1999年にネット上で始まり現在は連載中止中の、人気ゲームFFシリーズの1〜8をmixさせた二次創作作品FINALFANTASYν(FFν)、さらにニコニコ動画にアップされている非公式の続編その後のFFνの設定や登場人物をまとめたwikiです。http://www.nicovideo.jp/mylist/4209405

バッツ=クラウザー
年齢 20歳 ニックネーム バッツ 初登場 第1話「出会い」
攻撃手段 剣 魔法 二刀流
使用可能魔法
ファイア サンダー エアロラ エアロガ サンダラ エアロガ セーバー

魔法剣 バーサーカー (ドルガン流)ルパインアタック 
FFνでは
 このお話の主人公。

 レナと出会うまでは、ただあてもなく旅を続ける青年だったが
 風のクリスタルから力を受け継いだ事によって、様々な闘いに巻き込まれていく。
 父親がクリスタルと関わりがあるらしい。

 剣に魔法の効果を帯びさせる魔法剣の使い手として成長中である
 また、クリスタルの欠片からバーサーカーの力を呼び起こす事で
 全ての能力を限界以上に上昇させることが出来るが
 短時間の上、自制が効かなくなり、体への負担が大きい。
 明るく、前向き。朴念仁。女難の相あり。(N.P内原文まま)

その後のFFνでは
ナルシェでは、ティナを救うため奮闘する。

土のクリスタルを巡る戦いでは、ミッドガルの地下にてギルガメッシュと再戦。
しかし、歯が立たず。
復活したエクスデスを追ってガラフとともにもうひとつの世界へ向かう。

もう一つの世界では、フリオニールに実力は劣りながらも、
修行や戦闘、ガラフやゼザの死を通じて成長していく。
ギルガメッシュとも何度も戦い、ウィンの助力を得ながらも撃退に成功する。
 
世界結合後、レナとは一時的に別れることとなるのだが、
二人が再会した時、レナはメリュジーヌに憑依された状態だった。
レナを傷つけるわけにもいかず、かといってメリュジーヌを見過ごすわけにもいかず、
なにもできないまま、ウィンに全てをゆだねる形となってしまう。
しかし、このことがきっかけとなって、バッツの中に眠るドルガンの呼びかけによって、
オニオンソードが“黄金の剣”へと変化し、メリュジーヌを一時的に追い返すことに成功する。
このときバッツは、十二年前自身がスコール達と共にイデアの孤児院に預けられていたこと、
その時にウィンと出会っていたことを思い出す。
そのことを忘れていたのは、スコール達と同様に、ジャンクションを行ったためである。

バッツの中にオニオンソードが封印されているのは、
十二年前、孤児院が魔物に襲われ重症をおったバッツを救うため、
オニオンソードを生命維持装置とするために、ドルガンが自身の生命の力とともに封印したためである。

ウォルス・バラム防衛戦にてメリュジーヌと再戦したときも、
以前と同じく苦しめられるが、エリアの叫びを発端に、
四つの心の意味、自分自身のこと、それぞれについて一つ明確な決着と結論を見つけだし、
“黄金の剣”の発動に成功。メリュジーヌを撃退する。
……しかし、その戦いの最中、故郷リックスの村が次元の狭間に呑み込まれてしまったことを知ってしまう。

グロシアーナ大陸攻略戦ではダークナイトと一騎打ちを行う。
使える全ての技を繰り出し、最後はラグナロクを使用し、ダークナイトのブラッドソードを破壊し撤退に追い込む。

名言
 「つらいと思う……だけど、俺達がいる。俺達はティナを帝国のティナには戻さない。」
 「え、あ、い、いや、こ、これは!べ、別に、やましい意味じゃなく!」
 「楽だろうが、苦しもうが、死ぬのが嫌なんだよっ!」

レナ=シャルロット=タイクーン

年齢 19歳 ニックネーム レナ  初登場 第1話「出会い」
攻撃手段 時魔法 黒魔法 癒しの杖 調合
使用可能魔法
ケアル ケアルラ スロウ ブリザド ヘイスト ブリザラ

調合
FFνでは
 タイクーン王国の王女様

 父親の後を追って城を抜け出した時に、バッツと出会う。
 それからは父の行方を探すためにバッツ達と行動を共にし
 自身も水のクリスタルの力の継承者となった。

 心優しい少女。自分より相手を立てる傾向。飛竜の形のペンダント所有。
 バッツが気になる?

その後のFFνでは
バッツとともに行動するのはそのまま。

土のクリスタルを巡る戦いの中、ファリスが実の姉サリサであることが判明するが、
父であるタイクーン王が帰らぬ人となってしまう。

しかし、その苦しみを乗り越えバッツらとともにもうひとつの世界へと向かう。

もう一つの世界では、魔法を中心に修行を行い、
なくてはならない支援の要員となりつつある。

世界結合直後、トゥールの街など、ザンデの勢力の襲撃で被害を受けたタイクーン領について、
自身でできることを行うべく、タイクーンに残り、バッツと別れることになる。
しかし、その後タイクーン城がエクスデスによって次元の狭間に呑み込まれてしまい、
レナはメリュジーヌに憑依されてしまう。

表意された状態でも、自我を何とか表に出し、メリュジーヌをとめることを懇願するも、
バッツの“黄金の剣”によってメリュジーヌが倒されたため、
無事バッツ達と合流することとなった。

しばらくは休養していたが、石の家の戦いから本格的に戦いに復帰する。

名言

ガラフ=ハルム=バルデシオン (ガラフ=ドゥ)
年齢 60歳 ニックネーム ガラフ 初登場 第28話「ガラフ」
攻撃手段 剣(グレートソード)
使用可能魔法
ケアルガ、ファイガ、ブリザガ、サンダガ、シェル ケアル ケアルラ

なし
FFνでは
 ウォルスの隕石落下現場に現れた謎の老人。

 初登場でいきなりタークスやらセフィロスやらを圧倒するなど、とんでもない強さの持ち主。
 が、その後のジェノバとの闘いでバッツの初ジャンクションの暴走に巻き込まれ、記憶喪失に。

 それからは茶呑み爺さんと化しているが、強さは多少の衰え程度で変わっていない。
 ウィン曰く「暁の四戦士」の一人。

その後のFFνでは
シドに必死に訴えかけるミドの姿を見たのをきっかけに、忘れていた記憶を徐々に取り戻し始める。
実は、別の世界の人間で、バッツらの世界に隕石に乗ってやってきた。

さらに、もうひとつの世界にて実はバル城の王だったことが判明する。

元の世界に帰ってからは、ゼザとともに暁の四戦士としての力をいかんなく発揮する。
が、ムーアの大森林でのクリスタル防衛戦の際、
バッツらを守るため、エクスデスを超越するほどの能力(エリアが発動させていたクリスタルの影響?)を発揮する。
その強さは、エクスデスの平静さを完全に失わせるほどであった。
だが、力を使いすぎたために帰らぬ人となってしまう……。

名言
「若造…それぐらいにせんか…」
「人から選ばれるという理由はおいそれとわしら第三者がわかるものではない」

ファリス=シュルヴィッツ
年齢 20歳 ニックネーム ファリス 初登場 第63話「隕石遭遇」
攻撃手段 剣 地形 黒魔法
使用可能魔法
ファイア ファイラ

地形(津波 鬼火 突風 かまいたち 鍾乳石 ブランチアロウ) 竜剣
FFνでは
 タイクーン海賊団の頭領でもあり、火のクリスタルに選ばれちゃった人。

 その容貌に惹かれる女性数多し、男性ですらも一瞬見惚れてしまうほど。
 っていうか、女性。
 知っているのはバッツ、レナ、レイラ、エアリスの四人。

 光の戦士の行動に疑問を持つ。サリサ=タイクーン?

 一見近寄りがたいが、一度打ち解けると面倒見良く、周りから好かれる人。
 気性激しく、バッツは叩かれ損。飛竜の形のペンダント所有。

その後のFFνでは
クリスタルに選ばれし戦士として、ティンバー攻防戦にて風水士の力を手に入れる。
ナルシェの幻獣防衛戦の後、レナとも和解しバッツらとともに冒険すると決心する。
だが、その直後ダムシアンに向かう途中ふとしたことがきっかけで女であることが全員にバレてしまった。

レナとは自らの素性を巡ってぎこちない関係にもなったりしたが、
結局は自分自身がタイクーン王と会うことでサリサだということを確認し解決する。

長年別れてしまっていた父、タイクーン王と再会するが、すぐに死別。
バッツらの励ましもあり立ち直り、ガラフらともうひとつの世界へ向かう。

もう一つの世界では魔法を中心に修行し、
エクスデスとの戦いの最中、竜騎士の力を得、エクスデスの一時撃退に一役買う。

世界が一つになった直後、トゥールの町にて魔物との戦闘中、親友シルドラと死別する。

海賊の頭目をやっていた経験からか、逆境でも冷静な判断をくだせる。
名言
「どうして、タイクーンのお姫様が俺と同じペンダントを持っているんだ…」
「ふざけるな!俺はファリス!!ファリス=シュヴィルツだ!! サリサでも何でも無い!!タイクーンの海に轟く海賊団の頭なんだよ!!」

クルル=マイア=バルデシオン
年齢 14歳 ニックネーム クルル 初登場 第127話「シドとミド」
攻撃手段 白魔法 黒魔法 刀
使用可能魔法
テレポ サンダー サンダラ ケアルラ

剣の舞 無拍子
FFνでは

その後のFFνでは
隕石に乗ってやってきたガラフの孫。
テレポの使い手でもある。
自然を愛する優しい少女だが、バッツも「俺よりよっぽど光の戦士らしい」と評する強い意志も持つ。

ゼザの死を通じて、レナらにガラフのことを思う漠然とした不安を打ち明ける。
そして、その予感は的中し、ガラフは帰らぬ人となってしまうが、
レナやフリオニールらの理解もあり、ガラフの遺志を受け継ぎ戦うことを決意する。


名言

このページへのコメント

 使用可能魔法の覧ですが、ガラフがガ系まで使えますので
「ファイア〜ファイガ」という風に編集されてはいかがでしょうか?
 ファイ“ガ”が使えてファイ“ア”は使えないというのは、
考えにくいことですので、あくまで「便宜上」ということで
お願いできますでしょうか?
ただ、初登場から多くの魔法が使えるガラフやゼザの場合ですと、
本編でどの魔法を使ったのか分からなくなるという
リスクも伴いますので「(ν)本編で使用した魔法」を別枠で設けていただければと思います。
 ガラフのケースを取りますと、こういう感じになります
ガラフに限らず味方サイドではウィン達4人もこれに当たります(↓)。

○使用可能魔法
ケアル〜ケアルガ ファイア〜ファイガ ブリザド〜ブリザガ サンダー〜サンダガ シェル
○ν本編で使用した魔法
ケアルガ ファイガ ブリザガ サンダガ シェル ケアル ケアルラ

0
Posted by エムオー 2010年02月14日(日) 00:19:29 返信

ご指摘ありがとうございます。
早速編集いたします。

0
Posted by My 2009年02月04日(水) 10:15:32 返信

ガラフの使える魔法についてですが、
29話を見る限り、シェルも使えます。

()のところにケアルガなどと一緒に、
入ると思います。

0
Posted by ファス 2009年02月03日(火) 07:20:14 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます