多人数で神話を創る試み『ゆらぎの神話』の、徹底した用語解説を主眼に置いて作成します。蒐集に於いて一番えげつないサイトです。

太陽系
陽星

概要

フルブライト?

のなかで最も大きい。

太陽に関する神々

太陽に纏わる文化

ラナ信仰

ラナ信仰?では、昼間は太陽の反対側が「ラナの方角」とされる。

伝説

ミアスカの右の乳房

ミアスカ人?に拠れば、太陽はミアスカの右の乳房、はミアスカの左の乳房であり、光はミアスカの母乳、その恩恵を得て生きる人類全てがミアスカの赤子であるとされる。

紅蓮照日

紅蓮照日に依って建造された装置とされる。

太陽消失

要旨
太陽は1年を掛けて衰えて行き、年に一度、然るべき日に然るべき生け贄を捧げる事で再生されると信じられていた。この事を証明する為に生け贄を止めてさせてみたら、太陽が消えてしまった。其の時、其れ迄生け贄に捧げられて来た人々が小さな太陽になって降り注いできた。そうして全天を埋め尽くした小さな太陽達が、今我々が見上げている星星なのである。
解説
大地の球化以前の話と考えられている。

関連

ロータス?:太陽を覆う布。
?:太陽に連なる金属。天の光を嫌うものには苦しみをもたらす。
太陽の石?

想像図

夕日(by bc):沈み中。

タグ

関連リンク

其の他のリンク

アマゾンアソシエイト

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

紹介サイト


メンバーのみ編集できます

メンバー募集!