美容クリニック・エステwiki - 脂肪細胞
[PR]クリニックやエステの割引クーポンが満載!
美容情報検索サイト alluxeWEB
[PR]街で見かけたオシャレな女の子のSNAPやファッションNEWSなどを毎日UP!!!
SGS -ストリートガールズスナップ-

脂肪細胞とは、脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞のこと。
脂肪細胞は成人で2500〜300億個あり、いったん脂肪細胞の数が増えると、ほとんど死滅しないという特徴があります。
脂肪細胞の脂肪蓄積量が増大すると肥満になり、脂肪細胞が最も増えると言われている時期は、胎児期、乳児期、思春期ということが明らかになっています。
脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。
白色脂肪細胞は、大量の脂肪を蓄え、中性脂肪としてエネルギーを体内に貯える作用があります。
褐色脂肪細胞は、余分なエネルギーを熱として放出する働きがあり、その数は幼児期が一番多く、成人になると激減してしまいます。
褐色脂肪細胞を活性化させると太りにくくやせやすい「やせ体質」になることができると言われています。
褐色脂肪細胞を活性化させるには、水泳などの温度が低いところで行なう運動が適しています。

美容事典【痩身】に戻る
美容事典【wiki】に戻る
美容クリニック・エステwikiトップページへ

ピックアップ特集![PR]



もっと痩せたい、美肌になりたい
エステや美容クリニックでお得に
美容メニューを受けたい方に!
他にはない限定割引も掲載中