多人数で神話を創る試み『ゆらぎの神話』の、徹底した用語解説を主眼に置いて作成します。蒐集に於いて一番えげつないサイトです。

魔術

【数法体系】
万物が【数】により構成されているという理論の元、事象や物体の【量数】を変動させ、ものの量や速度や力などの数値を変動させる魔術。


古典派の数法体系?

自然数教団?の数法体系

紀名派の数法体系

 紀名派の数法体系は事物同士にある少しの共通項から等号であると言い張るものである。
 紀名派の数法体系の使い手は統計学者?とも呼ばれる。
 詳細は『統計でウソをつく数法体系?』などの書に明るいため、参照せよ。
 人種差別によく使われる。

理数変換

 理数変換は対象を数値化するものである。
 『数えられるもの(シニフィエ)』は『数えた末にある量数(シニフィアン)』よりも情報量が大きい。しかし、等号で結ばれているとして世界を偽り、操作する。
大数原則
 至極当然な原則、【大数原則?】。
 サンプルサイズ?が大きれば大きい方が影響の範囲が強まるというもの。しかしながら、数える対象は自身より存在階梯?(との距離から導き出される存在規模)が下でなければならない。
 また、この原則は必ずしも成立する訳では無いので注意。
正規分布
 【正規分布】は【大数原則】──サンプルサイズが大きいければ大きいほど強まるものであり、平均人はここより生まれた概念である。

因果編纂

 相関と因果の誤謬?とも言われる、因果関係を作り出すものである。
交絡変数
 【交絡変数】?を用いることで、因果関係が作り出される。
回帰効果
 【回帰効果】?により、通常状態への復帰が可能。

量数改竄

 【量数】の改竄は【大数原則】と対立するもの。
タグ

関連リンク

其の他のリンク

アマゾンアソシエイト

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

紹介サイト


メンバーのみ編集できます

メンバー募集!