1999年にネット上で始まり現在は連載中止中の、人気ゲームFFシリーズの1〜8をmixさせた二次創作作品FINALFANTASYν(FFν)、さらにニコニコ動画にアップされている非公式の続編その後のFFνの設定や登場人物をまとめたwikiです。http://www.nicovideo.jp/mylist/4209405

・古代図書館、通路
バッツ達の所へ急ぐクラウド達。

ボルタ
「こっちです!」
クラウド
《突然、膝を突く》
「うっ!」
レナ
「どうしたんですか!? クラウドさん!?」
クラウド
「……すまない……少し眩暈がした」
(……相変わらず気分はおかしなままだ。セフィロス、あいつがいたからなのか?)
エアリス
「レナちゃん! ヘイストは使えそうなの?」
レナ
「わかりません……。正直、ぶっつけ本番でやるのは難しいと思います」
エアリス
「そりゃそうよね……。この短期間で、しかも急ぎながらじゃ無理か……」
レナ
「……やれるだけの事はやってみます」
ガラフ
「ヘイスト……ヘイスト……!!」

 頭を抱え、膝を突くガラフ。

レナ
「ガラフ!!」
エリア
「だ、大丈夫ですか〜!?」
ガラフ
「頭が痛い……!!」


???
「そんなにド……ンにやられたのが悔しかったのか?」
???
「ああ! そうだとも! だからガラフ、魔法も得意なお前の協力が必要だ! ゼ…には時魔法は絶対無理だからな。
ヘイスト状態のルパインアタックならば……! ドル……とて俺の動きを見切れんはずだ!!」
???
「わかったわかった。時魔法は専門外だが、いい機会だしやってみるか」


ガラフ
「ひるがえりて……来たれ……幾重にも……その身を刻め……ヘイスト」
レナ
「! ガラフ、それは!?」
ガラフ
「ヘイストの詠唱……。ワシは結局ものにできんかったが、レナ。スロウを使えるお主なら……」
ティファ
「もしかしてガラフさんの記憶が、少しずつ戻ってきているのかしら……?」
ガラフ
「……もう大丈夫じゃ。早くせんとバッツらが危ない。急ぐぞい、レナ!」
レナ
「はっ、はい!」


FINAL FANTASYν
第126話「ビブロスの咆哮」


・古代図書館、地下書庫2
 ビブロスと戦うバッツ達。
ファリスが攻撃を引き付け、バッツとマッシュはサポートに回っている。

バッツ
「岩砕き骸崩す地に潜む者達集いて赤き炎となれ! ファイア!」

 ファイアを放つバッツ。

ビブロス
『ぐごごごご!』
マッシュ
「オーラキャノン!」

 続いてマッシュがオーラキャノンを放つ。

ビブロス
『こっちかっ!!』
ファリス
「お前の相手は俺だっ!」

 ビブロスに斬りつけ、注意を逸らすファリス。

ビブロス
『邪魔な虫けらめっ!』

 ファリスがドレインをくらい体力を奪われる。

ファリス
「うぁぁぁぁっ!」
バッツ
「ファリス!!」
マッシュ
「またドレインかよっ! このままだとファリスがもたないぞ!」
バッツ
「こうなったら一か八かっ!」
ファリス
「駄目だっ!」
バッツ
「でもっ!」
ファリス
「こいつに一気に引導を渡せるのはお前ら二人だ! でも今のお前達の状態では無理。それどころか致命傷すら受けかねない! だったら、お前らが万全になるまで俺が粘るまでだっ!」
マッシュ
「バッツ。……ファリスの言うとおりだぜ。レナやクラウド達が帰ってくるまでは、今は耐えるしかねぇ」
バッツ
「ファリス……!」
ビブロス
『そんなに死にたいのか……。ならば貴様から葬りさってやろう!!』

 攻撃しようとするが、マッシュのオーラキャノンに阻まれる。

ビブロス
『うごっ!』
ファリス
「でやぁぁぁっ!」

 ビブロスに斬りかかるファリス。

ファリス
「俺はまだ死なない! 死ねないっ! 俺には知らなくちゃあいけない事が、まだまだたくさんあるんだよッ!!」
ビブロス
『黙れぇぇぇ!』

 かまいたちをくらい吹き飛ばされるファリス。

ファリス
「うわぁぁっ!」
バッツ
「ファリス!!」

 レナ達が来る。

レナ
「ひるがえりて来たれ、幾重にもその身を刻め……ヘイスト!」

 レナがマッシュにヘイストをかける。

マッシュ
「体がっ!?」
エリア
「やりましたよ、レナさん! 成功したみたいです!」
マッシュ
《ビブロスの前に出る》
「今まで色々とやってくれたじゃねぇか……! こいつはお返しだぜ!!
鳳凰の舞!」

 鳳凰の舞いを使うマッシュ。

ビブロス
『無駄だっ!!』
マッシュ
《ビブロスの攻撃をかわす》
「二度目は当たらねぇぜ!!
爆裂拳・双!!」

 マッシュと分身の爆裂拳・双がビブロスに直撃する。
 バッツもヘイストをかけてもらい援護する。

バッツ
「くらえ! 魔法剣ファイア!!」

 ファイア剣を放つバッツ。

ビブロス
『ぬおおおっ! だが、無駄だ!!』
リディア
「させないよ!」

 リディアがイフリートを召喚する。

ビブロス
『イ、イフリート!!』
イフリート
『……ビブロス。我が眠っている間に勝手をしようとしていたようだが、そうはさせんぞ。古代図書館の守人として、貴様を倒す』
リディア
「いっけぇぇぇぇ!! イフリートさん!!」
イフリート
『地獄の火炎!!』

 地獄の火炎を放つイフリート。

ビブロス
『うごごごごご……』
マッシュ
「やったのか!?」
ビブロス
『ここまでか……。
だが我が主の封印は、空高く解き放たれるのだ!』
バッツ
(……また主か)

 咆哮をあげるビブロス。

ビブロス
『うごごごごごご……』

 ビブロスが倒れる。

バッツ
「終わった……!」
リディア
「う〜。一日に二回も幻獣さんをよんじゃったから、もうへとへとだよ〜」
マッシュ
「凄いじゃねぇかリディア。イフリートをものにしただけじゃなく、一日に二度、召喚できるようになったって事だよな」
リディア
「エヘヘヘ……」
エアリス
「ケアル!」

 ファリスにケアルをかけるエアリス。

ファリス
「……ありがとう、エアリス」
エアリス
「その様子じゃだいぶ無理したみたいね」
ファリス
「まぁな。レナが間に合ってよかったぜ。おかげで一気にけりがついた」
レナ
「ガラフが詠唱を思い出していなかったら、もしかしたら間に合わなかったかもしれなかったわ」
バッツ
「思い出したってガラフ、本当かよ!?」
ガラフ
「いや、思い出したといっても殆ど断片的なものじゃ。完全に思い出したわけではない」
バッツ
「そうか……。
とりあえず、今回はファリスが冷静だったからなんとかみんなが来るまで粘れたよ。ありがとうな、ファリス」
ファリス
「……お前がうっかりしてなきゃ、俺はもっと楽できたんだけどな」
バッツ
「うっ、そ、それは……」
エリア
「それより、ミドって子は無事なんでしょうか?」
バッツ
「あ、そういえば!!」

 ミドに走り寄るバッツ達。

バッツ
「ミド!」
ミド
「…………」
バッツ
「ミド!!」
ミド
「…………」
バッツ
「聞こえていないのか……?」
ミド
「……これならいける!」

 振り返ったミドがようやくバッツ達に気づく。

ミド
「あれ? どうしたんですか、ボルタさん? それに、この方達は……!」
バッツ
「やっぱり君は……!」
エリア
「カルナックで不良さん達に絡まれていた男の子!」
ミド
「あの時の! どうしてここに?」
バッツ
「どうしてって聞かれても……。ちょっと返答に困るんだよな」
ボルタ
「とりあえずミド、何を見つけたんだい?」
ミド
「この本です! この本ならお爺ちゃんを元気付けられるかもしれない! 早くお爺ちゃんのところへ行かないと!」
ボルタ
「わかった、ミド。みなさんも一旦上へ戻りましょう」


・古代図書館、中央広間
 ミドの見つけた本について話を聞くバッツ達。

ミド
「僕が見つけた古代文明の文献の中に、船の動力機関として使えそうな理論が載っていました。実現させるのはかなり難しそうですが、僕のお爺ちゃんならきっとできます!」
ファリス
「具体的にどういう事が書いてあるんだ?」
ミド
「本来は船に使う動力機関ではないようです。あくまで応用すれば海の上でも使う事ができるかもしれないと著者が述べているだけです。
どうやら、この著者の生まれたところには海はなかったようなので、実際に試してはいないみたいです」
ファリス
「生まれたところに海が無かったのに、そんな事ができるって考えたのか?」
ミド
「……その部分はよくわからないです。古代文明の文献ですし、どこまで内容を信用していいのかわからないというのも事実です。
ですが、僕の見積もりでは動力機関の理論自体は実現可能だと思います。この本のままでいけば、火力船の七割程度の力が期待できます。そこから構造や、部品の見直しを行えば……」
バッツ
「う〜ん……」
ファリス
「クリスタルをパワーソースにした時と同じくらいの力を発揮できるかもしれない、って事か」
ミド
「そういう事です。もうこれ以上落ち込んでいるお爺ちゃんを見たくありません。だから、この研究に打ち込んでもらいたいんです」
エリア
「それでシドさんが、元通りに元気になってくれればいいんですけど……」
ミド
「僕のお爺ちゃんは研究者です! こんな魅力的な理論を聞いて飛びつかないわけがありません!」
バッツ
「とりあえず、ボルタさんに用意してもらった文献を調べよう。それからカルナックに戻ろう」
ボルタ
「ミド。君もこの人達と一緒にカルナックへと戻った方がいい。その方が安全だ」
ミド
「わかりました。
みなさん、よろしくお願いします」


その後バッツらはボルタに用意してもらった文献を分担して読んでいったが、
結局土のクリスタルの手がかりを見つける事はできなかった。


・カルナックの宿、ティナの部屋
ティナが一人でいるところにドアがノックされる。

ティナ
「……誰?」
ロック
「ティナ、俺だ。入っていいか?」
ティナ
「……どうぞ」

 部屋に入るロック。

ロック
「体調はもうすっかり大丈夫みたいだな」
ティナ
「うん。結構休んだから」
ロック
「顔色も良くなってるし、大丈夫そうだな」
ティナ
「……それだけ?」
ロック
「え?」
ティナ
「それだけ?」
ロック
「い、いや……。あと、バッツ達がもうすぐ帰ってくるそうだ」
ティナ
「本当?」
ロック
「ああ!」
ティナ
「…………」
ロック
(素直に喜びを表に出さないのは前のままだけど、少し前とは感じが変わった気がするな。
……失われていた記憶が戻ってきているんだ。雰囲気が変わってくるのは当たり前か。でも……。
もしかしたら、記憶が戻ったティナは今までの俺達が知っているティナとは、ちょっと違ってくるのかもしれないな……。
《俯いて考え込む》
いや、違う。記憶どうこうじゃない。昔も今も、俺達といるティナはずっとティナじゃないか。記憶があったってなくたって関係ない!
あの時……レイチェルの記憶がなくなってしまった時に、俺はあいつが全くの別人になってしまったように思ってしまった。だから……逃げ出してしまった。
でも、違ったんだ。記憶が無くったってレイチェルは俺にとってそのままだったんだ……! そのままだったはずなのに……!)
ティナ
「……大丈夫、ロック?」
ロック
「!」
ティナ
「……ロック、さっきから少し変」
ロック
「い、いや、なんでもないんだ。気にしないでくれ」
ティナ
「……セリスと何かあったの?」
ロック
「! そ、そういうわけじゃないよ。とりあえず、バッツが着いたらまた来るよ」

 部屋を出ていくロック。

ティナ
「…………」


・街道
歩いていたギルガメッシュが衝撃を感じて立ち止まる。

ギルガメッシュ
「うおっと!!
《膝を突く》
痛ててて……。ビブロスがやられちまったか。まさかこんなに早いとは思わなかったが……やっぱ慣れない事はするもんじゃねぇな。頭が痛いぜ……」

 立ち上がり、一歩進むギルガメッシュ。

ギルガメッシュ
「もしかしたら、バッツ達かもしれねぇな。いや、きっとそうだ。そんな気がするぜ。
《さらに一歩進む》
ミッドガル……。あいつらもきっと来るだろうな。どれだけ強くなっているかな、バッツの奴は。
《さらに一歩進み、立ち止まる》
「……でも、どうやって行けばいいんだ?」

 とりあえず歩いていくギルガメッシュ。


 第127話へ続く

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます