291 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:15:58.21 ID:yYekp1mS0 [43/77]
◎登場人物&簡易版
+篠崎 遼太郎:所謂帰国子女の青年、よく女子からタラシと思われる
⇒友人のお陰で日本にホームステイ、転入先の女子と仲良くなっていく。

+花園 瑛美:昔は色々やんちゃだった年下幼馴染、朝はかなり弱い方
⇒妹みたいな存在だったが段々異性として意識して恋人に、そして今後も同棲をしていくのだった

+東金 望愛:世話焼きな委員長、案外抜けている一面もある
⇒本好きな一面を知った事が理由で仲良くなっていき恋人に、卒業後は同棲して籍を入れて妊娠もする

+陣内 莉佳子:口下手な陸上部、結構ストイックな性格
⇒恋人になった後に陸上で悩むも、陸上も恋人も大切と気づいて新記録を出すのだった

+鈴山 美里:ポジティブでハイテンションな先輩、天才肌な人物
⇒振り回されつつも惹かれて恋人に、社会人となって入籍した後も変わらない関係が続くのだった

+烏丸 裕香:とある会社の一人娘、周りの環境もあって友人はいない
⇒父の意向で異性と会話出来ないが御付の人が切っ掛けで仲良くなり、御付の頑張りあって結婚まで行く

+吉村 凛:前髪で顔を隠している先輩、姉がいて色々と吹き込まれている
⇒去年のミスコンが原因で顔を隠していたが、恋人になって素顔を出してくれる様になるのだった

+狭山 恵梨奈:生徒思いの担任、結構結婚出来ない状況に焦っている
⇒公表出来ない関係だが恋人になり、卒業後はプロポーズして同棲するのだった

292 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:16:40.01 ID:yYekp1mS0 [44/77]
◎共通
両親の転勤に付き合わされていた篠崎遼太郎(遼太郎)は日本にいた時の友人の花園亨(亨)のお陰で日本で暮らす事になる。
日本に戻りルームシェアする事になる亨の家へ、そこで亨の妹で一緒に住む事になっている花園瑛美(瑛美)と再会する。
その後、転入の手続きの為に瑛美と共に学園へ、教師の狭山恵梨奈(恵梨奈)と出会い担任であると教えられる。
3人で遼太郎の通う教室に行き、委員長の東金望愛(望愛)を紹介して貰い、そのまま転入の手続きも終わらせる。
それから無事に転入、前の席の嶋林優弥(優弥)と親しくなり、望愛に学園内を案内をしてもらう。
1週間後、合同クラスで望愛と優弥と別れた遼太郎、そこで朝に陸上部で練習を見かけた陣内莉佳子(莉佳子)と知り合い、友達に。
数日後、亨からお昼を一緒にしたいとの連絡が、何事かと思っていると亨と共に鈴山美里(美里)と呼ばれる少女が現れる。
美里が亨から遼太郎の話を持って興味を持ったらしく3人で屋上へ、そこで美里の友人の吉村凛(凛)と知り合いになる。
そして美里の提案で放課後に遼太郎の歓迎会をする事に、先輩3人組に合わせて優弥も参加する事になった。
ある日、学年と組がごちゃまぜのLHRで1年生の少女とそれに付き従う黒服を見つけ、気になった遼太郎。
近くの人から少女が烏丸裕香(裕香)、黒服のSPが武藤克己(克己)で、異性は克己を通じてしか裕香と話せないと聞く。

◎花園瑛美
昔は遊んでいたとはいえ再会当初は瑛美が綺麗になっていた事もあり互いに色々とぎこちない感じだった遼太郎と瑛美。
しかし毎日を過ごしていく事で仲良くなっていく2人だが、遼太郎は時折異性としてのドキドキも感じていた。
ある日、何となく瑛美が辛そうな顔をしていると思った遼太郎は買い物に付き合ってあげる事にする。
そこでカップルとして間違われたり、瑛美の2人だけだから妹扱いじゃない方がという発言にドキドキしたり、
そして帰りに瑛美が元気になっているのを確認して良かったと言うと、元気のなくなった理由を教えてくれる。

293 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:17:07.36 ID:yYekp1mS0 [45/77]
最近、彼氏の出来た友人達が彼氏優先になって、何だか距離を感じて寂しさを感じていたらしい。
そんな瑛美に寂しくなったらいつでも呼んでと言うと、どうしていつも欲しい言葉をくれるのかと言われる。
それに答えられなかった遼太郎だが、瑛美からはそういうところがすごく大好きと言われる。
それからも瑛美の好意を受けていき、幼馴染や妹に対する意識から完全に好きな異性として瑛美に感じる遼太郎。
そして告白とかの前に一度2人で出掛けたいと考え、無事に約束をして休日に2人で外出する事に。
直接デートとは言ってはいないが瑛美も気づいており、互いに異性を感じてドキドキしながらその日を過ごす。
そしてその数日後についに告白、瑛美も受け入れてくれて無事に恋人になり、亨にもちゃんと伝える。
初エッチの翌朝に亨にバレたり、瑛美が望愛に嫉妬して学園でお兄ちゃんと呼んだり、そんな感じでイチャイチャして過ごす。
そうして年末、亨と瑛美は別宅で暮らしている両親の元で数日を過ごす事になったが、瑛美だけは翌日に帰って来る。
瑛美は両親に遼太郎との関係を話すべきだったかと聞き、しかし話した結果現在の関係が壊れてしまう事を恐れていた。
それでも遼太郎はいつか両親にも話すべきだと答え、瑛美は自分の勇気が出るまで待って欲しいと返す。
それから年も明けて亨も無事に受験に合格したある日、亨から来年からは一人暮らしをする事を宣言される。
今のルームシェアは亨が保護者という立場だから成り立っているのでこのままでは遼太郎は瑛美の元から離れる事になる。
しかし亨もその辺りの事は分かっており、投げっぱなしはあれなので両親を呼んでいるから話し合えと言ってくる。
という事で家にやって来た花園夫妻、遼太郎も覚悟して瑛美との付き合いを花園夫妻に伝える。
そして瑛美は両親の言葉も聞かずに何があっても遼太郎について行くに一点張り、なので遼太郎が冷静に花園夫妻に伝える。
瑛美と結婚を前提に同棲がしたいと、それを聞いた花園夫妻は2人で話し合い、そして遼太郎と瑛美の関係を許可してくれた。
その後、暴走したと落ち込んでいた瑛美だが遼太郎に慰められ、これからは遼太郎を支えられる彼女になりたいと言うのだった。

294 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:17:37.76 ID:yYekp1mS0 [46/77]
◎東金望愛
望愛が図書委員という事を聞いたので図書室に向かい、そこで望愛が本好きである事を知る遼太郎。
それが切っ掛けで本を読む機会が増えて望愛とも親しくなっていき、面白い本を勧められたり親密になっていく。
そんなある日、望愛が仕事を押し付けられる様な場面を見て心配になった遼太郎はその事について聞いてみる。
望愛も最初は気にしていない様子だったが、遼太郎の言葉を聞いて考えさせられたのだった。
そして遼太郎はそんな望愛に面倒を押し付けられたら自分にも伝えて欲しい、望愛にかけられる迷惑なら喜ぶと言う。
それから望愛の為に色々としていると望愛からどうしてそんなにしてくれるのと言われて望愛と同じなだけと答える。
すると望愛から他の人にも親切にしているのと聞かれ、その返事をする前にその時は別れる事になった。
そうして望愛の事を好きになっていっている事に気づいたが一度も2人で出掛けた事が無い事に気づき、望愛をお誘いする事に。
アウトレットでTVの取材にカップルだと間違われたり、互いに好意を感じて良い雰囲気にもなる。
そして数日後の放課後についに告白、望愛も受け入れてくれて無事に恋人になる。
それから夏休みに初えっちし、1つのマフラーを2人で付けたり、望愛の為に小説の場面を再現したり、イチャイチャ過ごす。
春休みに亨と瑛美が別宅の両親の所に行ったある日、望愛を呼んでイチャイチャしようとしていると篠崎夫妻が突然の帰省。
篠崎夫妻は望愛によろしくした後、遼太郎が来年に一定額以上をバイトで稼いだら一人暮らしを許可すると言って帰っていった。
その後、望愛も遼太郎との同棲の為に自分もバイトをする事に決め、支えあって頑張ろうと言うのだった。
それから学園を卒業して5年、望愛とは同棲しつつ籍も入れ、そして妊娠もした望愛と今後も過ごしていくのだった。

