多人数で神話を創る試み『ゆらぎの神話』の、徹底した用語解説を主眼に置いて作成します。蒐集に於いて一番えげつないサイトです。

宗教


精霊信仰の一つであり、身分制、階層制が定められている点に特徴がある。
「徳」という概念を定め、その量が多いものほど精霊の加護が得られるとしている。

教義

精霊信仰の一つである【精霊賜教】は、身分制、階層制が定められている点に特徴がある。
「徳」という概念を定め、その量が多いものほど精霊の加護が得られるとするのである。
神徳?、聖徳、霊徳、清徳、徳、未徳という六階級に分けられ、特に未徳とされたものは奴隷に等しい扱いを受け、他の信者から私刑を受けることすらあるらしい。

世界観

九大精霊
九大精霊
  • イスート・ザートゼオート神群紀元神群)の全ての神をひとりの精霊に習合させた存在。
  • イスート・ダルトゥンマーフ?デャルト・ンマリヒ?(南東からの脅威の眷属)の全ての精霊をひとりの精霊に習合させた存在。
  • イスート・マードカ?マーディキ神群の全ての神をひとりの精霊に習合させた存在。
  • イスート・シュロード?スロデ神群の全ての神をひとりの精霊に習合させた存在。
  • イスート・シャドゥック?シェデク神群の全ての神をひとりの精霊に習合させた存在。
  • イスート・タエルヴィナ?ティリビナ神群の全ての神をひとりの精霊に習合させた存在。
  • イスート・ヘルケフェ?…精霊族フェルケフェーナスの全ての精霊をひとりの精霊に習合させた存在。
  • イスート・オルファトゥズ?魔路神群の全ての神をひとりの精霊に習合させた存在。
  • イスート・マロウナ?マロネー神群の全ての精霊をひとりの精霊に習合させた存在。
悪魔

此れ等の悪魔は精霊賜教では個体の悪魔として語られるが、
悪魔学に於いては悪魔の種族名として扱われる。

歴史

開祖

アラザーン
鈴国の豪商ハルシム家の長男として生まれ、ハルシム家当主となったが、新史暦74年?、事業に失敗し一家は没落。彼もまた行方不明となる。
各地を放浪した彼は、あるとき精霊に出会ったと主張し、【精霊賜教】の開祖アラザーンを名乗る。

アラザーンは92年に【死神】と呼ばれる者に殺害されたが、【精霊賜教】を国教としている国は多く建てられた。

五大弟子

精霊賜教がある国で国教に認定とされるほど世間に浸透したことに関しては、
モエイドムーラパサルングンナヴェイス?カプラヌス?
【五大弟子】の功績によるところが大きい。

モエイド     新史暦60年生まれ、新史暦112年没。
ムーラパ     新史暦50年生まれ?、新史暦96年没。
サルングン    新史暦63年生まれ、新史暦120年没。
ナヴェイス?    新史暦59年生まれ、新史暦102年没。
カプラヌス?    新史暦60年生まれ、新史暦112年没。

トルティー制の制定

精霊賜教】の信者を神徳?、聖徳、霊徳、清徳、徳、未徳という六階級に分けていたのは
開祖アラザーンとその側近であった。アラザーンが死に、やがて階級分けに関わった
側近達も死ぬと「誰がどのように信者の徳を判断するべきなのか?」という問題が起こった。

トルティー制
【精霊賜教】は五大弟子の一人、ナヴェイスの息子であった【ダルマン】が【トルティー制】を制定した。
神徳?」階級の中から選別された【トルティー】が精霊の代弁者となり(トルティーとは、代弁者の意)教団の最高権力者となり、階級選別を行う事になった。
初代トルティーはアラザーンであり、二代目はダルマンが就任した。
ダルマンは自分の弟子を「神徳」階級とし、その他王族や豪商などを聖徳、軍の将官などを霊徳と定めていった。

第二暗黒期での布教活動

トルティー制】が制定される前、二大祖国が崩壊した
それと平行して各地で種族対種族、民族対民族の争いが勃発した。
だが、二大祖国崩壊後の「第二暗黒期」とすら呼ばれるこの動乱の時代こそ
【精霊賜教】が最も勢力を拡大した時代であった。【精霊賜教】の布教者は
自ら争いの場に出向き、双方に平和を説く…のではなく、一方にだけ布教した。
そしてもう一方の側を【未徳】よりさらに下位の階級として新たに制定された【無徳?
の階級にあると説き、布教された側の戦意と相手への軽蔑を沸き起こらせ、
さらに他の精霊賜教勢力から援助させることで勝利させた。そして
敗北した【無徳】の者達は殺戮され、その土地と財産は略奪された。

無徳?】の者達はまた、奴隷にされたりなど、引き続き搾取対象にされることも少なくなかった。
精霊賜教の連合の後ろ盾を得た部族や国が負けることは少なく、
勝てば倒した相手の富を得ることができるため、自ら【精霊賜教】を求める
グループも少なくなかった。こうして、一時は大小あわせて30近い精霊賜教国
が存在することになった。とはいえ時代が進み、「第二暗黒期」の終焉が近付くと、
【精霊賜教】以外でも大きな勢力を持つものが多くなり、彼らを脅かすようになった。
また精霊賜教連合からの迫害を受けた者達が率先して彼らの敵たる勢力に協力した
こともあり、連合は次第に衰退していく。

【神徳都ムータ・トルティー】が陥落

新史暦146年草の民の蛮王ハルバンデフの軍勢により
【精霊賜教】連合のトップに坐す教団の中心【神徳都ムータ・トルティー?】が陥落する。
かつて彼らが【無徳】に対してしたように、風の王の軍勢は根こそぎの略奪を行った。
神徳都に溜め込まれた金銀財宝によってハルバンデフ軍は大いに潤ったという。

【神徳都ムータ・トルティー】の陥落は世界各地の【精霊賜教】連合に衝撃を与えた。
とりわけ、スティリアレ?を始めとする西方諸国との関係が急速に悪化し、
一触即発の様相を見せる。
冷戦状態にあった西方諸国との小競り合いは新史暦150年まで続いた。
その後、ハルバンデフの彩国侵攻を切っ掛けとして全面戦争に―――バキスタの戦いへと突入したのはいうまでもないだろう。
タグ

関連リンク

其の他のリンク

アマゾンアソシエイト

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

紹介サイト


メンバーのみ編集できます

メンバー募集!