1999年にネット上で始まり現在は連載中止中の、人気ゲームFFシリーズの1〜8をmixさせた二次創作作品FINALFANTASYν(FFν)、さらにニコニコ動画にアップされている非公式の続編その後のFFνの設定や登場人物をまとめたwikiです。http://www.nicovideo.jp/mylist/4209405

クラウド=ストライフ
年齢 21歳 ニックネーム クラウド 初登場 第9話「元ソルジャー」
攻撃手段 大剣
使用可能魔法
サンダー(マテリア)

ブレイバー 凶斬り 破晄撃 クライムハザード
FFνでは

大剣と金色のツンツンした髪が特徴の元ソルジャーでティファの幼なじみ。
セフィロスと何か因縁があるようで、彼の写った写真を持って彼を追っている。

霧の濃いバロンの洞窟を抜ける際に、偶然セシル達と遭遇し彼らと共にミストへ立ち寄る。
そこでセフィロスと再会、しかしセフィロスには逃げられてしまう。
その後またセシルと再会し、共にリターナーに参加しているウォルスに向かう。
ウォルスで久しぶりに幼なじみのティファと再会する。

バッツ達と共にカルナックへ向かうが、サウスフィガロの町でドーガのG.F.『ガルキマセラ』に完敗。
何も告げずバッツ達の前から姿を消した。

その後は各地をまわり修行とアルバイトをしていたようで、剣を新調。
剣を新調したため無くなった生活費をまかなうためティンバーの管制塔でバイトをしていたところ、
突如襲来したバロン軍と遭遇。カインと戦うことになるが、新たな技で彼を退ける。


その後のFFνでは
ティンバーの戦いの後はエドガーに雇われるという形でバッツらに同行する。

セフィロスを追うためミッドガルに潜入したさいには、
エアリスとの会話の中でここに土のクリスタルがあるのではないかと考え始める。
しかし、結局ミッドガルではセフィロスとは対面できず。

その後バロン城にて五年前のニブルヘイムに何があったのかを語るのだが……

セフィロスを追い続けるが、
古代種の神殿の探索をはじめたころから、精神に変調をきたし始める。
そして、黒マテリアをセフィロスに献上するという失態を犯す。
魔大陸の戦いにおいても、精神的に苦しみを感じながらも最後まで戦い抜くが、
エアリスがセフィロスの凶刃に倒れる悲劇に居合わせてしまう。
さらに追い討ちとばかりに、セフィロスに五年前の真相を見せられ、
自分の記憶がいかに曖昧で不確か過ぎるのかを深く認識してしまい、
精神的に狂ってしまう……。

クラウドはミディールに流れ着いていて生きてはいたが、
魔導中毒により、およそ会話ができるような状態ではなかった。

しかし、ミディールが八竜に襲われた際、ライフストリームにティファとともに落下、
そこでそのライフストリームのエネルギーと、エイクの力、ティファの協力により自分を取り戻すことに成功する。

再び訪れた忘らるる都にて、エアリスが究極魔法ホーリーを発動させていたことを知り、
5年前の事件の顛末(神羅からの逃亡劇)も思い出す。
そして、エリアの力によって現れた白と黒のマテリアをザックスの形見のバスターソードに埋込み、
究極の兵器・アルテマウェポンの力を得る。

名言
「元ソルジャーだ」
「俺だ!!クラウドだ!五年前の事…五年前の悪夢…忘れたとはいわせない!!!」
「傷口が広がるからあまり使いたくなかったが……夢見が悪くなるよりマシだ」


ティファ=ロックハート
年齢 20歳 ニックネーム ティファ 初登場 第31話「SEEDの実力」
攻撃手段  格闘術 
使用可能魔法
なし

掌打ラッシュ サマーソルトキック 水面蹴り ドルフィンブロウ
FFνでは

クラウドの幼なじみであり、格闘家ザンガンの弟子。
ウィンの魔法により吹き飛ばされていたエドガーを偶然発見し、リターナーに身を委ねる事になる。
ウォルス戦争では女性ながらタークス相手に活躍し、SEED候補生だったスコールらとともに撃退に成功した。

ウォルス戦争後、クラウドと久しぶりに再会。
しかし、素直に再会を喜んではいなかった様子……。

格闘家としてのセンスはあるらしく、マッシュから教えられてすぐ気を扱えるようになった。

その後のFFνでは
バッツらと同行するのはそのまま。

クラウドが同行してくれることに安心してはいるが、どうやら何か含むところがある様子。
実はクラウドの話した五年前の事件の内容についてずっと疑問を抱いていた。
そもそも、ティファの記憶の中の五年前の事件には、クラウドの姿は存在していない……?

