1999年にネット上で始まり現在は連載中止中の、人気ゲームFFシリーズの1〜8をmixさせた二次創作作品FINALFANTASYν(FFν)、さらにニコニコ動画にアップされている非公式の続編その後のFFνの設定や登場人物をまとめたwikiです。http://www.nicovideo.jp/mylist/4209405

○壱番街
 スコール、セルフィ、リノア達B班が退路確保を終える。

セルフィ
「よっし! このあたりからなら安全に列車の所まで行けそうだね!」
リノア
「後はゼルからの連絡待ちね」
セルフィ
「A班は大丈夫かな〜? 爆破、ホントのホントにやっちゃうのかな?」
スコール
「…………」
セルフィ
「どーしたのスコール? やっぱりスコールも不安になってきた?」
スコール
「いや……」

 リノアを見るスコール。

リノア
「ん? 私?」
スコール
「……どうしてわざわざ付いて来たんだ?」
リノア
「そりゃ当然、情報収集ばっかりやらされてたら私達の面子が立たないからよ! ティンバーのレジスタンスの力、あいつらにも認めさせてやるんだから!」
セルフィ
「そーいえばリノア、あのアバランチのリーダーと対面した時も不穏な感じだったよね」


―アバランチアジト(回想)
 アバランチのアジトに到着したクラウド達。

バレット
「……本当にお前らがリターナーなのか? 若い奴や女が多すぎる気がするが」
セルフィ
(ひえ〜、いかつい上に右腕マシンガン! めっちゃ怖そう〜)
ゼル
(確か、俺らが戦ったガストラの将軍にもあんな奴がいたような気が……)
ザンガン
「はっはっは。何を言うかと思えばそんな事か。そこは心配無用。彼らはお主達よりも実戦経験が豊富だぞ。戦闘面では確実に戦力になるだろう」
エアリス
「ザンガンさんの言う通りよ。私達は魔法も使えるしね」
ジェシー
「それはありがたいわね。私達、魔法なんてこれっぽっちも使えないし、マテリアもお金がないから、なかなか買えないしね」
バレット
「フン……。で、そっちが……」
リノア
「私達はティンバーの『森のフクロウ』です」
バレット
「森のフクロウ……。あぁ、思い出した。ティンバーマニアックス社爆破の時に、オレ達と間違って首謀者にされちまったレジスタンスだったか」
リノア
「思い出したなら話は早いわ。……あんた達には言いたい事がたくさんあるのよ」
ゾーン
「あ! リノア!」
リノア
「あんた達のせいでね……!
《詰め寄ろうとしたところをスコールに遮られ》
ちょっと! どうして止めるの!?」
スコール
「……俺達はアバランチと争いに来たんじゃない。協力しに来たんだ」
リノア
「確かにそうだけど!」
バレット
「まぁ、オレもあれには同情する。ちゃんとオレらから犯行声明は送っていたはずなんだがな。かなりおっちょこちょいなヤローがいたんだろうよ」
リノア
「…………」
バレット
「オレらはあんたらの実績を買ってるんだぜ? あのガストラ帝国の皇帝を誘拐しようとしたらしいな。そのクソ度胸は立派だ」
クラウド
(こちらの情報も事前調査済み、という事か)
エアリス
(そこはしっかり把握してるのにリターナーの事を勘違いしているって、結構おっちょこちょいというか……何だか森のフクロウと似てるわね)
バレット
「まぁ、過ぎた事は水に流そうぜ。今は神羅をぶっつぶす事だけに専念しようや。今度の計画ばかりは、協力者が多い事に越した事はないしな。
その時に、あんたらティンバーのレジスタンスがどれ程のもんか見極めさせてもらう事にするぜ」
クラウド
「……早速だが、具体的な仕事内容を教えてもらえないか?」
バレット
「まぁ慌てんな。まだ自己紹介すら済んじゃいねえ。オレの名前はバレット……」


○壱番街

セルフィ
「リノア達にも色々あったんだね〜」
リノア
「あそこまで言われたんじゃ、私達も負けていられないもの! ティンバーのレジスタンスの底力を見せてやるわ!」
スコール
(……こちらとしては、あんたに残っていてもらった方がやりやすいんだがな)
セルフィ
「張り切ってるね〜。私も負けてらんないな!」
リノア
「それに、スコール! 絶対あの金髪ツンツン頭に負けちゃ駄目よ!」
スコール
「……なぜだ?」
リノア
「それもまた色々あったの! アイツ、会った時からずっと私の事無視してるし、腹が立つわ!」
スコール
(……今のは依頼主からの命令って事でいいのか? 変な争いに巻き込むのは勘弁してくれ……)

 ゼルとザンガンが走って来る。

ゼル
「みんな!」
ザンガン
「A班の突入部隊が、魔晄炉に突入したようだ! そろそろここらも騒がしくなるぞ!」
リノア
「いよいよね……」
スコール
「……了解。予定通り、俺がA班の所へ向かい撤退の支援を行う」
セルフィ
「ラジャ〜!」
スコール
(……無駄な事は考えないでおこう。任務をこなす事だけに集中するんだ)


FINAL FANTASYν
第134話「星の下の約束」


○壱番魔晄炉、最深部
 現れたガードマシンと対峙するクラウド達。

バレット
「こいつは……ガードスコーピオン! 神羅製の警備用ロボットだ!」
クラウド
「……レーザー兵器を搭載しているようだ。固まっているのはまずい。ばらけるぞ」
ユフィ
「あいよっ!」

 バレットが前に出る。

バレット
「待て。リーダーはオレだ。オレの指示に従ってもらうぜ」
クラウド
「…………」
バレット
「新入り達は支援だ。オレが裏に回りこんで、動力炉を狙い撃つ!」
ユフィ
「…………」
バレット
「早くしろ! お前らに注意を引き付けさせないとオレが裏へ回れねぇ!」
クラウド
「……わかった」
マテリア――「雷」
ユフィ
「雷迅!!」

 クラウドとユフィが、それぞれマテリアのサンダー、雷迅を放ち、その隙にバレットがガードスコーピオンの裏へ回る。

バレット
「うおらぁ! くらいやがれぇ!!」

 右腕のマシンガンを放つバレット。

バレット
「へへっ! どうだ!?」

バレットがガードスコーピオンのレーザーをくらう。

バレット
「うおお!」
ユフィ
「あーあ、だっせー。無理する必要ないのにサ、格好つけちゃって」
クラウド
「装甲は……ミスリルではないようだ。特別強力な兵器でもなさそうだな」

 ガードスコーピオンに近づくクラウド。

クラウド
 Limit……LV1
「これで終わりだ」
ブレイバー!

クラウドのブレイバーが直撃し、ガードスコーピオンが動かなくなる。

クラウド
「機能は……停止したな」
ユフィ
「ヒュ〜。さっすが元ソルジャー」
クラウド
「いつまで尻餅をついているんだ? 爆発まで時間がない。さっさと引き上げるぞ」
バレット
「……チッ、んな事はわかってるんだよ!」

 立ち上がり、先に歩き出すバレット。

バレット
「さ、オレに付いて来い!」
ユフィ
「アタシらも早く逃げようぜ! 駐屯所から何個かマテリアも頂いたし、ここにはもう用はないよ!」
クラウド
「ああ……」


○壱番魔晄炉前
 ビッグス達と合流するクラウド達。

ウェッジ
「お疲れ様っす!」
ビッグス
「急がないとここもヤバイ……って、ジェシーはいないのか!?」
バレット
「何だと!? 先に戻ったんじゃねぇのか!?」
ビッグス
「いや、ここには戻って来ていないし連絡も取れちゃいないぞ!」
ユフィ
「う……これは嫌な予感……」

 スコールが走って来る。

スコール
「……退路は確保してある。俺の誘導に従ってくれ」
バレット
「待ってくれ! ジェシーがいねぇんだよ!」
クラウド
「…………!」

 魔晄炉へ戻るクラウド。

ユフィ
「あ、クラウド!」
ビッグス
「ジェシーを探しに行ってくれたのか!?」
ウェッジ
「で、でも時間がないっすよぉ〜!」
スコール
「…………」

 スコールも魔晄炉へ行こうとする。

バレット
「お、おい! お前も行くってのか!?」
スコール
「……ああ」
(……一応この連中も俺達の依頼主といえば依頼主だからな。危険は承知でも、向かわないといけない)
バレット
「だったらオレも行く! ジェシーを見捨てるわけにはいかねぇ!」
スコール
「……あんたはここにいてくれ。俺達が戻って来られなければ計画発案者のあんたしか脱出ルートはわからない。それに、リーダーのあんたを失うわけにはいかないんじゃないか?」
バレット
「くっ……」
スコール
「……七分で戻る。それ以上は時間をかけない」

 魔晄炉へ入っていくスコール。

ユフィ
「行っちゃった……」
ビッグス
「どうする、バレット!?」
バレット
「どうするもこうするもねぇ……。ここで待つんだ。ギリギリまで待つんだ……!」


○壱番魔晄炉内部
 ジェシーを探すクラウド。

クラウド
(……どうしてだ、俺はどうして会ったばかりの連中のためにここまでやるんだ?)

『もう、神羅のせいで傷つく奴は見たくないもんな』

クラウド
(……そうだ、あの悲劇を繰り返したくはない!
《奥へ進みつつ》
どこにいるんだ? 来た時と同じルートにはいなかった。しかし、それ程時間も経っていない。あまり遠くへは行っていないだろう。
《さらに奥へ行き》
ここはそこまで複雑な構造じゃない。見つけるのはそれ程難しくないはずだ……!)
ジェシー
「うぐっ……」
クラウド
「!」

 鉄骨の隙間に足を挟んだジェシーを見つける。

クラウド
「大丈夫か?」
ジェシー
「クラウド!」

 ジェシーの傍へ行くクラウド。

ジェシー
「あの後神羅のガードマシンに見つかっちゃって……細い道に逃げ込んで上手くまいたんだけど、気を抜いた途端この隙間に、ドボン……。
……うかつ、ね」

クラウドが鉄骨からジェシーの足を引っ張り出す。

クラウド
「……急ぐぞ」

クラウドの背後にガードマシンが現れる。

ジェシー
「サンキュー……!」
クラウド
《振り返り》
(……しまった! この態勢じゃ間に合わない!!)
スコール
 ラフディバイド!

走って来たスコールがラフディバイドを放ち、ガードマシンを撃退する。

ジェシー
「あ……れ……?」
スコール
「爆破まで時間がない。急ぐぞ」
クラウド
「……ああ」


○ミッドガル内列車
 作戦を終え、無事列車に乗り込んだクラウド達。

ビッグス
「星の命……ちょっとは延びたかなぁ」
ウェッジ
「そうっすね」
バレット
「…………」

クラウド
 ……結果から言えば、壱番魔晄炉爆破は成功した。
そして今俺達は事前に確保していた退路を使い、一般人に紛れてミッドガル内列車に乗り、アバランチのアジトのある七番街に向かっている。

ジェシー
「ありがとうね、クラウド」
クラウド
「……いいんだ。気にするな」
ジェシー
「フフ、クールね。後で隣の車両に乗っている子にも言っておかなくちゃいけないわ」
バレット
「ケッ……。ジェシーも、元ソルジャーさんもレジスタンスのにーちゃんも……どいつもこいつも心配させやがって」
クラウド
「……ほう、心配してくれたのか?」
バレット
「くっ……ち、ちげーよ!」


○七番街スラム駅
 バレットの娘、マリンを連れたエアリス達がクラウド達を迎える。
(ちなみに、ユフィは列車酔いでウェッジ達に介抱されている)

バレット
「マリン!」
マリン
「おかえり、とうちゃん!」

 クラウド達のところへ行くエアリスとティファ。

ティファ
「お疲れ様。色々大変だったでしょ?」
クラウド
「……ああ」
エアリス
「……私達はマリンちゃんに掛かりっきりで、情報集めは殆ど森のフクロウの人達に任せちゃったわ。リノアちゃん、後でねぎらってあげてね」
リノア
「いえいえ。そこは二人の得意分野ですしお仕事ですから、きちんとこなして当然です」
エアリス
「フフフ。とりあえずここでは彼らの目もあるし話せないから、また後でお話しましょ」
バレット
「お二人さん、マリンを構ってくれてありがとうよ! マリンもあんた達の事を気に入ったみたいだ!」
ティファ
「どういたしまして」
エアリス
(……本当に、あんたの娘と思えないくらい可愛い子だったわ)
バレット
「よし、そろそろニュースでも取り上げられているはずだぜ! アジトに戻るぞ!」


○アバランチアジト
 テレビの前に集まり神羅の発表を聞くクラウド達。

ジェシー
「見て、プレジデントも出ているわ!」
プレジデント
『……壱番魔晄炉破壊事件に関してアバランチと名乗る組織から犯行声明が出されております。
……声明によるとアバランチは今後も同様のテロを続ける事を予告しております。
しかし、ミッドガルの皆さん。ご安心ください。我々神羅カンパニーはこのような暴力から皆さんを守るためにソルジャーの投入を……』
バレット
「ケッ、被害者面しやがって。元はといえば、貴様らが悪いんだ」
スコール
(暴力か。……いや、深く考えるのは止めておこう。俺達は与えられた任務をこなしていけばいいだけなんだ)
ゼル
「色々あったけど、相手さんのボスにああ言わせたって事は、一応成功って事でいいのか?」
バレット
「おう! 大成功だ!」
セルフィ
「ふぅ〜よかった〜。皇帝誘拐の時と同じくらいハードだったよ〜」
リノア
「……相変わらずプレジデントなんかに好き勝手させて何やってるのよ、あいつは……」
スコール
「…………?」
リノア
「あっと、何でもない、何でもない。ただの独り言」
アナウンサー
『なお……負傷者も多数出ており……死者も……この事に関して都市開発部門統括のリーブ氏の記者会見が……』
バレット
《テレビを消して》
「おっと、もうテレビは切っておくぜ! プレジデントのマヌケ面を拝めただけで満足だ!」


○七番街スラムの宿、スコール達の部屋
 ゾーン達が集めた情報を聞くリノア達。

ゾーン
「で、俺達がこの辺りで収集した情報によると……」
リノア
「…………」
ゾーン
(お、おい! 何かやっぱりリノアの機嫌いつもより悪くないか?)
ワッツ
(そう言われても、俺達にはどうにもできないッス! ここは気がつかないフリでいくしか……)
リノア
「で、続きは?」
ゾーン
「え、ええと、今日手に入った情報はバレットさんについてくらいかな」
ゼル
「どんな事がわかったんだ?」
ワッツ
「どこまで信じていいのかわかんないッスが……バレットさんはミッドガルの人間ではないけど、ミッドガルに知り合いは多いみたいッス」
ゾーン
「右腕が銃なのは、昔神羅と何かあったかららしい。だから、カンパニー相手にテロ活動なんてやってるんだろうがな」
セルフィ
「ふ〜ん。やっぱりみんな、色々あるんだね」
ゾーン
「他には特にこれといった情報はない。神羅カンパニーについては、スラムじゃ流石に手に入らないな」
スコール
「……そうか」
ゼル
「でも、このままアバランチに協力して神羅の秘密を暴いてくれって言われても、それって本当に俺達がやるべき事なのか? ちょっと疑問だぜ」
リノア
「きっとエドガーさん達にとって何か意味があるのよ。ティンバーで私達はエドガーさん達に助けられた。今回の件はそれに報いるいい機会だわ。
それに……アバランチの人達もきっと、本気の本気でこの星のために頑張ってるんだよ。それなら私達も力になってあげなきゃ。でも……」
セルフィ
「……でも?」
リノア
「……やっぱやめとく。疲れたし、今日はもう寝よ。みんなも、そうした方がいいと思う」
スコール
「…………」


○七番街スラム、アバランチアジト前
 夜風に当たっているクラウドにティファが声をかける。

ティファ
「クラウド」

 クラウドの隣に行くティファ。

クラウド
「……どうした?」
ティファ
「ん……疲れていないか気になって」
クラウド
「大丈夫だ。途中危ない場面もあったが……あのSeeD、スコールに助けられた」
ティファ
「そっか。やっぱり凄いね、SeeDって」
クラウド
「……一応、俺もあのくらいの歳にはソルジャーになってはいたが、間違いなく当時の俺よりも強い。それに、まだまだ強くなると思う」
ティファ
「…………」
クラウド
「……どうした?」
ティファ
「そうだよね……。クラウド、ソルジャーになったんだよね……」
クラウド
「ああ……」
ティファ
「約束……覚えてる?」
クラウド
「約束……?」

 少し考え込むクラウド。

クラウド
「……ああ。覚えてる。あれは確か……もう七年も前になるのか」
ティファ
「……そう。村の給水塔で言ってくれた事」


―ニブルヘイム、給水塔の上(回想)
 クラウドがティファを待っている。

クラウド
あの日は確かなかなかティファが来てくれなくて……寒かった覚えがある。

ティファ
『な〜に? 話があるって?』
クラウド
『俺……春になったら村を出て、ミッドガルへ行くよ。
俺、ソルジャーになりたいんだ。
セフィロスみたいな、最高のソルジャーに』
ティファ
『セフィロス……男の子達が話してるのを聞いた事ある。とっても強いんだよね?』

クラウド
 しばらくの間、ソルジャーについて話して、
そして……

ティファ
『ね、約束しない?
あのね、クラウドが強くなって有名になって、その時私が困っていたら……。
クラウド、私を助けに来てね』
クラウド
『はぁ?』
ティファ
『私がピンチの時にヒーローが現れて、助けてくれるの。
一度くらい経験したいじゃない?』
クラウド
『はぁ?』
ティファ
『いいじゃないのよ〜! 約束しなさい〜!』
クラウド
『わかった。……約束するよ』


○七番街スラム、アバランチアジト前
 いつの間にかエアリスが物陰で話を聞いている。

ティファ
「……良かった。覚えててくれたんだね」
クラウド
「でも……結局守れなかった。俺は有名じゃないし、セフィロスのように英雄と呼ばれる事もなかった」
ティファ
「…………」
クラウド
「……すまない。今日は疲れたから、もう寝るよ」

 アジトへ入るクラウド。

ティファ
「…………」
エアリス
《物陰から出てきて》
「ティファ」
ティファ
「エアリス! いつからそこに?」
エアリス
「羨ましいな。あんなにカッコいいヒーローがいるなんて、ね」
ティファ
「聞いてたの?」
エアリス
「ゴメンゴメン。ちょっと夜風に当たろうと思ったんだけど、たまたま話している声が聞こえちゃって」
ティファ
「……ちょっと恥ずかしいわ」
エアリス
「そうかな? 別に変な事じゃないと思うけど? それに、私にもいるんだ。困った時、助けに来て欲しい人」
ティファ
「本当?」
エアリス
「本当。ここ何年も連絡、取れていないんだけど。……少しクラウドに似てるかもしれない。ちょっとした仕草とか、ソルジャーだった事とか」
ティファ
「ソルジャーなの、その人?」
エアリス
「ええ。今は何処にいるのかもわからないけど。生きてるのか、死んじゃったのか。ちょっと仕事で遠出するって言って……それからずっと音信不通。
生きてるなら、今頃どっかで……ソルジャーなんか辞めちゃって、何でも屋でもやってるかもしれないわ。けっこう自分勝手な奴だったし。……でも凄く、いい人だった」
ティファ
「好きだったの? その人の事?」
エアリス
「えっ!? ……ま、まぁこのくらいにしときましょ。ちょっと私が恥ずかしくなってきたわ。この話はまた、じっくり話せる時に、ね。さて……私はそろそろ寝ようかな」
ティファ
「私は、もう少し起きているわ」
エアリス
「わかったわ。それじゃ、おやすみ」
ティファ
「おやすみ」

 アジトへ入るエアリス。

ティファ
「…………」
(エアリスにも、言いたい事や言えない事がきっとあるのよね……。
そして、私も。……クラウド、私はどうすればいい?)


 第135話へ続く

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます