多人数で神話を創る試み『ゆらぎの神話』の、徹底した用語解説を主眼に置いて作成します。蒐集に於いて一番えげつないサイトです。

宗教
 オカルト(:Occult)は儀式系?から分岐した隠秘魔学?の一派であり、隠された智慧、即ち秘教?の一種でもある。

概要

 オカルトという言葉はあまりにも多様な意味を持ちすぎているため、簡単な定義は困難である。よって、文脈ごとに意味を示す

猫の国におけるオカルト

概説
 猫の国におけるオカルトは比較的に現代日本?(※1)のオカルトに似ている。秘教エソテリズムとしての側面を殆ど失い、ニューエイジ?としての側面を強めています。
 体系化された近代魔術的な意味合いを持ち、また、人口に膾炙された現代神話の秘教的側面を担っています。
歴史
 三相男神エル・ザザが引き入れる霊団オカルトを猫の国に持ち込んだとされる。

トルクルトアにおけるオカルト

概説
 トルクルトアの人々がイメージするオカルトは隠秘魔学?タロットに引っ張られている。
歴史
 オカルトの語は統学者クセノスたのしい近代魔術〜黎明期?によればエリファス・レヴィが作者とされる魔導書魔術の体系・真』が初出である。
 その頃は単に隠秘学?の知恵、秘教的知識としての意味合いしかなかった。
 しかし、最近では意味が拡大し、非仙教古ラケル?の秘伝などをも指すようになった。
 また、オカルトと付くものはあまり信用されていない。

オカルト用語



※1 狂医ラーゼフの著書『ラーゼフの黄色い本?』によればジ・オーダー・オブ・ホモ・サピエンスが猫の国における地球を支配していた時代、エイジ・オブ・アクエリアスの東方の島国を指すとされる。恐らくは日本?のオカルトはそこでシモン・マグスが創始したとされる神智学?のことを指すと思われるが、それを裏付ける資料は少なく、信頼性に乏しい
タグ

関連リンク

其の他のリンク

アマゾンアソシエイト

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

紹介サイト


メンバーのみ編集できます

メンバー募集!