しかし、実際には五年前クラウドはニブルヘイムに神羅兵としてセフィロスに同行しており、
ティファは自分が意識を失っていた間にクラウドに助けられていたのだった。

名言



エアリス=ゲインズブール
年齢 22歳 ニックネーム エアリス 初登場 第34話「ドールの姉妹」
攻撃手段 黒魔法 杖
使用可能魔法
ケアル サンダー ケアルラ

癒しの風 邪気封印 大地の息吹
FFνでは 

エリアの姉で、自称ドールの花売り。だが、エリアとは血は繋がっていない。
エリアが見つけたバッツを、エリアと一緒に家で介護していた。

母エルミナとも本当の親子ではなく、12年前から実の母にエアリスを託されたエルミナとともに生活を始めた。
古代種と呼ばれる特別な存在で、星の声を聞くことが出来るらしい。
そのためなのか神羅に追われており、神羅の組織「タークス」から逃れるためエルミナ共々ガルバディアからドールへ移った。

エリアの病が治ったあとは、古代種とは一体何なのかを知るためにバッツ達と行動を共にする。
積極的で人の世話が好きなタイプらしく、
バッツの周りの色恋沙汰に色々と茶々をいれたり、バッツをアシストしたりする。

実の母が残した「何の役にも立たないマテリア」を形見として大事に持っている。

その後のFFνでは
自らの素性を知るためミッドガル潜入を志願。
結局、セフィロスのことを少し知ることになった程度で具体的なことは何もわからなかった。

だが、その戦いの中でクラウドやシャドウらと親睦を深めていく。

旅を進めていくうち、少しずつ自らの古代種としての使命を実感していく。
そしてとうとう大三角島の古代種の神殿にて、
古代種としての使命を実感し、黒マテリアを入手したセフィロスをとめるべく、
大三角島の最深部に向かう。

彼女の力により、大三角島の一部は浮上し、魔大陸となった。
彼女はその最深部にて祈りをささげていたが、セフィロスの凶刃によって倒されてしまう……。

死の直前、彼女は仲間たちに微笑みかけた。
そして、彼女が倒れてもなお煌々と輝いた白いマテリアは何を意味するのか?

その答えは、世界結合後再び忘らるる都を訪れたクラウド、はじめてそこを訪れたエリアによって紐解かれる。
エアリスはその死の直前まで究極魔法メテオに対抗できる究極魔法ホーリーの詠唱を行なっていたのである。
そしてホーリーは確かに発動しており、メテオの発動は抑えられている。

ザックスというソルジャーの帰りをずっと、待っていた。
クラウドはザックスの影響を受けてソルジャー1STと偽っていたため、
クラウドの中にザックスの面影を見ていたようであるが、同時にそのために、
クラウドが本当のクラウドではないということを、何となく感づいていたようである。

名言
「私はエアリス。人呼んで花売りのエアリス!…なんてね♪」
「感謝しなさいよ、バッツ。ちゃ〜んと、フォローしといてあげたんだからね」

ユフィ=キサラギ
年齢 16歳 ニックネーム ユフィ 初登場 第90話「土の巨人」
攻撃手段 忍術 円月輪
使用可能魔法 なし
 水遁 火遁 雷神 血祭 抜山蓋世
FFνでは
エッジの従兄弟にあたるウータイの忍者。
収集癖があり、その収集癖でエッジらをトラブルに巻き込むこともよくあったようだ。

現在はマテリアハンターと名乗っており、エブラーナのマテリアを求めてなぜかセシルを追っている。
少々おっちょこちょいで、忍術を間違えて使うこともある。

その後のFFνでは
バッツらがダムシアンに向かう最中再びセシルを襲撃するが失敗し、クラウドに捕らえられる。
ダムシアンにバロンが攻め込んできた際に逃げ出そうとするが、レナの説得や、
困っているギルバートらをほっておけずなし崩し的に仲間となる。
その後は、セシルが信用していいかどうか見極めるため、彼のパラディン修行に同行する。

その後もなんだかんだでリターナーと行動をともにするが、
キーストーン入手のためウータイに行くことだけは断固拒否する。
しかし結局オルトロスに連れ去られ、ウータイに行くことになり人質となってしまう。
だが、父のゴドーの救援もあり無事救出される。
親子仲はあまりよろしくない。

名言


バレット=ウォーレス
年齢 35歳 ニックネーム バレット  初登場 第133話「ミッドガル」
攻撃手段 銃
使用可能魔法 なし
 ヘビーショット
FFνでは
反神羅カンパニー組織「アバランチ」のリーダー。
神羅製品を紹介したティンバーマニアックス社に対しテロ活動を行った。

その後のFFνでは
いかつい見た目をした大男。
右腕は失われており、銃に改造されている。

反神羅カンパニーのテロ活動の一環として、魔洸炉爆破を画策。
リターナーにも協力を要請する。

リーダーとしてはやや冷静さに欠ける。

魔女暗殺作戦失敗後、投獄された監獄にかつての親友ダインがいることを知り、対面を果たす。
彼が神羅を憎むのは、神羅の事故によって故郷を失ったためであった。
が、ダインは世に絶望しており、バレットは彼を殺めることとなってしまった。
名言

ナナキ
年齢 48歳(人間でいうと15,6歳) ニックネーム ナナキ  初登場 第172話「星命を見守る者達」
攻撃手段 髪飾り 
使用可能魔法 なし
 スレッドファング ルナティックハイ
FFνでは
その後のFFνでは
コスモキャニオンに住む、ウェアウルフとはまた違った種族の数少ない生き残り。
命を懸けて戦った母や、ドルガンらを尊敬しているが、命惜しさに逃げ出した父のことを憎んでいた……
が、後にそれは誤解であり、父セトは里を守るため、たった一人で魔物を相手にしていたことを知る。

誤解は解け、ナナキはフーゲンハーゲンに二つの世界の行方を見届けろとの命を受け、
バッツらと同行することになる。

名言

ケット・シー
年齢 ?歳 ニックネーム ケット・シー  初登場 第202話「さすらいのギャンブラー」
攻撃手段 
使用可能魔法

FFνでは
その後のFFνでは
ゴールドソーサーで占いをして働く、トラビア弁を流暢に話す亜人種。
だが、ケット・シーはセッツァーと協力関係でもあり、
マリアの誘拐に加担していた。

その後はセッツァーともどもお咎めなしとされ、リターナーに同行する。

しかし、本当は亜人種ではなく命を吹き込まれた人形であり、その正体は神羅のスパイだった。
大三角島の調査時に、神羅にキーストーンを明け渡したとき、正体が明るみとなった。

ケット・シー本人は、神羅のやり方に疑問を持ち、
また星のために戦うリターナーの面々に対しある種の尊敬の念を抱いている。

名言

シド・ハイウィンド
年齢 歳 ニックネーム  初登場 第262話「フィッシャーマンズ・ホライズン」
攻撃手段 
使用可能魔法

FFνでは
その後のFFνでは
F.H.に住む江戸っ子気質の男性。
リノアを背負ったスコールを江戸っ子気質ならではの対応で受け入れる。

かつてはエスタの技術者であったようだ。
名言

ヴィンセント・ヴァレンタイン
年齢 ?(外見年齢27)歳 ニックネーム ヴィンセント  初登場 第269話「忍び寄るもの」
攻撃手段 銃 変身
使用可能魔法
 ガリアンビースト変身
FFνでは
その後のFFνでは
ニブルヘイムで眠っていたという、不思議な男。
元タークス。

セフィロス誕生に関係しており、その一連の流れの中で宝条に体内にジェノバ細胞を注入され、
人あらざる姿に変身できるようになる。

セフィロスの誕生に関わるルクレツィアという女性に対して、かなりの自責の念を抱いている。

名言

このページへのコメント

ご指摘ありがとうございます。
この間違いは油断しやすい自分だと今後もやっちゃいそうで怖いです。自分ではちゃんと正しく入力しているつもりなのですが。

0
Posted by My 2009年03月05日(木) 23:45:18 返信

こんばんは。
今更で申し訳ないのですが、クラウドの使用技、「プレイバー→ブレイバー」ですね。(この間違い、原作の小説にも何箇所かありました…^^;)

0
Posted by かっぱっぱ 2009年02月28日(土) 17:54:54 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます