339* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/08(月) 11:29:04 ID:Czr3MOLH0 (7)
なんか荒らしがいるようだが、そんなの関係ねぇ!

王賊
軍事国家ヴィスト王国が周辺各国に宣戦を布告し侵略を開始している時代。
すでにいくつもの国が滅ぼされ、初期の舞台となるエルト王国も領土を半分取られていた。
流浪の傭兵ジン・アーバレストはメイドの八重とともに、ヴィストと敵対する国を渡り歩いていた。
ちょっと戦っては雇用者を変えるという、不安定な行動を取っていたのだが
その実力の高さから、どこの国も(敵であるヴィスト王国も)戦力として欲しがっていた。
神楽家領国(奈宮皇国の属国)で戦っていたジンは天才的な手腕で10倍以上の敵と善戦するが
領国内の内通者のせいで本陣が落ちたため、一撃離脱で一矢報いて逃亡する。
その後も放浪生活を続けるのだが・・・
ちょうどエルト王国に滞在中、突然王国兵1000人単位で包囲され捕らえられるジン。
領土を半分取られたエルト王国がジンの力を欲しがっての行動だった。
八重とともに王国代表と話し合い、総大将のアルイエットと内務大臣ムストの体をいただく
という条件で、アルイエットの軍師を引き受けることになる。
アルイエットは才能はあるのだが実戦経験が乏しく、それを補って欲しいとの事。
今まで傭兵として部隊長あたりを任されることはあったが、今回は実質全権を握れる仕事。
ヴィストと本気で渡り合える機会を探していたジンは、これを承諾する。
しかし、強引な手段でジンを引きずり出したエルト王国側にも理由があった。
実は領土を半分取られたことで貴族たちがヴィストと内通し、反乱を起こそうとする兆しがあった。
まずは内憂を除かねばならない、ジンは頭を抱える。
奇策と、練習がてらの戦闘で内乱を潰したジン。
そのまま奈宮皇国、ノイル王国と連携してヴィスト王国に反撃を開始する。

340* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/08(月) 11:30:31 ID:Czr3MOLH0 (7)
王賊
戦闘の間、いろいろな人物とのイベントがある。

.▲襯ぅ┘奪(お飾り総大将)
戦いの中でしだいに成長してゆくアルイエットはある日ジンに告白する。
実は、体を報酬として提示したのだが当初はそれを払う気はなかったらしい。
ジンは思っていたよりずっと良い人だった、自分もそれに好意を感じていると告げる。
告白を受け入れ、アルイエットを抱くジン。

▲爛好(優秀な内務大臣・ロリババァ)
アルイエット同じ理由でジンを騙していたムストだが、やはりジンに好意を感じるようになる。
前払いでいいや、と体を差し出すムストを遠慮なく食うジン。
後日談で、実は竜と人のハーフであり、そのせいで非常に長寿なのだと判明する。

0賤(奈宮皇国皇女)
奈宮皇国は、戦争中にもかかわらずお家騒動が起こっており、5人の候補者がいた。
自分を除く4人の候補たちが互いに足を引っ張り合う現状を憂う一葉。
自分は皇国の後取り候補としての立場が低いため、国を継ぐには何か強みが必要だった。
体を使ってジンを皇国に引っ張り込もうとするが、しっかりお見通しのジンは逆に一葉を篭絡する。
奈宮皇国にも影ながら助力するかわりに、一葉を奈宮皇国とエルト王国のパイプ役とする。
そうすることで一葉の国内での発言力も強まるだろうと提案し、一葉もそれを受諾する。
そのままジンに抱かれる一葉。

ぅ襯謄モネ(ノイル王国姫)
ノイル王国との共同戦線中、戦闘開始直後に怯えて一人で魔法アイテムで退却しちゃうルティモネ。
そのまま森をさまよっていたが、探していたジンに発見される。
自分一人で逃げたことを叱責され、反省するルティモネ。そのまま野外でH。
ジンに懐いてしまったルティモネ、ジンのそばでこれからはしっかり戦うと誓う。

341* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/08(月) 11:31:37 ID:Czr3MOLH0 (7)
ゥ優(ヴィスト王国突撃軍団長・ツンデレ)
戦闘中捕らえられたネイ、そのままジンに何日間か抱かれる。
しぶしぶながらジンに屈し、エルト王国に仕えるようになる。

Ε院璽縫好フェア(ヴィスト王国飛竜軍団長)
傭兵時代、ジンと戦った過去があり、そのときにジンに犯されておりジンを憎んでいる。
戦闘で捕まり、抱かれてそのまま部下に・・・
※何故かコイツだけ必ず配下になるわけではなく、特定の条件を満たさないといけない。

Д┘襯優(エルト王国女王)
国政がサッパリな女王、安穏と暮らしていたのだが
ある日ジンが貴族の娘に手を出しているところを見てしまい、自分も抱かれたいと願う。
人目を盗んでたびたび抱かれるエルネア。そのままジンの女に。

連投規制のため、次のイベント解説まで間をおく・・・と

343* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/08(月) 11:53:18 ID:Czr3MOLH0 (7)
重要イベント
.┘襯優△肇▲襯ぅ┘奪
王国の戦闘が膠着状態のある日、アルイエットはエルネアから自分たちの関係を告げられる。
アルイエットの父親は王国軍総大将アルバーエル、アルイエットはそう思っていたのだが・・・
実はアルイエットはエルト王国の国王と、かつての恋人との間にできた子だった。
エルネアと結婚するためにアルイエットの父親は恋人を捨て、子であったアルイエットは
王の親友であったアルバーエルに預けられ、そのままアルバーエルの子として育てられた。
つまり王の妻であるエルネアと、アルイエットは義理の母娘という関係であった。
王の娘であろうと自分の父親はアルバーエルである、王位に就く考えは今の自分にはないと告げ
エルネアもそれを承諾する。ついでにお義母さんと呼ばせようとするエルネア。
そんなに歳が離れてないです!と突っぱねるアルイエット。

344* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/08(月) 11:55:01 ID:Czr3MOLH0 (7)
八重
エルト王国が、ヴィストから神楽家領国を奪還した日、ジンは八重との過去に思いを馳せる。
傭兵時代、神楽家領国に雇われていたジンの上官は八重(奈津山 八重)だった。
バリバリ軍人気質の八重のそばで、副官として傭兵を指揮するジン。
なかなか戦争が始まらず、傭兵部隊の解散の話が出る。国家間の緊張が高まっている現状で
それは危険だと主張するジンだが、八重は上の命令だとそれを突っぱねる。
ヤケになったジンは八重を押し倒して抱いてしまう。八重は名家の出であり
本人も武術に精通しており、抱いた後ジンは逃げようとするが、逃げられず捕まる。
しかし、八重がそれを咎めることはなく、そのままジンは副官として仕え、夜は八重とHする日々が続く。

ヴィストとの戦争が始まり、ジンはようやく回ってきた出番に腕を振るう。
上に登りつめ、出世して力を手に入れるために戦う。独立部隊を編成し、ヴィストを撹乱する。
出世へのきっかけとなった八重に別れを告げるジンだが、そのまま八重はついてくる。
いつしか八重はジンの副官として、補佐するようになっていた。
自分を襲った男についてくるという自虐を何故行うのかと考えるジン。
そこへ神楽家領国の内通騒ぎが起こる。

実は内通を手引きしたのは八重で、ジンについているのは自分への罰であった。
八重の内通工作であっという間に神楽家領国は滅亡する。
実は八重の本名は神楽七姫といい、神楽家直系の姫だった。
今の神楽家とのお家争いで暗殺されそうになったところを忠臣・花山家で匿われ、名前を八重と変える。
花山家がそのせいで取り潰され、さらに奈津山家へ匿われて育てられた。
現在の神楽家に恨みを持って育った八重は、ヴィストを手引きしたのだった・・・
八重は復讐を果たしたとして、ジンに自分を殺すように言うが、ジンはそれを断る。
裏切り者が簡単に死ねると思うな、と八重を自分のメイドにし、ゆっくりと人格を壊すと告げる。
自分が殺すまでは死ぬな、と八重に命令し、口調や性格も明るくしろというジン。それを承諾する八重。
その後、壊れたかどうだかは分からないが、明るいメイドの八重となる。

345* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/08(月) 11:55:35 ID:Czr3MOLH0 (7)
リディアとジン
ヴィスト王国の王女であり、指揮官の一人として戦うリディア。
戦闘中に捕らえられ、一度は逃がされるリディアだが、その後も陣頭に出る。
二度目に捕らえられたリディアはジンの前に立たされる。
一度目に逃がしたのは自分の良心を捨てるための儀式みたいなものだった。
二度と会わなければ、こんな目には遭わなかったのだといいながらリディアを陵辱するジン。
数日間、寝る間もなく陵辱されたリディアだが、ジンに対して怒りや憎しみを言葉にすることはなかった。
ちょっと休憩しようとしたジンに、リディアは静かに呟く「お兄様・・・」と。
ジンは、どこまで知っているのかと問い返す、すべて知っていると答えるリディア。

ジンの本名はラフィルト=ヴィルマー=ヴィスト。ヴィスト国王カーディルの実子、第一王子だった。
カーディルの跡継ぎとして恥じないように励んでいたジンだが、ある日カーディルから暗殺者を向けられる。
疑問に思いながら、部下や友人の犠牲で何とか生き延び、国外へと逃れる。
それから生きるために傭兵となり、父とヴィストへの復讐を誓って生きてきた。
リディアはカーディルが妾に産ませた子であり、ジンとは義理の兄妹になる。
※ちなみに、カーディルは正妻との間にジンをもうけた直後に戦場で股間を負傷しており
 それ以上実子はできない体。つまりジン以外の子供はすべて義理の子供である。
カーディルはリディアの母を愛しており、リディアが実子でないことで跡継ぎに不利にならないよう
ジンと婚約させて後継者にしようとしていた。
2人が婚約したのは17年前、ジンが12歳、リディアが4歳の頃。婚約後は一度も会っていない。
覚えているはずがないと思っていた事実をリディアが覚えていたことで
リディアが自分を哀れんでいたのだと想い、復讐心が萎える。
しかし、自分がジンに抱かれたのは、ジンに心から投降するためだとだと言うリディア。
「全てはラフィルト様のために」リディアはジンの配下としてヴィストと戦うことになる。

346* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/08(月) 12:23:56 ID:Czr3MOLH0 (7)
その後、ヴィスト王国を打倒するのだが、カーディルを追い詰めたジンは
何故自分を暗殺しようとしたのかとカーディルに問う。
カーディルは、ジンの母親の頼みであったと告げる。
唯一の実子であったジンは他の後継者候補から狙われており、それを察知したジンの母は
暗殺に見せかけてジンを国外へ逃がすようにカーディルに進言する。
カーディルはカーディルでリディアを後継者にしたいので、結構本気で暗殺しようとしちゃったりした。
結果としてジンが生き延び、ヴィストを打ち倒すまでに成長したことを素直に賞賛するカーディル。
結局親子の情を優先したジンはカーディルをそっと逃がす。そしてエンディング。

EDは3種類。
〕段璽┘鵐(イベントでアルイエットや八重たちを抱かずに終えた場合)
戦争が終わったことで、傭兵としての仕事は終わった。戦場を求めて旅に出るジン。
引き止めようとするアルイエットに「平和を一日でも持続してくれ」と言い残して去る。

八重エンド(フリーイベントで八重との関係を深めた場合)
ヴィストが滅んで戦う理由もなくなり、エルト王国から去るジン。
しかし、傭兵以外で飯を食う方法を知らないため、傭兵家業を続けることになる。
奈宮皇国のさらに東で戦争の兆しがあると進言する八重とともに、東へ旅立つ。

2国残留エンド(アルイエット・八重双方と関係を深めた場合)
復讐を終えたジンにはもうやることがなかった。エルト王国で色々と手放したくないものができた。
戦争しか能のない自分が平和な時代に何ができるかを考えていこうと思うジン。
※各キャラとのイベントの進み具合で後日談が微妙に変化。
 大抵はアルイエットと結婚し何人も子供を作り、その他の女性たちとも関係を続けるハーレム状態になる。
※カーディルは、自分を慕う部下たちとともに東へ進み、新たな王国を作るための戦いを始める。

385* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/23(火) 19:08:53 ID:FL3ZO2zd0 (3)
ジン
アルイエットと結婚しつつ、ハーレムを築いちゃう。
ユニットは傭兵→騎兵→侍
足が遅くなるから侍にするのは微妙かも知れんなぁ。

アルイエット
終戦後に女王に即位しジンと結婚し、多くの子を産む。子孫は皆才覚に優れており、
アルイエットの名はその優れた人物たちの始祖として長く歴史に残る。
本人曰く「優秀なのはジンの血のほうの影響じゃない?」とのことだが・・・
ユニットは歩兵から騎兵・重騎兵と成長する。タフい・強い・速いと三拍子揃った最強近接キャラ。

ムスト
終戦後、内務大臣から宰相となる。
政治を取り仕切り、王国中興の祖として名を残す。ジンともよろしくやっている。

ルカ
終戦後も軍に残留。やっぱりジンともよろしくやっている。
ず〜〜〜っと騎兵。最初から最後まで最前線で使える。

トール
終戦後に退役、故郷の村に帰ってステラ(幼馴染)と結婚。Hシーンあり。
比較的序盤で歩兵から騎兵にチェンジし、化ける。ルカとツートップを張れる前衛。

386* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/23(火) 19:10:25 ID:FL3ZO2zd0 (3)
エルネア
終戦後、女王の座をアルイエットに譲り、隠居する。 ジンとよろしくやるも子供には恵まれなかった。その分、ジンと他の女性との間にできた子供に愛を注ぐ。
子供たちが成長し、エルト王国の要職につくようになると、子供たちに慕われているエルネアは
国に多大な影響力を持つようになるが、彼女がそれを行使することは1度たりともなかった。

一葉
終戦後も自国とエルト王国とのパイプ役を勤めた。
ちゃんと自国の統治者の椅子に座れた模様。
ユニットは侍。足が遅いのであまり活躍できぬ。

ルティモネ
一葉と喧嘩しつつもエルト王国との友好に努める。
ユニットは大魔法使い。固定スキルで魔法将軍がついているので強い強い。

八重
ジンの推薦で神楽地方の領主の就任。復興に力を注ぐ。
その成果あって、神楽はエルト王国内で重要な地位を占めるようになる。
ジンとの間に子供を一人もうけるも、隠居せずに尽力し続けた。
結果、神楽領内では八重を神楽の守護神とする信仰が生まれた。
2周目から忍者として参入できる。何故か強力な投石スキルを持っている。

リディア
終戦後は、アルイエット、キューベル、ムストの推薦でエルト王国大将軍に就任。
兵士数を減らしつつ軍事力を維持することに成功。大陸の軍事の規範として名を残す。
ジンとの間に1人子供をもうける。
ユニットは騎兵。後半参入なだけあって最初から高い能力を誇る。

387* 名前:王賊 [sage] 投稿日:2007/10/23(火) 19:11:59 ID:FL3ZO2zd0 (3)
ネイ
エルト王国将軍として終戦後も残留する。
ジンとの間に子供ができた模様。
ユニットは獣人。使えるような使えんような・・・

ケーニスクフェア
エルト王国地方領主に就任。のんべりだらりと統治する。
ユニットは飛竜。ブレスが強力。「大竜炎!」は結構気に入ってるボイス。

カーディル
未練があると思われたくない、といって遠く離れた地で勢力を興す。
ユニットは精鋭歩兵。飛燕持ちなのでなかなか強い。

ロンゼン
カーディル王について国を興す手伝いをする。
やはり攻めてこそカーディル王だ!と感動してるっぽい。
ユニットは大弓兵。何気に全キャラ中唯一の専用クラスだったりする。

火山
ロンゼンと同じく、カーディルについていく。
ユニットは侍。どうも地味な性能。むしろ毎回一緒に来る増援が鬱陶しい事この上ない。

セルバイアン
ジンの正体を知っていたのだが、リディアに伝えることはしなかった。
リディアに思いを抱いていたからなのだが・・・結局失恋する。
EDでは失恋のことを一応カーディルから詫びられる。
その後はカーディルについて国を興すために戦っている。
ユニットは重騎兵。味方同様、あんまり騎兵と変わらん。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

編集にはIDが必要です