1999年にネット上で始まり現在は連載中止中の、人気ゲームFFシリーズの1〜8をmixさせた二次創作作品FINALFANTASYν(FFν)、さらにニコニコ動画にアップされている非公式の続編その後のFFνの設定や登場人物をまとめたwikiです。http://www.nicovideo.jp/mylist/4209405

・ナルシェの雪原、前線部4
 帝国の部隊を突破したバッツ達。

バッツ
「あとはお前達だけだ!」
帝国兵A
「く……!」
バッツ
「……あんた達がここで引くなら、俺達はこれ以上深追いはしない! 引いてくれ!」
帝国兵A
「…………」
バッツ
「どうするんだ!?」
帝国兵A
「……ガストラの名誉にかけてそんなことはできん!」

魔導アーマーがバッツを攻撃する。

バッツ
「くっ!」
ガラフ
「……バッツ、仕方あるまい。いくぞ」
バッツ
「ああ……」

 レオのショックに吹き飛ばされるバッツ。

バッツ
「うわぁ!」
エリア
「バッツさん!」

 レオが兵数人を率いて現れる。

帝国兵B
「レオ将軍!!」
レオ
「君達は引くのだ。ここは私に任せろ」
帝国兵B
「しかし……」
レオ
「これは命令だ。退路は私の部下が確保している。今のうちに引け!」
帝国兵B
「わかりました……」

兵を引かせ、バッツの前に出るレオ。
レオの部下は他の部隊の救援に向かう。

レオ
「…………」
バッツ
(将軍か……!)
レオ
「君が、ダークナイト将軍やガーランドを退けたというイレギュラー……バッツ=クラウザー」
バッツ
「……そうだ」
レオ
「私はレオ=クリストフ。将軍だ」
バッツ
(やるのか……? でも、こっちは四人。向こうの方が数では不利だけど)
レオ
「……ぜひともお手並み拝見したいところだが、そうはいかない」

 後退するレオ。

ロック
「待て!」
ガラフ
「待つんじゃロック!」
ロック
「どうしてだよガラフ! 今ならあいつを!」
ガラフ
「年寄りの勘……という理由ではいかんか?」
ロック
「勘!?」
ガラフ
「そうじゃ。彼は、ここで殺してはいかんと感じたのじゃ」
ロック
「でもよ!」
バッツ
「ロック。俺もガラフに賛成だ」
ロック
「バッツまで!」
バッツ
「あの人と対面した時、ガーランドやダークナイトと対面した時とは違う感じがしたんだ。それに、さっき退路がどうとか言っていたし、恐らく……」
ロック
「撤退……か」
ガラフ
「そうじゃ。相手が撤退するならそれでよかろう。必要以上に戦果を求めるとこちらが火傷してしまうぞい」
ロック
「……確かにそうだな。それにセリスが言っていたけどあのレオって将軍が総指揮官らしいしな。彼が撤退するって言うんなら撤退なんだろうな」
エリア
「でも、どうして撤退なんでしょう? まだ向こうも戦えると思うんですけど」

 バッツ達の前にゴウが現れる。

ゴウ
「よぉ!」
バッツ
「ゴウさん! どうしてこんな所に!?」
ゴウ
「ありゃ? 色男の王様から何も聞いてねぇのかい?」
バッツ
「エドガーからって……どういうことだ?」
ロック
「そもそも、ティンバーとナルシェの仲は険悪だったはずだろ」
ゴウ
「確かにそうだがよ、王様が首領を説得したんだよ。ガストラ、バロン両国に対抗するのに、いつまでも過去の事を気にしていたらいかんってな。
俺も最初は反対だったんだがよ、最後には王様の熱意に負けちまったね。確かにガストラは強力だから、ティンバーだけでは厳しいしよぉ。
だから、昨日レジスタンスなり傭兵なりが集まって決めたのさ!フィガロ王には連絡したんだけど、聞いてなかったんだな」
バッツ
「……エドガー、また黙ってたのか」
ロック
「……でも、今回は黙っていた方が良かったと思う」
エリア
「どういうことですか?」
ロック
「今回の作戦はサミットも兼ねている。サミットの目的はナルシェにも協力してもらうことだろ。そう考えると……」
バッツ
「そうか! 救援要請してないティンバーが支援したという事実がナルシェを説得する材料になるってことか! エドガー、考えたな」
ロック
「それに、作戦会議の時に言うと必ずナルシェに反対されるからな。だから、あえて俺達にも黙っていたんだろ」
ゴウ
「そういうことよ! おっと、いつまでもここで話している暇はねぇな! 他の所も助けに行くぞ!」
バッツ
「ああ!」


