多人数で神話を創る試み『ゆらぎの神話』の、徹底した用語解説を主眼に置いて作成します。蒐集に於いて一番えげつないサイトです。

現代神話
都市伝説
伝承

中高生の間で「常識的ヒミツ」の一つとして知られている都市伝説。

学生たちの間で「きゆらさん」と呼ばれているそれは、
知らぬ間に人をさらって虚人と入れ替えてしまうとされる。
噂の中では、一様に14歳であるとされている。

15: 言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/01(水) 23:05:14

……。

「聞いた?」

「なにが」

「出たんだって」

「きゆらのこと?」

「うん……」

「噂だよ、出所さっちんだし」

「そうかな」

「そりゃそうでしょ」

「うん……」

……。
……。

27: 言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/02(木) 13:55:17

「きゆらさん」の噂を聞いたのはいつのことだったろう。
他愛もない都市伝説、最初は私もそう思っていた。

28: 言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/03(金) 03:02:50

「きゆらさん」は話によって光の使いだったり闇の住人だったりする。
まあこんなのは噂の尾ひれの部分だ。
本質はそこではない。

「きゆらさん」は、知らない間に私たちをさらって、別人に入れ替えてしまうのだ。

40: 言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/03(金) 12:34:07

「ねえ、C組の田中さんね」
  「どしたの?」
「"きゆらさん"に連れてかれちゃったそうだよ」
  「え? でもあの子今日来てたじゃん」
「バッカ、あれは偽者だよ」
  「は? 偽者?」
「知らない? "きゆらさん"はね、人をさらった後偽者と入れ替えてしまうの」
  「あ、そうなんだ。さらうとしか聞いてなかった」
「でね、その偽者は他人から見てると本物との区別がつかないの。
でも本当は心を持たないロボットで、誰にも見られていないときだけ正体を現すんだって」
  「やだ、気持ち悪い」

75: 言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/11(土) 19:55:46
誰かが「きゆらさん」に連れ去られても、周りの人間がそれに気付くことはない。
入れ替わった【虚人】が、何事もなかったかのように振る舞うからだ。

それでも、【虚人】と本人との違いによる僅かな違和感は拭い去れない。
私たちの間に「きゆらさん」の噂が流行っているのは、その違和感が積もり積もった結果だろう。

今この学校には、一体何人の【虚人】がいるんだろう……。

76: C組の岐阜本(男子)語りて曰く、 :2006/11/11(土) 20:20:43
ぼくはほんとうにぼく【本人】なのだろうか?
今のぼくが【虚人】ではない、と言い切れるんだろうか?

77: 言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/11(土) 20:56:33
結局のところ、岐阜本光健の心配は杞憂だった。
岐阜本光健は紛れもなく岐阜本光健だったし、生涯虚人と取って代わられることもなかった。

彼は【虚人】の噂よりも、もっと別の脅威に気を向けるべきだった。
12歳のとき、岐阜本光健は異世界の魔物【ヌアランダーラ】によって捕食された。

78: 言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/12(日) 10:50:39
そしてその頃『虚人』の物語に新しいバージョンが現れた。

「誰も見ていない時、正体を現していた虚人が人の姿に戻れなくなると、
そのままどこかに去っていき、何も残らない。」

「虚人が入れ替わろうとする相手を捕まえたときに、その相手が
自分と同じ虚人だった場合、共食いをしてしまい、何も残らない。」etc

80: 言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/12(日) 16:27:29
虚人は第一次時空融合事件の時に現れたと一般には言われているが、
それ以前に存在したと言う見方もある。古い文献に、それらしき記述が多数確認できるのだ。

94: 言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/14(火) 03:13:13
きっと、もうすぐ私の元にもきゆらさんがやってくる。
こうやって耳を澄ますと、ほら……。

関連項目

関連リンク

其の他のリンク

アマゾンアソシエイト

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

紹介サイト


メンバーのみ編集できます

メンバー募集!