多人数で神話を創る試み『ゆらぎの神話』の、徹底した用語解説を主眼に置いて作成します。蒐集に於いて一番えげつないサイトです。

飛来神群


飛来神群のなかではアウターに属する。諸世界を渡り、
そこに住む知的生物を一人ほど食し吸収することで
その世界での"常識瓩鯑世討た怪物。16の世界を
わたってきた彼はその身の中に21の精神を隠し持つ。
食らうことで得られるのは知識だけではなく人格全体なのだ。
彼とまったく同じ身体構造と精神構造を持つ個体にナルマミンガがいる。
ちなみに、彼がこの世界で食した知的生物は『南東からの脅威の眷属
の精霊ペリアである。

ヌアランダーラに食われ人格ごと吸収された者

行い

其の最後

後神代末期、ヌアランダーラはワレリィによる【】に呑み込まれ地上から姿を消す。

其の最期

ヌアランダーラに侍る者には、あることないこと吹き込んで、気に入らない相手を
南東海諸島に送り込ませる連中までいた。ヌアランダーラもろくに吟味せずにそのまま
やらかすことが多かった。不満や憎しみが積もり積もっていくのも無理はなく、
【竜】やら神々やらその他もろもろの強者にヌアランダーラの討伐を頼み協力しようと
する『株』が多かった。この飛来神が【地球】からいなくなるのも時間の問題だった。

洞窟砕き?」によってヌアランダーラは死んだ。

協力者であった『ヌアランダーラの株』は、「洞窟砕き」を用いた神に、
『株』の名前を記した名簿を処分して欲しいと頼んだという。
聞き入れられて神々の図書館からなくされたとも、
そのまま書架に残されているとも言われるが、それ以降
創作や狂言を除いて、新しく『株』の名が世に知られることはなくなった。

という情報操作を行ったわけなのだが。
なぜだかうまく行き過ぎてしまい、本当に消滅してしまったのは言語魔術師たちの間では笑い話である。
消滅した枠には、コピーを収めることで一致し、現在はヌアランダーラ2号が『ヌアランダーラ2号の株』をせっせと生んでいる。

禍々雄虚実抄?などの概紀では、知的生命を喰らい、
次元間を移動する点では同じだが、別の世界で次の獲物を取り込むと
前に喰らった者をその時にいた世界に排出する。

パンゲオン世界ではペリアが喰われた代わりに岐阜本光健が残され、
彼はミツトケー?という人物として生きることになる。
元の世界に元の姿のまま戻るため、異なる世界間の移動と若返りの法を
探求していたという。晩年に姿を消したが、その先で切願を実現したととれる記述もある。

ニューエイジの仙人としてのヌアランダーラ

古代インドの錬金術師?であり、秘儀により三界を自由に駆け抜けたという。
彼の魂にはさまざまな世界で生きた生類の記憶が在り、出合う者に様々な一面を見せる。
物質よりも自由なる霊魂を象徴し、アセンデッドマスターの一人に数えられることもある。

彼はナメクジの身から少しずつ霊格をあげながら上等な生き物に転生していったとされる。
仙人になるまでにかかった時間は何十万年単位だという。

魔女ナルマミンガとは対立関係にある。

さも古代から連綿と伝承されているかのように見せかけられているが、
実際はトバイアス・ホワイト・スミスの『プサイからオメガへ』が初出である。

魔類抄シリーズにおけるヌアランダーラ

七光大師の一柱ルーレイショーの部下であり、直接の弟子にあたる。

かつてムー大陸の神官であり、外地に派遣された『ナーカル(聖兄弟)』の
一人として、アトランティス大陸からの侵攻を受けていた古代ギリシャ人を
援助し、アトランティス軍を撃退させている。

この功績にも関わらず、その後犯した大罪により、ナメクジの身に零落させられるという罰を与えられる。その後彼は長い年月をかけて転生を重ね霊格を積み直し、アセンデッドマスターとなって力を取り戻した。
この罪を告発したシュトゥットアテンをいまだに憎んでおり殺すチャンスをうかがっている。

ナメクジだった頃の自分を引きずっているのか、頭部の左右からナメクジの角のようなものが生えており、おまけに耳と半ば一体化している。実害はないのだが塩に対して本能的な嫌悪感・拒否感を感じてしまう。以前は塩そのものだけでなく、潮風にあたったり海を見ることすらも苦手としていたが『組織』の者による催眠療法によっていくらか改善されている。この時のよしみで(実利的な理由もあるが)『組織』に力を貸している。

魍魎魔類抄靴能蘚仂譟G愧罎ら放射状に伸びる後光を武器とする。着脱自在でフラフープのように腰のあたりで回転させたり手に持って得物として振り回すこともできる。
バレエ風に足を上に伸ばし、足先に後光をまとわせて回転させる乱舞技もあるが、彼の見た目とあいまって気持ち悪い。

エンディングでは再び沈みゆくムー大陸の王家の墓から神官王ラ・ムーの休眠状態にされた娘を運び出し、姿を消す。

魔類抄シリーズの第二部にあたる地獄魔類抄では、ラ・ムーの娘が『組織』によって蘇生され魔法少女のようないでたちで登場する(M-MU、ム・ムー)。
タグ

関連リンク

其の他のリンク

アマゾンアソシエイト

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

紹介サイト


メンバーのみ編集できます

メンバー募集!