多人数で神話を創る試み『ゆらぎの神話』の、徹底した用語解説を主眼に置いて作成します。蒐集に於いて一番えげつないサイトです。



概要

 むらさきいぬ、あるいはモノクル・ムラサキーヌ。
 本大陸の東方に位置するプラーミグ地方密紫?に伝わっていたと典光の間で語られたムシュナー物語?に登場するの一種。
 ムシュナー物語?には妖精しか出てこないとされているため、紫犬妖精に分類されることもある。

 ロワスカーグ六つの縄の結び目を解くことで改変した「紫の一つ目妖怪?」たるとしばしば同一視される。
 そのことから単眼虎とも混合されることがあるが、単眼虎紫犬に直接の関連はない。
 しかし、近年になって発見された原始紀猫教?の教祖が書いたエッセイぬくぬく温まる、ぬこたちと。?』に記述されていたように、柴犬が紀猫?シャルマキヒュ魔眼竜バーガンディアの子供である可能性はある。

 ブリアリによれば紫犬ノーマド・キャンサーであるらしいであるらしいが、そんなはずはなく普通に見間違いであろうという指摘もある。
 紫羊?紫猪?の存在が確認されているが、紫犬との関係は不明。

 紫犬はいくつかの種類に分けることができる。

納豆紫犬?

 紀納豆を纏う紫犬。あるいは、紫犬を纏う紀納豆のこと。
 ジャホラット・パピルスの捏造された一節によれば、紫の一者は夥しい納豆柴犬?たちを率いていたという。

豆腐紫犬?

 青黒い舌を持つ矮妖精、トントロポロロンズの裔を詐称する犬。
 ティドロソフに跨る毛深きもの。
 豆腐の耳を持つ、あるいはエルフ
 否定を意味する「ちがう・ちがう」の別名をもつ。
 その青黒く変色した否認の舌は口に出す言葉全てが群青の神々によって管理していることを示し、その豆腐の耳は耳に入れる言葉全てが群青の神々によって管理されていることを示す。

味噌紫犬?

 現状のところ確認されておらず、存在のみが予想されている。
 N. Glorfineエレガンティとのプロセスド性?の比較から、紫犬の形成過程にはプロセスド大豆の介入が必要不可欠であり、そこに?の入る隙間はなく、よって味噌紫犬?は存在しえないとする仮説を唱えている。

兵士?

 顔のみが紫犬の人型兵士のこととされるが、実際のところは不明。
 兵士?の攻撃を受けたものは頭部が紫犬になってしまうという伝承もある。
 情報戦に強く、開闢の神言たるあぼん?を使えるなどという噂があり、非常に恐れられている。

斑埼狗 童子?

 むらさきいぬ どうじ。
 正確には紫犬ではなく紫狗?、つまりではなくの一種らしい。
 本来は個体名であるはずが、なぜか通貨の名前になるまでになった紀狗?

関連リンク

其の他のリンク

アマゾンアソシエイト

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

紹介サイト


メンバーのみ編集できます

メンバー募集!