスは90点を取りパトにどうするか聞かれる。
アイリスは自分の国に関して何も答えられなかったのでもう少し勉強する事に。
そしてノラはパト曰く残り2週間だと判断され、アイリスの引っ越しの手伝いをしていた。
ノラはアイリスにお願いをする、実はノラの寿命が危ないのは猫化の呪いが原因だった。
しかしパト曰くHした時にアイリスが流す涙で治るとか、当然否定するアイリス。
とりあえず引っ越しの手伝いをしているとアイリスの部下の熊が襲ってきた。
実は自国の歴史を知りたかったアイリスは母に止められるのも構わずに書庫へと侵入。
そこで一冊の本を見つけた、そこには絵が描かれており永久に冬の筈のアンクライの春だった。
そしてその本を手に地上へと向かうアイリスとノラ、それにノエルは無事に到着。

209 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:53:34.23 ID:fH9ws7Ly0
地上に戻れたノラは再びHのお願い、今度はパトも一緒になってお願いをする。
曰くアイリスの涙には忘却の力があり、愛を感じる時はその純度を増すとか。
ともかく断るアイリス、ちなみにアイリスの引っ越し先は反田家の庭の地下だった。
そんなある日、パトの学童保育での読み聞かせについて行き、アイリスも読み聞かせをする。
しかしパトの評価は微妙、と言っても初めてなので仕方ないらしいがアイリスは練習する事に。
そんなある日、ノラ達の補修に付き合って皆が学園に来ていた時、急に外に雪が降り積もる。
何事かと思うとキスもしてないのにノラが猫に、そしてアンクライの亡霊という象が現れた。
亡霊はアイリスにエンド家を滅ぼせと言うがアイリスは拒否する。
すると亡霊はアイリス達も標的にして襲ってきて、皆で学園内を逃げ回る事になる。
亡霊以外にも騎士に熊が襲いかかってくる、それでもアイリスは亡霊を説得したい。
という事で幾つかに分かれて問題に対処し、そしてパトは絵本の読み聞かせを放送室から流す。
しかしその内容は普通の絵本では無い、アイリスが持ち帰った書籍、歴史書から作られたもの。
その国は出土する鉱石に頼り遊び呆け、世界をわが物にしようと企み投獄された。
国は娘を投獄し、その娘が流した涙が宝石となり、賠償金の代わりに支払われた。
アンクライは悲しみで栄えた涙売りの国、幽霊だと、そしてパトの魔法は完成した。
復讐売りの少女、それは全てを焼いた、そしてパトはアイリスをこう呼ぶ、冬の幽霊だと。
そして幽霊は過去だと、アイリスは亡霊たちに謝罪する自分が忘れていたと。
ノラはアイリスの為に共に駆け出し燃える亡霊の元へ、アイリスも自分を消したくないから。
しかし亡霊の火を消す前にノラがやられる、気が付くとノラとアイリスは過去を見ていた。
子供の頃にノラとアイリスは会った事があった、そしてそこにパトと復讐売りの少女が現れる。
パト曰く歴史と御伽噺の狭間にいるとか、復讐売りの少女は歴史書と絵本の合作みたいなもの。
そして元になった2つ、アンクライ皇国の歴史書とマッチ売りの少女の本を出す。
どちらかを読み聞かせるように言うパトにアイリスは1冊の本を手に取った。

210 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:54:04.99 ID:fH9ws7Ly0
そして語るのはどちらでもない、アイリスの話であり、ハッピーエンドの物語。
それを聞いた復讐売りの少女、マッチ売りの少女はその対価に燃やしてあげるのだった。
気が付くと元の場所に戻っており、ノラも生きており、亡霊はやたら可愛くなっていた。
マッチ売りの少女が時、過去を燃やしたからと言って亡霊たちを連れて去って行った。
そしてノラも助かったノラに喜んだアイリスの涙で猫から人間に戻っていた。
だが完治したかわからないのでアイリスとキスをして確かめる事に。
結果、猫にはなったが人の言葉を喋れた、パト曰く少しだけ人に戻れたとか。
という事でやっぱりHのお願いをアイリスにする事に、と言っても今度は完全拒否ではない。
亡霊の時の出来事でアイリスはノラへの好意はかなり高い、でもHは初めてだから。
なので交換条件として共に国を再興して欲しいとノラに言うアイリス。
そしてノラは沢山考えて、再興は流石に約束出来ないけど一緒にいる事は出来ると告げる。
そんなノラの言葉についにアイリスも認めてH、そしてノラも治り、恋人になった2人。
しかし寝る事が多くなったノラ、パトはノラはまだ猫の部分があるのではと推測。
という事で今度の海でのデートにパト達もついて来る事になった。
海で皆で遊んでいる時にノエルから呪いを解く涙をアンクライの再興の為に欲しいと言われる。
そして海で遊んでいるといつの間にかノラに尻尾が、だけどその後にHして元に戻す。
ノエルにも樽で涙を上げる、ノエルはこれでアンクライに対する忘却が解けると言う。
そして一度アイリスとノエルはアンクライ皇国に戻る事に、そしてアイリスは母に会う。
アイリス母は死者と生者の関わりを断つべきと、アイリスに永遠の眠りに付こうという。
忘却、冥界にとっての死を広めようとしたこと、それはアンクライが滅ぼされた原因。
当然アイリスはそれを否定、するとアイリス母は娘失格と言い忘却魔法を発動させようとする。
一方で冥界の母はその事に気付きパトにアンクライを滅ぼす様に命令する。
地上に戻ったアイリスはノラの元へ、そして実はアイリス母がアイリスの母でないと告げる。

211 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:54:31.02 ID:fH9ws7Ly0
そして助けて欲しいと言うアイリスと共にノラ達はアンクライ皇国、その城へと向かう。
城にいたのはノエルだけ、アイリスの母はただの機械、城には他に人はいなかった。
城書庫にあったのは大量のテープ、それがアイリスの母を動かしていた。
そしてノエルは自分を成長するアイリスの後ろ髪を引く存在だと言い、消えようとする。
だからアイリスと離れようとするノエルだが、アイリスはノエルを連れて行こうとする。
しかし城の上には冥界の母によるアンクライを滅ぼす為の魔法が発動しそうだった。
その時、動かしてない筈のアイリス母から声が聞こえる、旗が見てみたいと。
それを聞いたアイリスは城のてっぺんに旗を立てようとする、そこにルーシアが。
反田家にも来た旗になる翼竜に鎖を繋いでいたのだった、そして皆でその鎖を引く。
そして無事に翼竜を引きずり旗になり、アンクライの滅びは止められたのだった。
その後、アイリスは冥界の母と向き合う、冥界の母は未来に関してアイリスに聞く。
アイリスの為にノエルが動かしたアイリス母は過去の存在、だから未来を。
アイリスは存在を認めて欲しいと言う、いつか世継ぎが出来、人が増え再興した時に。
冥界の母は娘と仲良くしてと言って、いつか再興した時の再会を約束して去った。
そしてノラ達は3年になった、その間アイリスはアンクライ再興の為に色々やっていた。
それからノラとアイリスは共に受験と再興を頑張っていくのだった。

◎ノエル=ザ=ネクストシーズン(ExtraStoryから、内容はアイリス√の続き
アイリスを見守っていたノエルは何だかんだでノラの事を意識してしまう。
というかノラとアイリスがやっているのを覗いて、自慰してしまう程度には意識している。
しかしノラはアイリスの彼女なのでその気持ちを否定するノエル。
それはそれとしてノラを好きになってからヤバくなるアイリスに思う所があるノエル。
そこでノラを呼び出し遠泳で勝負を仕掛けるも、途中でノラに助けられる結果に。

212 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:54:59.79 ID:fH9ws7Ly0
沖から離れた無人島で携帯もないのでそこで1日過ごす事になった2人。
そこでノエルはアイリスを泣かせないという名目でノラとHをする事に
(ノラとHをするとアイリスは必ず泣き、それをノエルが虐めだと言って止めるという名目
そして終わってから少しして、無人島の近くを船が通るので呼ぶノラ。
ノエルは、あの船が通り過ぎてもう一夜過ごしたい、そう思ったのだった。

◎高田 ノブチナ
アンクライ皇国皇女が来る前の高田と呼ばれる任侠一家のお話。
ノブチナは獄中の先代に代わり組みをまとめ、最近では周囲の小さな勢力をまとめ上げていた。
しかし最近兵頭という新興勢力が高田と対立して一触即発の状態。
一方で学園祭の時期、何かしたいと思うが何も思いつかないノラのクラス。
そこで絵本の読み聞かせをしたいというパトとコラボして演劇をする事になった。
だが任侠娘のノブチナに関して周囲から様々な危険視をされていた。
そんな時事故でノブチナとキスして猫になったノラは一緒に高田家に帰る事になった。
そこで見合いをさせられそうになっている事を知るノラ、ともかく部屋で元に戻るノラ。
そこにノブチナの父、信春が現れて殺されそうになるが反田家の子供という事で助かる。
信春は昔ノラ母に求婚してたらしい、そしてノラとノブチナがくっつく様に推奨してくる。
ノブチナは信春がノブチナを堅気に戻そうとしているのだと気づく。
その帰り、ノラは母親がいない事が気になって聞くがノブチナは笑顔を見せるだけだった。
帰宅後、ノラはシャチからノブチナの母は出て行ったと昔聞いた事を聞く。
一方、高田家に兵頭が来ていた実質的な降伏勧告に近いものだった。
兵頭はノブチナだけに、ノブチナが来るか高田が看板を下ろすかの二択だと迫る。
信春は組を解散するつもりだがノブチナにそんな気はなかった。

213 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:55:26.93 ID:fH9ws7Ly0
そして一人叫ぶノブチナの元に皆が来て最後にノラが高田家の家系図を持ってやって来た。
翌日、学園祭の演劇は教職員受けなどを命をテーマにする事になり、最初はパトが考える。
でもパトは冥界、つまり死の世界から生まれたからと言ってノブチナにそれを託す。
しかしノブチナは協力すべきと言って高田家で皆で考える事に。
ノラの方は高田家の家系図を持っている事が高田家にバレて高田家に連れて行かれていた。
ちなみに家系図は昔ノブチナが売ろうとしたのをノラが引き留め、反田家に残された。
ノラは信春からノブチナを堅気にしたいから協力する様言われるが話し合うべきと提案。
そこにパトが先にやって来てノブチナがそろそろ帰って来ると判明。
信春はノブチナを堅気に戻す為に演技をすると言い、ノラも条件付きで協力する事に。
結局演技は失敗に終わり、そしてノラはノブチナと家系図を持ってきた時の話をする。
子供の頃、ノブチナは壁に家系図を書いて殆どの名前に×をつけたが一つだけ付いてなかった。
それは出て行ったと聞いた母親だった、そしてノブチナは自分の用事にノラを付き合わせる。
そこは信春のいた刑務所だった、ノブチナは見ておくべきだと思ったからと言う。
話を聞きノラはノブチナが信春の事を想っていたのではと思い聞くがノブチナは答えない。
2人で反田家に戻ると何故か感動している一同、読んだのは昔の性教育の本であった。
そして演劇の内容は命とロミオとジュリエットに性教育も入ったモノとなった。
ノラは信春と会っていた、刑務所で色々と考えたがそれでもノブチナと話すべきと説得。
その夜、信春はノブチナと正面切って話し、ノブチナは人知れず笑顔を浮かべるのだった。
そしてノブチナは兵頭に高田の家に残る事を宣言するのだった。
文化祭の準備は順調に進んでいたが何者かの妨害で小道具が壊されていた。
ノブチナは封じてた拳を振るっていた、ノラと井田に倒したヤクザが金貰ってやったと告げて。
ノブチナは一人でやろうとするがそれはノラ達友人の皆が許さなかった。
しかし高田を兵頭にやられたノブチナは報復に向かうが途中でノラが気づき止めようとする。

214 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:55:53.16 ID:fH9ws7Ly0
ノラの言葉に2人でやろうと言うがノブチナはキスをしてノラを猫にすると1人で向かう。
そして後から来たパトに救われたノラは急いでノブチナの元に向かう。
そこには部下を蹴散らし兵頭に銃を向けるノブチナの姿が、間一髪それは防ぐ事には成功。
しかしそこに警察がやって来て連れていかれるノブチナ、その姿は笑顔をノラに向けていた。
ノブチナは拘留される事になり、その弁護士に会いに行く信春について行くノラ達。
そこにいたのはノブチナの姉、信愛で、信春は弁護を頼むが金を用意するならやるとの事。
家族の絆で無料を願う信春だが信愛に殴られ、信愛は名刺を置いて去って行った。
ノラ達はノブチナが妾の子で信愛が正妻の子、ノブチナと信愛の母が良くなかったと知る。
その後、信愛とノラがノブチナと面会するが両方とも喧嘩して終わり。
信愛には助けられたくないと言い、ノラとはノブチナと信愛の事でノラが怒った。
ノブチナは家系図にのらない子で教育は信愛しか施されなったし、
ノブチナが何かになろうとすると家が邪魔になり、家を家族と思えなくなったと言う。
それでもノブチナを助けたい皆は信愛に頼み、その思いをくみ取った信愛はもう一度向かう。
そして信愛からその事を聞いたノブチナ、費用は信愛が出す事になった事も知る。
さらにノブチナの元に田中、ノラ達のグループの1人、から手紙が届いていた。
そうして信愛の活躍で釈放、外に出たノブチナはノラと信愛と共に学園へと向かう。
学園祭の命とロミオとジュリエットは無事に演じ切る事が出来た。
学園祭の後、唯一の親である信春と衝突して語り合った後、ノブチナは涙を流すのだった。
その帰り、ノブチナはノラに付き合ってみるかと提案、そして日常が戻ってきた。
付き合っていくのは何かと考えたノラ、そして決意したノラは井田を連れて高田家へ。
ノブチナと付き合いたいと家族の前で宣言、曖昧になりそうな時は井田に殴ってもらった。
信春は2人で話し合いなさいと言いノブチナと2人きりになり、そして2人は恋人に。
その事はすぐに皆にバレて、そしてそんな2人にパトはノラは愛で治ると言う。

215 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:56:22.88 ID:fH9ws7Ly0
ある日ノブチナにノラ母の知り合いを紹介されたノラはノブチナに実母に会って欲しいと思う。
そう思い信愛の元へ、しかし信愛も昔の住所しか知らず今生きているかすら知らなかった。
今度は信春の元へ、そして信春から兵頭の元へ行き、そこで実力を示して場所を知る。
どうにかして会わせたいノラは皆に相談、そこでダブルデートする事になっていた。
実は井田が田中に告白しており、ノブチナの件で色々あってまだ付き合っていなかった。
そしてダブルデートで誘導する予定が全く場所に向かわず気づいたら河辺。
そこで田中はノブチナに井田に返事をする事を宣言、だからノブチナも向かって欲しいと。
全て察したノブチナだが行きたくないと言うとノラがそれなら1人で行くと言う。
そこにユウキ達も来て向かうといい、それなら先にパトに生きているか確認する。
だって怖いから、でもパトは教えられないという、それで未来が変わるのかと。
パトは命とは、必死に生きる事だと知ったからもう母の元に帰ると言う。
そしてノブチナに言う、立ち向かう事が一番得意なのだから、逃げては駄目と。
そんな皆の言葉にノブチナも向かう事に、そして信愛と高田家が用意したトラックで向かう。
そして無事に出会う事が出来た、最初は分かってなかったけど名前を聞いて気付いてくれた。
母親、原点を知ったノブチナはノラを元に戻す為にも世界を巡るのだった。
そしてノラ達は3年になった、ノラの呪いは悪化したがそれを知ってパトが地上に戻って来た。
そして受験勉強に向かって立ち向かうノラ達であった。

◎ルーシア=オブ=エンド
翼竜が来た日から数日、妹たちの為に地上にいるルーシアにはとある懸念があった。
それはパトとノラの仲、ルーシアはノラにパトに近づくなと言いそれからノラを危険視。
そんな時ノラはルーシアが犬が苦手と知る、パトをケルベロスから救ってからとの事。
ある日実験の為と称してパトにキスされて猫になるノラ、その日からルーシアに追われる。

216 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:56:46.19 ID:fH9ws7Ly0
ノラは何とか犬に隠れる事で回避、ルーシアはその事で冥界の母に言われてしまう。
冥界の母に言われた翌日、ルーシアは苦手を克服する為に犬のいる場所へ。
そこに晩飯を呼びに来たノラが、その時犬が鳴いて驚いたルーシアが不良に衝突。
その場にいた不良は問題なかったが新しく現れた者がペットにドーベルマンを連れていた。
このままではルーシアが危ないと思ったノラは猫のまま犬に立ち向かおうとする。
しかしその前にルーシアはノラを回収して退避、結果としてノラが救われた形に。
だけど家から少し離れた場所で電柱の影で膝を抱え込むルーシア、本当は怖かったのだ。
その夜、ルーシアは夢を見る、パトをケルベロスから救った時の夢を。
パトは怯えていた、ケルベロスを屠り血まみれの自分を、その夢を見て目が覚めるルーシア。
何か暖かいと思うと傍にはノラがいたのだった、そんなある日学園でルーシアと会う。
犬の図鑑を見て耐性を付けようとしていた、その時パトがルーシアに顔を見せに来る。
学童保育に向かうとか、すぐに行かないルーシアに何故かと聞くと怯えさせるからと言う。
学童保育にはペットを連れて来る子もいてそこにいた犬に対してルーシアは殺意を向ける。
それは優しいパトの空気を悪くして子供を怯えさせる、そう自虐的な笑顔でルーシアは言う。
ノラはそんなルーシアの為に犬の散歩のバイトを探し、大量の犬を連れて来る。
当然嫌がるルーシアだがノラは気にせずルーシアの為に頑張って克服させようとする。
そんな2人を見てパトは自分の知らないルーシアの感情をぶつけてもらうノラが羨ましいと。
ルーシアもノラと一緒に少しずつ苦手を克服していき、いつの間にかついノラを探す程に。
そんなある日、犬の悪戯でノラとルーシアがキスして猫になってしまったある日、
以前遭遇したドーベルマンを連れた不良と遭遇、しかも今回は3匹も連れていた。
しかも不良に捕まってしまうノラ、不良はノラとドーベルマンを戦わせると言う。
ノラはルーシアの為に戦う事に、しかし追い詰められてボロボロにされるノラ。
その姿を見て剣を抜くルーシア、だが怯えさせるルーシアにしない為にも立ち上がるノラ。

217 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:57:09.50 ID:fH9ws7Ly0
そして何とか3匹のドーベルマンに勝つがボロボロになったノラ、気が付くと病院だった。
人に戻って、ルーシアが何とかしようとキスして戻し、そこにノブチナが通りかかった。
お陰で難とか病院に行けて助かった、しかし松葉杖が必要な程にボロボロだった。
ルーシアはノラに聞く、自分が怖いか、猫だったノラの鳴き声が胸に響いて痛かったと、
自分を恐れる声が胸に響いて痛いと、誰も彼もが自分を恐れているのではと。
一生懸命な人をどう恐れるのか、恐いって気持ちの先にあったかい理解があるのではと、
今のルーシアなら猫のノラの声に痛いけど逃げずに答えようとするのでは、
それはあたたかくないかと言うノラの言葉にルーシアは下がっていた顔を上げる。
そしていつか、花を見て座っているのではと、いつか花の気持ちも分かるのではと。
そんな時、冥界の母に呼ばれるルーシア、そこで失った魔力を取り戻す方法を聞く。
猫の血を浴びれば失われた魔力、サクラメントを取り戻せると冥界の母は言う。
だから猫、ノラを連れて来て自分の目の前で腹を掻っ捌く様に言われるルーシア。
とはいえリハビリを手伝いながら、ノラを完全に意識しているルーシアには無理な話。
その事を冥界の母に伝えるが魔犬の幻影を見せつけられいかに克服してないか思い知らされる。
ルーシアはノラとキスをして猫にしようとするがそこに事情を知ったパトが現れる。
呪いを別の呪いで解こうとするルーシアは嫌いと言い、ノラにも近づかない様に言うパト。
それでもノラはルーシアの元へ、そしてルーシアを連れてお墓のある場所へと行く。
ノラはそこで血をあげたら安心できるのか聞く、その代わりに本心を聞かせて欲しいと。
ルーシアはケルベロスを殺した時の話をする、不運だったのは母がパトを庇った事だと。
返り血を浴びて魔力を失い、そんな自分をパトが恐れたのは自業自得だと言うルーシア。
自分の人生は妹たちの為に、でもそれはただこびりついてるだけではと思うのだと。
夜、ノラはパトからケルベロスから救われた時の話を聞く、何故抜け出したのかと。
何処へ行っても見つける姉に檻の中の様に感じた、でも助けられた時に本当の意味を知った。

218 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:57:35.05 ID:fH9ws7Ly0
世界は綺麗なモノばかりではないと、以来この事に関しては何も話す事はなくなった。
互いに敬愛と溺愛をしながら、でもあの日以来なにも話せていないのだと。
自分に何か言う資格はないと、ノラは言うべきと言うがパトは何も言わない。
その夜、ルーシアはノラとキスをする夢を見て、起きればベッドがびちゃびちゃ。
その惨状に家を飛び出すルーシアと追う猫のノラ、そしてルーシアは海で絶叫。
母に小言を言われ、パトに叱られ、犬にも怯え、夢も酷けりゃシーツも酷く、旅に出る宣言。
自分に愛想が尽きたルーシアは自分が何者かと聞き、ノラはルーシアで変わらないと言う。
そして自分の腹を裂いてもすぐに縫えば問題ないと伝え、猫の状態でも理解するルーシア。
そこにパトがやって来てルーシアは2人で話したいと言い、ノラは少し離れる事に。
パトは呪いは愛によって解けるから、だから自分の為に未来を歩んで欲しいと言う。
そしてケルベロスに救われた時の事を謝る、あの時抱きしめられなくてごめんと。
ちなみに布団が濡れていたのはユウが夕立で濡れたシーツを取り込んだからだった。
そしてルーシアは再度冥界の母の元へ、今度はノラを連れて説得をしにいく。
冥界の母は再度魔犬の幻影を見せるがルーシアは無事にその正体を見破った。
ルーシアは昔パトを庇ったか聞き、冥界の母は庇ったのだと答える。
そしてルーシアはノラを犠牲にして元に戻りたいとは思わないと冥界の母に告げる。
失った事で得た真実と、大切な姉妹と仲間を失わない為、自分で呪いを解いてみせると。
そんなルーシアに冥界の母はルーシアも大切だと、そしてパトが狙われている事を告げる。
ガルム一族という犬の一族が狙っているという、冥界の母が最近急かしていたのもこれが理由。
ルーシアをノラが一緒なら大丈夫だと、ノラと一緒に守って見せると伝える。
そしてガルム一族の襲撃が、しかしノラは人間の状態でキスをする隙がない。
その時偶然近くにいた井田とノブチナがやって来たので少しの間任せる事に。
その間にノラとルーシアはキス、そして白いドレスを纏ったルーシアはガルム一族を倒す。

219 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:58:03.51 ID:fH9ws7Ly0
帰宅後、今後の訓練と称してキスをしようとするルーシア、そこにパトが現れる。
パトも自分が狙われている事に気付き、素早くルーシアとノラがキス出来る様にしようとする。
とはいえ中々出来ない2人にパトはデートスポット本を託すのだった。
翌日、ルーシアはユウキとノブチナにどうしたら素早くキスを出来るか相談する事に。
近況などを聞いた2人はルーシアがノラに恋してると言う、そこにガルム一族がやって来る。
翌日、皆の指導を受けながらのデートで仲を深めていくルーシアとノラ。
そこに先日来たガルム一族がナンパ勝負を仕掛けてきたのでノラが挑む事になった。
その光景を見て不愉快になるルーシア、結局戦いになりキスしてノラを携えて勝利。
それからガルム一族を2人倒したある日、パトがノラの現状を治す方法を見つけたという。
内容はどう考えてもH,ノラに意見を聞こうと猫状態だったノラにキスをするルーシア。
しかしノラは人に戻らなかった、それから1週間が経った、一応ノラの意識は残っていた。
そこに以前倒したガルム一族の1人が現れ、王のガルムなら元に戻せるかもと言う。
それを知ったルーシアは1人何処かへ、ノラはルーシアを探して1匹の犬に辿りつく。
以前倒したドーベルマンで元ガルムだった、そしてガルムがルーシアを狙っていると知る。
そしてルーシアを発見、説得しようとするノラ、パトも現れて止めようとするも失敗。
1人行ってしまう、そこにユウキ達から連絡があり学校をガルム一族が制圧していた。
敵を倒しながらガルムの元へ、しかしルーシアは既にその中に捕らわれていた。
だがノラは気にせずガルムに突撃、するとノラ、それに追ったパトはガルムの中へ。
そこにはガルムに洗脳されつつあるルーシアが、パトに嫉妬し1人は嫌だと言う本心で。
そこでノラは人の姿をした、でも人では無く獣の力でルーシアを取り戻す為に戦いを挑む。
ユウも来て、そしてノラは刺されながらもルーシアを抱き締めて、ルーシアを救い出す。
そしてキスをして元の世界に戻ったノラ達、ノラはルーシアの剣を手にガルムに挑む。
2度とルーシアが剣を持たなくて済む様に、そしてガルムを討伐する。

220 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:58:36.74 ID:fH9ws7Ly0
エンド家3姉妹はガルム一族を冥界裁判にかける為に冥界へ、ノラも人間に戻ったまま。
そして再会の約束をしてルーシア達と別れる、しかしノラが完治したかは不明だった。
冥界に戻ったルーシアは冥界の母にノラに会いたい事を告げる、その時冥界が揺れる。
ルーシアが完全に取り戻した力、サクラメントは光の力で冥界を滅ぼすものだった。
そして冥界の母はルーシアを冥界から追放する、ルーシア=エンド=オブ=サクラメントを。
一方ノラは動物と話せる様になっていた、そんなノラの前にルーシアが現れる。
別れを告げながら地上に戻ってきたのが恥ずかしくて漫画喫茶生活をしていた。
ルーシアが冥界に帰れない事を知ったノラは家に来るようにルーシアに告げる。
一方でパトはユウキとノブチナにルーシアに関しての話をしていた。
ルーシアとは光の意味を持ちサクラメントと呼ばれる力が眠っており冥界では問題。
そしてその力の源はノラへの愛、それを捨てないとルーシアは冥界に帰れない。
ノラもルーシアからそれを聞いていた、そしてルーシアは愛を捨てると言う。
ノラは傍にいろと言うが逃げ出すルーシア、追うノラの元にパトが自転車で現れる。
ノラとパトはニケツでルーシアを追う、そしてパトの魔法もあり何とか追いつく。
ルーシアは書置きも残さずに冥界を出ていた、それはノラに早く会えるという気持ちから。
そんなルーシアを連れて帰れないとノラにルーシアを任せてパトは帰って行った。
それからルーシアはノラを愛を感じる度にサクラメントが暴発、周囲を爆発させる様になった。
そんな状態で半分暴走状態のルーシアはノラに婚姻届けを差し出してくるほどに。
しかもノラを手刀で落として寝言で肯定させていた(そうしないと力が暴発するから
しかしノラには書けなかった、何故かと思うノラにノブチナが言う、キスしたら猫になるから。
そしてルーシアもパトに言われて気付き、自分がその事を忘れ暴走してた事に落ち込む。
ノラが慰め何とかした所にパトがノラを治す方法を見つけた事を伝えてくれる。
早い話がH、しかし今の状態ですればルーシアの力の暴発で周囲どころか世界が滅ぶ。

221 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:58:58.87 ID:fH9ws7Ly0
そこでパトが何とかする事に、お陰で何とかなりノラも猫にならなくなる。
ノラとルーシアとのデート中に冥界の母が、追放はしたがルーシアの事を気にしてる模様。
ルーシアはノラを盗られるかと嫉妬、ノラとしては冥界の母とルーシアに仲直りして欲しい。
それからもルーシアとノラはイチャイチャ、ちょっとルーシアは暴走気味だが。
そこに再び冥界の母が現れて、ルーシアと2人で話したいというので2人っきりに。
そこでルーシアは自分が、自分を失い他人に自分の価値を見出すようになった事、
しかもその事に本人が気づいていない事、それが皇女から落とされた理由だと知る。
そしてルーシアと冥界の母の関係もよくなっていき、いつかは完璧に亀裂もなくなると思う。
その後、ノラはちゃんとルーシアにプロポーズして婚姻届けを書き、未来へ進んでいき、
ルーシアが地上にいる限り滅ぼさないと言うので地上に残り永きに渡り守り抜きましたとさ。

◎ユウラシア=オブ=エンド
翼竜が来た日から数日、携帯が欲しいというユウに自分の携帯を上げる事にしたノラ。
ノラは新しいのを買った、最初はそちらを欲しいと言うユウだったが古い方で良いという事に。
そんな時にユウは冥界の母からこのパトが冥界の王女の素質を失って困ると言う。
そうなったら同調魔法という感性を同じにする魔法を使わねばならなくなると、
それを聞いたユウはなりたい訳じゃないけど皇女候補になる為パトを冥界に戻す事に。
携帯で皆にノラの弱点を聞いて、最後はノラがロリコンという事で終わる。
ある日、テレビをパトに取られたユウはノラに意見、携帯でテレビが観れる事を伝える。
それからユウはノラをアイドルになる為のサポート係にしてポーズを考えたり、
洗脳魔法をかけようとしたり、洗脳魔法に関してはパトに怒られた。
なので今度は心まで猫にする為にユウはノラに恥ずかしいけどキスして猫にする。
しかしすぐにキスをされて元に戻るノラ、キスされたユウはノラを少し意識する。

222 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:59:18.26 ID:fH9ws7Ly0
だが翌日、取り巻きの前でのアイドル活動の為にノラにキスして猫にして手伝わされる。
ノラはそれでいいのか聞くと、ノラとのキスはノーカウントだからとユウは言う。
カラオケで歌の練習したり、ビラ配りしたり、しかし中々順調にはいかない。
なのでまたカラオケで練習する事になるがノラには用事があるので断りユウ1人で行く事に。
帰宅したユウが悔しいか聞くが気にしないノラに怒るユウ、怒りは翌日まで続いた。
しかし昼休みに呼び出されるノラ、今度はライブを開くというユウはノラに手伝えと言う。
その為にはまたキスでノラを猫にする必要があるのだが何だかユウの様子がおかしい。
翌日、ユウに避けられるノラ、しかし夜お風呂に入っていると背中を流しに来る水着のユウ。
携帯で写真をとってノラを脅そうとするがこけそうになるもノラが助ける、が携帯は故障。
その後、なんで自分を助けたのか聞くユウ、自分を丸め込んでパトに近づく気かと。
何故そこまでユウがパトを意識するのか気になって聞くとユウはノラに言う。
冥界の母は1番になれると言うがパトとは何か違う、でも冥界の母は1番になれると言う。
そんな状況なので自分だけが1番になれるものを探していたのか、とユウは言う。
パトの後追いだと考えるノラ、ユウにはユウだけの物がそれを頑張ればいいと答える。
そんなノラに今度はユウが何故自分を助けるのかと聞くと羨ましいからと答える。
目標の為に邁進する姿に、それに一緒に行動していると何か変われそうな気がして。
故にユウに感謝、そしてユウも猫への行き来は自分とのキスだけとノラに約束させる。
それからユウの努力が実ってきて、アイドル活動に見に来る人が増えてきていた。
ノラとユウの関係も近づきついにライブの日、ユウから離れ列整理に向かうノラ。
そこでパトとルーシアと話す普通じゃない人、冥界の母と会う。
冥界の母はライブで歌に合わせてユウが冥界の母から授かった同調魔法を使おうとしてると。
もしそうなれば冥界の価値観に近づいた人間は自ずと死にたくなると言う。
ノラはユウから意見を聞こうとする、がその前にユウがノラに引っ付いて離れない。

223 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 10:59:50.06 ID:fH9ws7Ly0
そのまま今回のライブはお蔵入りに、帰宅後にユウに同調魔法に関して聞く。
言い訳はしないユウに何とかしようと言うノラだが魔法を解くには冥界の母以上の魔力が必要。
(同調魔法は冥界の母が発信機、ユウが中継器の状態なのでユウにも影響が出ている。
それでもユウの為に何とかしようと思うノラ、ノラはユウが好きで、ユウもノラが好きだから。
そして恋人になり繋がった2人、それからは恋人らしくデートしたり、そしてライブ再び。
それを聞いていた冥界の母は同調魔法はユウには早かったと判断、そしてパトは言う。
冥界では見れない程楽しんでるユウ、それを見守る為に地上を滅ぼすのは伸ばして欲しいと。
私が語り終えるまで、そう言うパトの視線の先でユウはノラと全力でライブをするのだった。

◎パトリシア=オブ=エンド(ExtraStoryから
ノラが冥界で1000年過ごし帰って来て、色々な結果性欲が制御可能になっていた。
しかも冥界からノラと結婚したいという人物まで現れすっかりご立腹のパト。
だけどノラが好きなのはパトだけだった、そこでパトは婚姻届けを書く事を提案。
書きたくないノラは猫になって逃走、パトの花嫁修業が始まるのでした。

◎黒木未知(ExtraStoryから
ノラが冥界から救われてから数日、相も変わらずイチャイチャしながらも重い未知。
そんな時冥界から名声を求めてノラと未知の命を狙って化け物がやって来る。
事情を聞くと就職難で何か欲しいらしいのでノラが働いていたホテルの紹介状を書いてあげる。
だけど今度はホテルが人材不足だとまたやって来るのだった。

224 名前:ノラと皇女と野良猫ハート2 ◆l1l6Ur354A [sage] 投稿日:2017/12/26(火) 11:00:07.02 ID:fH9ws7Ly0
◎夕莉シャチ(ExtraStoryから
夏になる少し前、ノラの前にノラを知るというオルカと名乗る少女が現れた。
どうも天界に関わりのある人物らしく一時的に面倒を見る事になった。
命を作り出す起源を探しに、それに地上の技術を観測しにやってきたオルカ。
知らないとはいえ結果としてコンビニで万引きし、そして謝罪、コンビニ店員になっていた。
そして今日もまた、ノラとシャチの生殖行為を推奨するのだった。

◎明日原ユウキ(ExtraStoryから
ユウキと付き合って暫く経ち、ついにノラが卒業するまで残り1年ぐらいとなった。
2人は未来に想いを馳せ、失敗するかもしれないけど挑戦していこうと思う。
たくさんの過去に負けず、未来に目印をつけながら、その道を歩けるって信じさせてくれる、
ユウキはそんな強い子だから、ノラはユウキがいないと駄目になるなと思うのだった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

編集にはIDが必要です