FINAL  FANTASYν
第117話「幻獣を守れ! 其の弐」


・ナルシェの雪原、前線部2
 セシルがダークナイトと戦い、ローザはそのサポート。
ファリス達は帝国兵や魔導アーマーを抑えている。

ダークナイト
「ふん!」

 ダークナイトがセシルを攻撃し、ブラッドソードの力で傷が治る。

セシル
「!」
ローザ
「ケアル!」

 セシルにケアルをかけるローザ。

ダークナイト
「そちらは白魔導士……こちらはブラッドソード。なかなか埒が明かんな」
セシル
(これでいいんだ……。僕達でこいつを抑えるしかない!)
ダークナイト
「期待はずれだ。セシル=ハーヴィ」
セシル
「!」
ダークナイト
「バッツ=クラウザーは一人で俺とやりあった。しかし、お前のその暗黒の力……俺の力には遥かに及ばない。だから貴様は一人では俺と戦えん」
セシル
「…………」
ダークナイト
「貴様はもういい。これで終らせてやる。
インフェルノブレイド!!」
セシル
「ローザ!」

 ローザをかばい、ダークナイトのインフェルノブレイドを食らうセシル。

ローザ
「セシル!!」
ダークナイト
「女を庇ったか。だが、もう一撃放てば女も終わりだ」
セシル
「くそっ……」

 突如、横から来た攻撃を受けるダークナイト。

ダークナイト
「何だ?」

 ラグナ、キロス、ウォードが現れる。

ラグナ
「待て待てそこの大悪党〜!」
キロス
「ラグナ君。そのセリフはどうかと思うが……」
ウォード
「…………!」
ラグナ
「いいんだよこれで! ウォードもキロスに同意してんじゃねぇ!
《ダークナイトの闇の攻撃を何とかかわし》
うおっと!」
セシル
(あの人達は……飛竜で風の神殿に行った時に会ったバッツの知り合いの人達だ)
ダークナイト
「どこの誰かは知らんが、邪魔だ」
ラグナ
「どこの誰とは失礼な! 俺には立派なラグナ=レウァールっていう……」
キロス
《ラグナを押し退け》
「この戦いにバッツ君やティナ君やレナ姫も絡んでいると聞いたのでな。しかも相手はガストラ。見てみぬふりはできまい」
ダークナイト
「なるほど。バッツ=クラウザーの知り合いか。だが、貴様ら程度の人間が増えたところで……」

 魔導アーマーを倒し、ファリスが駆けつける。

ファリス
「すまない! あっちにかなり手間取っちまった!」
ダークナイト
「…………」

 伝令兵が来る。

伝令兵A
「ダークナイト将軍!
レオ将軍から伝令です! 敵増援の出現により作戦の成功は困難! よって全軍、撤退とのこと!」
ダークナイト
(……作戦の達成は不可能ではない。しかし撤退か。まぁよかろう)
「了解した。……全軍撤退!」

 後退するダークナイト達。

ラグナ
「あ! 待ちやがれ!

 追いかけようとするラグナだが、ダークナイトの闇の攻撃に阻まれる。

ラグナ
「うおお!」
キロス
「ラグナ君。あいつは強いぞ。深追いすればこちらが怪我をするだけだ」
ラグナ
「仕方ないな。ま、セシル君が無事で何よりだ」

 ローザがセシルに回復魔法をかける。

セシル
(……僕の力ではやっぱり)
ローザ
「セシル……」


・ナルシェの雪原、前戦部3
 ガーランドと戦っているクラウド。
ティファとエアリスは魔導アーマーの相手をしている。

ガーランド
「どうしたんだ? 生意気な口叩いてた割には防戦一方じゃねぇか!」
クラウド
「…………」
(そろそろ仕掛けるか……)
「Limit Lv1……ブレイバー」
ガーランド
「来たか!」

 クラウドの一撃を受け止めるガーランド。

ガーランド
「そんな隙だらけの攻撃したら、こうなるんだよ!」

 ガーランドのカウンターを受けるクラウド。

クラウド
「Limit Lv2……破晄撃!」

 クラウドが全く別の方向へ破晄撃を放つ。

ガーランド
「どこ向けて撃ってんだ!?」
クラウド
「…………」
ガーランド
「この程度だったか……。がっかりだぜ」

 二段目の破晄撃を食らうガーランド。

ガーランド
「うぐっ!」
クラウド
「……敵の背後から攻撃できるのはお前だけじゃない」
ガーランド
「さっきの攻撃、二段攻撃か……!!」
クラウド
「Limit Lv1――SECOND 凶斬り!」

 クラウドの凶斬りを食らいガーランドが吹き飛ぶ。

ガーランド
「……やってくれるじゃねぇか! 肉を切らせて、骨を断つってか!?」
クラウド
「…………」
ガーランド
「……面白くなってきたな」

 伝令兵が現れる。

伝令兵B
「将軍!」
ガーランド
「……なんだ?」
伝令兵B
「レオ将軍より伝令! 全軍撤退です!」
ガーランド
「……せっかく面白くなってきたところなのによ。だが仕方ないか」

 兵達が撤退する中、立ち止まるガーランド。

ガーランド
「そういえば……
お前のその瞳……ソルジャーか?」
クラウド
「……元ソルジャーだ」
ガーランド
「なるほどな。ソルジャーの実力ってのはこれくらいなのか。……セフィロスはもっと強いんだろうな」
クラウド
「…………」
ガーランド
「まぁ、面白そうな敵が増えたのはいいことだ。また、手合わせ願いたいぜ」

 ガーランドが後退する。

ティファ
「クラウド、大丈夫?」
クラウド
「ああ」
ティファ
「ごめんね、魔導アーマーに苦戦しちゃってなかなか加勢できなくて」
クラウド
「気にするな」
エアリス
「でも、あいつを追わなくていいの?」
クラウド
「……あいつはどこか余裕があった。恐らく、何か切り札があったんだろう。俺も手負いの身だし、無理してあいつを倒そうとすると逆にやられていたかもしれない。相手が引くなら、それでいい」
エアリス
「ふ〜ん」
クラウド
「それに帝国の将軍に、俺は興味はない。……セフィロス。俺の目的はあいつを見つけることだけだ」
ティファ
「クラウド……」


・ナルシェの雪原、前戦部1
 ヘルズハーレーと戦い続けているマッシュ達。

セリス
「……ケアル」

 自分を含め、キスティス、シュウにもケアルをかけるセリス。

キスティス
「あの獣も相当タフね……多少の攻撃にはビクともしないわ」
シュウ
「下手したらアルケオダイノス級の体力があるのかもしれないわ」
キスティス
「だとしたらやっかいね……」
セリス
「……あの獣はヘルズハーレーの闘気の影響を受けているわ。彼の近くにいるから、身体能力を完全に発揮している」
キスティス
「獣の力も引き出す、か。魔獣使いっていうだけあるわね……」
マッシュ
「つーことは、上に乗ってる奴をぶっ飛ばしてやる必要があるってことか」
セリス
「あなたのオーラキャノンなら、それができるかもしれないわね。私の魔法では威力が弱いし、彼女達の攻撃はそもそもまともに当たらない」
マッシュ
「……けど、オーラキャノンを当てるのも難しいぜ。一番いいのは強引に下ろしてやればいいんだろうけどよ」
セリス
「それができたら苦労しないわ。……でも、ヘルズハーレー自身の実力はガーランドには及ばないのは確かよ」
マッシュ
「本当か?」
セリス
「ええ……。もちろん油断ならない相手ではあるけど。彼が将軍になったのは生まれた家柄と人望、実績と特異な能力によるもの。直での戦闘なら私達四人でも十分対処できるわ」
マッシュ
「…………」

 ヘルズハーレーがさらに闘気を放ち、押されるマッシュ達。

マッシュ
「くっ!」
(どうすればいい……! あいつに一撃何か強力なものを当てればいいんだ! ……そういえば!)

ダンカン(回想)
(マッシュ……気には次のステップがある。即ち、気の力の具現化なり!)

マッシュ
(気の力の……具現化。おししょうさまがおっしゃっていた、最終奥義のための気の次のステップ。
いちかばちか……やってみるしかねぇ!)

 目を閉じるマッシュ。

ヘルズハーレー
「……敵を前にして目をつぶるとは、愚の骨頂だ」

 炎の闘気で作ったマッシュの分身が三つ現れる。

マッシュ
「できた……!!」

 マッシュの分身がヘルズハーレーを攻撃する。

ヘルズハーレー
「何だ……これは?」
シュウ
「マッシュさんの……分身!?」
マッシュ
「闘気には、こういう使い方もある! 今の俺にはこれが限界だけど、これで十分だ!!」

 マッシュの分身が再びヘルズハーレーを攻撃する。

マッシュ
「名づけて……鳳凰の舞!!」
ヘルズハーレー
「何をするかと思えば……炎の魔法とこれでは変わらんではないか。この程度の威力では我らは止められん」
マッシュ
「…………!」

 マッシュの分身が一つになりヘルズハーレーを抑える。

マッシュ
「捕まえたぜ……!」
ヘルズハーレー
「何!?」
セリス
「なるほど。闘気を具現化し遠隔操作するのか」
シュウ
「凄いわね……そんなことができるなんて」
キスティス
「シュウ! 感心してる場合じゃないわよ!」
シュウ
「そうだったわね!」
ヘルズハーレー
「く……離れん!!」
マッシュ
「メテオストライク!」

 マッシュの分身が、ヘルズハーレーを獣から引き離す。

セリス
「動きが遅くなってる! 今よ! マッシュ!」

 マッシュ、セリスが獣を攻撃。

セリス
「はぁ!」
マッシュ
「オーラキャノン!」
ヘルズハーレー
「く……!」
キスティス
「させないわ!」

 ヘルズハーレーを牽制するキスティスとシュウ。

マッシュ
「爆裂拳!」

 マッシュの爆裂拳が直撃し、獣が倒れる。

ヘルズハーレーの獣
「グオオオオオォォォォ……」
セリス
「……これで、あの獣はお終いね」
ヘルズハーレー
「…………」
マッシュ
「ハァ……ハァ……まだ……やるのか」
ヘルズハーレー
「……私の中に驕りがあった。マッシュ=フィガロの力量を見誤ったな」
マッシュ
「…………」
ヘルズハーレー
「……その土壇場での成長力、素晴らしいものだ。ガーランドの評もあらためんといかんな」
セリス
「引く気はないのね?」
ヘルズハーレー
「当然……! ガストラの名誉にかけて死ぬまで戦うのが私の宿命!」

 剣を抜くヘルズハーレー。

セリス
「……何度も言うけどガーランドには及ばないといっても、彼は強敵よ。油断しないで」
マッシュ
「ああ、わかってる!」
ヘルズハーレー
「では……参る!」

 レオのショックがヘルズハーレーとセリス達の間に炸裂。

シュウ
「きゃあ!」
セリス
「この攻撃は……!」

 レオが現れる。

ヘルズハーレー
「レオ将軍……!」
レオ
「ブッフヴァルト将軍。あなたには帝国のためにまだまだ尽くしていただかねばなりません。……ここは引いてください。全軍撤退です」
ヘルズハーレー
「……撤退?」
レオ
「敵に救援が来ました。これは私の判断です。わかってください、将軍」
ヘルズハーレー
「……了解した」

 後退するヘルズハーレー。

キスティス
「また将軍……」
マッシュ
「こいつが……レオ将軍」
セリス
「…………」
レオ
「……セリス将軍。いや、元将軍か。……久しぶりだな」
セリス
「…………」
レオ
「主君を裏切った君は制裁せねばならない……。しかし、今はその時ではない。
今回は我々の負けだ。君達の力、さすがだ。他の将軍達が手を焼くのもわかる……」

 後退するレオ。

マッシュ
「待ちやがれ!」
セリス
「マッシュ、やめときなさい」
マッシュ
「でもよ!」
セリス
「彼は……悪い人間ではないわ。それに強い。戦わずにすむのなら、それにこしたことはないわ」
マッシュ
「確かに、他の奴らと違って嫌な雰囲気は無かったけどよ」
セリス
「それに、万全の状態でもガーランドに敵わない貴方では勝てないわ。……勿論、私もね」
マッシュ
「…………」
キスティス
(……セリスさんの言動、ちょっと引っかかるわね)


・ナルシェの雪原、最後方
 静かになった戦場を見つめるエドガー達。

リディア
「敵さん、こなくなったね」
エドガー
「撤退の情報は正しかったようだな」
ゼル
「いや〜よかったぜ。一時は突破されそうになるくらい敵も押し寄せて来てたしよ。ま、俺達にかかればたいしたこと無かったけどな」
セルフィ
「俺達ってほとんどスコールが頑張ってたじゃん」
ゼル
「俺だってもっとやれてたよ! だけどスコールが先に先に倒していくから……」
スコール
「…………(うるさい奴だ)」
エドガー
「でも、君達の働きはなかなかだった。君達のおかげでこの防衛線を完全に守りきることができたのは確かだよ」
セルフィ
「ありがとうございま〜す!」
ゼル
「俺達はSeeDですからね!」
スコール
「…………」
レナ
「でも、ビックリしました。いつの間にレジスタンスの人達と話をつけていたんですか?」
セルフィ
「あっ! それ私も気になります!」
エドガー
「……バナン先生が到着し、会議を終えた後だ。先生と共に首領の下へ向かい説得にあたったのだ。ガストラに対抗するには、ナルシェとティンバーの協力が不可欠だと。
その時はいい返事はもらえなかった。むしろ、気が進まなかったようだが……。どうやら、我々が発った後に決断してくれたようだ」
レナ
「ということは、もしレジスタンスの人たちがナルシェと友好関係を築くことを拒んでいたら……」
エドガー
「増援は無かっただろうし、もっと苦しい戦いになっていただろうな。……首領には感謝せねばなるまい」
(ナルシェをサミットで説得する材料はこれで十分。あとは……ティナがどうなるかだな)


 第118話へ続く

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます