134 :月影のシミュラクル〜解放の羽〜[sage] 投稿日:2019/02/02(土) 02:59:29.08 ID:aRR1z3yL0 [1/3]
簡略版でいきます。ざっくり言えば、これは人間と人形と蜘蛛の物語。

昔々ある人形師が森深い土地に流れ着き、そこに住む大蜘蛛と居住契約を結んだ。
大蜘蛛は神にも等しい力はあるものの、「人間?何それ美味いの?」という状態だったので、
人形師の人形に魂の一部を降ろして、人間を真似して観察するようになった。
元々その人形には人形師の死んだ娘の魂もあり、大蜘蛛とは別の自我が芽生える。
こうして土地に住み着いた人間、自我のある人形、人形を通して観察する大蜘蛛という構図ができた。
ただ、人形の「人間を真似る」という性質ゆえに、周囲の悪感情も真似て周期的に怪事件を起こした。
人形師の一族はこの現象を抑えるために長年働き、人形も本人の意思ではないため内心悲しんだ。
でも当の大蜘蛛は相変わらず人間を変な動物くらいに認識してるので、これが問題だとは気付かない。
そうして現代の一族の当主、如月兼定とその娘、如月零は大蜘蛛との契約を無視して人形を破壊する決意をしてしまう。

135 :月影のシミュラクル〜解放の羽〜[sage] 投稿日:2019/02/02(土) 03:08:09.67 ID:aRR1z3yL0 [2/3]
主人公はこの人形師の一族である如月家の遠縁、卯月誠一という高校生。
3年前に街を離れたせいもあり兼定の事は「優しい親戚のおじさん」、零の事は「小生意気な幼馴染」くらいにしか認識してない。
一族の因縁もよく知らないままで人形の魂を起こす儀式(これを定期的にしないと大蜘蛛が暴れて人を喰い始める)に参加。
1周目は「血筋の関係で人形が零に瓜二つで、零の別人格だと誤解する」という事もあり、真相にまったく届かないまま終わる。
ルートが解放される毎に少しずつ真相に近づくようになり、最終ルートでは誠一は「紅(人形に誠一が名付けた名前)」という少女を愛するようになり、
紅を破壊する事で因縁を終わらせようとする如月家を説得し、何処かにいるはずの大蜘蛛と新たな契約を結ぶと宣言する。
実は人形師の一族には「蜘蛛が人間を理解するための魂」と対になる形で「人間が蜘蛛を理解するための感覚」を与えられていて、
その血が色濃い誠一は、蜘蛛の糸を手繰るようにして大蜘蛛の元を訪れる。
荒ぶる大蜘蛛を前にして、誠一は紅の中にある蜘蛛の魂、自分の中にある蜘蛛の感覚を返却して人間を理解してくれるように頼む。
そこでようやく人間という存在を理解した大蜘蛛は、紅を役目から解放して人間の身体を与え、自分自身で人間を見定めるようになる。
紅が如月の一族として迎えられて誠一と良い仲になった時には、大蜘蛛も親が娘を祝福するように如月の屋敷を訪れた。フレンドリー蜘蛛さん。
こうして人と蜘蛛の新たな関係が築かれましたとさ。めでたしめでたし。

ちなみに最短6周でこの結末に辿り着けますが
1周目「おじさんも零も死んでしまい、何も分からないまま事件が終わる。そして生き残った紅に付け狙われる」
2周目「やっぱり如月親子は死亡、恋人とデートしてたらいきなり紅に腕を切断されて行方不明になる」
3周目「同じく如月親子は死亡、紅に記憶を改ざんされて偽りの幸せの中で過ごす」
4周目「紅と零の願いにより誠一だけが生き残る」
5周目「壊された紅の想いを受け取り誠一が暴走、零に殺害される」
と、ろくでもない結末を経由しなければならないので結構凄惨。個人的には大蜘蛛の雑設計と人間の悪感情で実行犯にされる紅が一番可哀想。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

編集にはIDが必要です