295 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:18:17.36 ID:yYekp1mS0 [47/77]
◎陣内莉佳子
放課後に莉佳子が陸上部だと聞いていたので覗いてみたら、そこで他の陸上部員に体験入部に誘われる。
最初は断るつもりだったが莉佳子にも提案されたのでする事に、そこで思った以上で本気な練習で疲労困憊だが莉佳子とは仲良くなる。
とある休日には莉佳子が身長と口下手な所ににコンプレックスを感じている事を聞いたり、
広報委員としての新聞作りに協力したり、弟の為のゲームの特訓に付き合ったりしながら互いに惹かれていく遼太郎と莉佳子。
そして莉佳子からの誘いで出掛ける事になった時に完全に自覚して数日後の放課後に告白、そうして無事に恋人に。
それからは初デートで莉佳子の家で初えっちし、お昼にお弁当を作ってきてくれてあーんしてくれたり、
雨の日に相合傘をした後に2人でお風呂に入ったり、そうしてイチャイチャと過ごしていく遼太郎と莉佳子。
そんなある日、莉佳子が陸上のタイムが伸びない事に悩んでいたので、遼太郎は気分転換にデートをする事を提案する。
莉佳子は遼太郎との付き合いが切っ掛けで他の部員との交流も増え、部活でも協力してくれる事が増えたらしく、
故にタイムが伸びないのは自分の頑張りが足りないと考えていたが遼太郎はそんな事はないと否定する。
走るのを楽しんでないのではと、記録目的だけでは息苦しくてタイムが出せないのではと話す。
それを聞いて莉佳子も最近は走るよりも遼太郎と一緒に居る事に方が楽しい、でも両方が必要であると気づく。
それから遼太郎はそんな莉佳子の力になりたいと思い、莉佳子は気持ちを切り替えて調子が良くなっていた。
そして莉佳子から記録会の話を聞き、見届けたいと伝えると部長に話してくれて、マネージャー扱いならと許可を貰う。
記録会当日、本とかで予習をして手際良くマネージャー業をこなしつつ、莉佳子にもしっかり声をかけるのだった。
そのお陰か莉佳子は学内ベストを更新する大健闘、そうして部員たち皆からも祝福されるのだった。
卒業後、莉佳子は選手として活躍しながらもサポート科学を学び、インストラクターとしても働いていた。
遼太郎は普通の会社員になったがランニングをしたりしながら、これからも籍を入れた莉佳子と共に走っていくのだった。

296 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:18:50.09 ID:yYekp1mS0 [48/77]
◎鈴山美里
唯一の化学部の活動を覗いたり、学食の試食会に一緒に参加したり、遊び相手の居なくなったので代わりに相手してあげたり、
そうして美里と多くの時間を過ごし、美里の方も自分と一緒に騒いでくれてノってくれる遼太郎の事を気に入っていた。
そんなある日、美里には憧れている人がいて、それが小さい頃の寂しさを埋めてくれた祖母である事を聞く。
その話を聞きながら美里が他人に元気を与える人でいたいのではと思う遼太郎。
それから数日後の休日、暇な遼太郎が亨に言われて学園に行くと地域交流のスタンプラリーをやっており美里も参加していた。
という事で一緒に回っていたが美里の様子が少しおかしいので聞いてみると、以前話しに出てきた祖母が倒れたらしい。
しかも美里ととの外出中に倒れたらしく色々と気が滅入っている美里、なので遼太郎は想いをぶつけて元気づける。
そうして美里と多くの時間を過ごして、色々な面を知って美里に好意を感じてきた遼太郎はデートに誘う。
美里も初めてデートに誘われた事もあり意識しておりいつもとはちょっと違う感じで、2人でデート内容を考えるのだった。
デート当日は恋人繋ぎで歩く事になり、美里も好反応だったこともあって遼太郎は告白を決意する。
そして放課後、化学部にいつも通りの2人きりの状況で告白、美里も好きだと受け入れてくれて無事に恋人になる。
それからは、朝から美里が部屋まで起こしに来てキスをしてきたり、初デートでは互いの事を知り合ったり、
夏休みには美里からくっついて来た事が原因で初エッチ、避難訓練では一緒に全力疾走をしたり、
色々と不安を感じた時は美里に思いっきり甘えたり、逆に頭を下げて美里に甘えてもらったり、イチャイチャして過ごす。
そうして卒業式も間近のある日、表面上はいつも通りに元気に見せれる美里に遼太郎は泣いても構わないと言う。
そしてその日の放課後、化学部の部室で卒業したくないと泣く美里を慰める遼太郎だった。
それから数年後、社会人となった遼太郎と美里は入籍、ずっと美里に振り回されるような日々を過ごしていくのだった。

297 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:19:10.59 ID:yYekp1mS0 [49/77]
◎烏丸裕香
放課後、SPをやっている克己が気になって屋上にいるという噂の裕香達の元に向かって話しかけてみる遼太郎。
裕香からも興味があるという事で話してくれる事に、という事で克己から色々と聞く事が出来た遼太郎。
それで裕香に克己が付いているのは一般教養は付けさせたいが、彼氏が出来るのはダメという烏丸父が原因であると知る。
そうして自分じゃなく克己に話しかける遼太郎に興味を持った裕香、そして学園で自分を怖がらない相手が貴重な克己、
二人の意見が重なった事で遼太郎は男でありながら裕香と直接話す許可をもらうのだった。
ある日、裕香が克己から逃げ出している姿を見かけ、何か事情があるのかと思って克己に嘘をついて裕香から話す。
そして裕香と2人で話してみて、仕事とはいえ克己が常にいる事で自由の無い事に気落ちしている事を聞く。
友人達と楽しく遊びたいというので遼太郎は瑛美の事を話し、瑛美にも裕香の事を話しておく事を提案する。
それから数日後に瑛美とも仲良くなれたと裕香から聞き、そして裕香と克己から感謝される。
そうして過ごしている内に遼太郎の中で裕香の事が大きくなっていき、裕香も遼太郎を意識していく。
という事で想いがバレている克己に相談する事に、克己も許可してくれて裕香とデートする事になった。
当日、克己は離れた場所にいるので実質的に2人きりでデートを思いっきり楽しんだ遼太郎達。
別れの時間の前に再び2人で出掛けたいとなり、裕香は必ず父に認めさせて見せると言うのだった。
そして最後に裕香は遼太郎が好きだと告白、そのまま克己と一緒に帰っていった。
それから覚悟を決めた遼太郎は克己に協力してもらって放課後の屋上に裕香と2人っきりになる様にしてもらう。
告白しようとした時、先に裕香から付き合ってくれと言われて了承、その後に遼太郎も好きだと告白して恋人に。
それから克己が首を覚悟で烏丸父を説得したお陰で学内での護衛は無くなり、裕香と2人の時間が増える。
そして初日の朝に裕香の乗るリムジンで一緒に登校した結果、一瞬で有名人になってしまった遼太郎。
放課後に帰ろうにも人だかり、そこに裕香と克己が来て、克己が周囲に対して言ってくれたので遼太郎も続く。

298 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:20:11.22 ID:yYekp1mS0 [50/77]
そして夏休みに入ったある日、裕香が部屋に遊びに来る事になり亨と瑛美は空気を呼んで外出してくれる事に。
克己も時間になったら迎えに来るらしく2人きりに、そこで裕香の方からエッチしたいと言われる。
心から好きになった相手だから、絶対に別れたくないから、そんな事を言われて断れる訳もなくエッチ。
それから両親には秘密だが学内では公認という状態で付き合い続けていき、クリスマス当日になる。
夜は家族で過ごすというのでそれまで裕香とデート、その途中のファミレスで烏丸父とその秘書にバッタリ遭遇。
遼太郎は腹を括って暴走しそうな烏丸父を自分達の席に誘う事に、そして遼太郎より先に裕香が私の彼氏宣言。
烏丸父は卒倒、代わりに秘書が話を聞いてくれるという事なので鬱憤の溜まった裕香は全部ぶちまける事に。
秘書も色々と受け入れてくれて遼太郎には気持ちだけじゃなく力も必要だと助言、そしてその場は任せる事に。
その後、秘書が烏丸父に話してくれたお陰で後日話し合いの場をちゃんと設けてくれる事に。
それから烏丸父も認めてくれて、遼太郎は後継者になる為に大学に通いながら色々と勉強。
裕香とは卒業を待って入籍する事に、そうしてずっと裕香の傍にいる遼太郎だった。

◎吉村凛
放課後、凛と帰る事になりそこで学園の男子が苦手だと聞き、その理由を聞こうとするがその前に逃げられてしまう。
それから凛のバイトの話を聞いたり、少しずつ一緒に過ごす時間が増えてきたある日、『学園のメドゥーサ』という噂を聞く。
その正体が凛である事には気づいたが、わざわざ前髪で顔を隠しているので聞かない事にする。
凛の方も遼太郎を意識していき、そしてあからさまにデートの様な提案をされて遼太郎は凛に好かれているのではと思う。
そうすると一気に今まで以上に凛の事を意識し、後日予定を考える事を提案してその日は別れる事に。

299 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:20:32.81 ID:yYekp1mS0 [51/77]
そしてある日、凛から相談があると言われて遼太郎はデートなのではと思いながらも了承、そして当日になる。
その日の凛は片目だけが見える様に髪型を変えており、遼太郎はいつも以上にドキドキを感じるのだった。
ファミレスで少し過ごし、そして学園の屋上に来る事になりそこで学園の男性が苦手になった原因を話してくれるという凛。
姉の提案で去年のミスコンに出て優勝、そしてメドゥーサのあだ名がついたのが原因である事は話してくれる。
そうして凛が自分に好意を持っていると確信した遼太郎は告白を決意、数日後の学園の放課後で会う約束をする事に。
そこで告白、凛も無事に受け入れてくれて恋人になり、遼太郎は今後も2人の時は顔を見せてくれと提案し、凛も受け入れてくれる。
それから初デートは最初はぎこちないが段々と打ち解けていって最後はバカップルな感じになったくらいだった。
そうして過ごしていき、そろそろ名前で呼び合いたい遼太郎は家に招く事に、亨と瑛美も気を使って外出してくれる事に。
ついに部屋にやってきた凛に名前呼びがしたいと提案するつもりだったが凛はエッチだと完全に誤解していた事が誤爆。
そのまま名前の呼び合いからキスのし合いになり、気分が高まって結局エッチするのだった。
それから凛が学園でも顔を出す様になったり、バレンタインには凛からプロポーズされたりしながら過ごしていくのだった。
そうして3年、凛と遼太郎は同じ大学に通う事になり、2人で未来について話し合うのだった。

300 名前:Eスクールライフ[sage] 投稿日:2019/12/24(火) 21:20:57.05 ID:yYekp1mS0 [52/77]
◎狭山恵梨奈
偶然から恵梨奈と過ごす日々が増えたある日、ちょっと過保護気味に色々と気を使っくれる恵梨奈に何故そこまでしてくれるか聞く。
するとほっとけない感じがあるのだとか、それにある程度は気に入っている生徒でもあるらしい。
修学旅行中にお土産を買う事を頼まれる代わりに連絡先を受け取ったり、親密度を深めていく。
そして夏休み前には遼太郎と会えないのは寂しいからと夏期講習に誘ってくれる程、遼太郎もそんな恵梨奈に惹かれていく。
デートに誘うのも難しいと考えて告白を決意、そこでまずは相談と称して恵梨奈本人に色々と聞いてみる。
そこで恵梨奈からも良く思われていると感じ夏休み直前に告白、関係を公表は出来ないが受け入れてくれて恋人になる。
それからは教師故にあまり時間は取られないが合間を縫って恵梨奈との時間を過ごしていく遼太郎。
映画で雰囲気が盛り上がってそのまま初エッチしたり、家庭訪問として恵梨奈が家にやってきたり、他の女学生に嫉妬したり、
そうして無事に迎えた卒業式にプロポーズ、恵梨奈も受け入れてくれて今後は同棲しながら共に歩んでいくのだった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

編集にはIDが必要です