風俗Wikiは風俗店利用者が、自らの体験をもとに書かれた風俗体験レポートで作られた口コミ風俗サイトです。池袋 新宿 渋谷など都内主要ターミナル周辺の風俗店から横浜 川崎 西川口 千葉といった東京近郊の風俗店まで1都3県の風俗店情報を掲載しています。


【場所・所在地】【店舗外観・内装】
こんちゃんの店 五反田店」は、デリバリーヘルスなので店舗受付は存在しません
店名からも分かる通り、お店の拠点は五反田となっており、都内近郊の自宅やホテルに女性を派遣しています。

【料金説明】
料金は、オールタイム均一で60分7,999円となっており、30分単位で延長する度に5,000円加算されていきます。入会金指名料予約料金は、すべて無料となっておりますが、ホテル代・交通費が別途必要となります。なお、交通費の詳細については、HP上には記載されていないので電話で確認したほうがいいと思います。今回は、60分コース料金7,999円に五反田駅近くのラブホテル「ホワイトボックス」代金3,400円を加えた11,399円を総額として支払いました。

【受付 男性スタッフの対応】
言葉遣いは丁寧で、少しでも料金の安いホテルを探してもらいはしましたが、早く電話を切りたそうな態度がこちらに伝わってきて不快な気分にもさせられました 。土曜日ということで忙しかったのかもしれませんが、このような態度は改善してほしいと思います。

【在籍嬢の人数とレベル】
HPで見る限り店全体としては20名ほど在籍しており、1日の出勤は5〜6人のようです。
人妻店ということもあり在籍女性は30代と40代がメイン。
店舗型のお店と違い受付が無いので事前に写真を見て判断することが出来ません。HPの写真を見ても顔にぼかしがかかっていたり顔の部分がカットされているので、スタッフに自分の好みを伝えて紹介してもらうか、事前に掲示板などを見て下調べなどをした上で指名するほうが賢明だと思います。

【システムとプレイ内容】
今回私はプレイルームとして五反田のホテルを利用したので、その流れについて記述します。
最初、お店に電話をして予約。
五反田駅に着いたら、再度お店に電話をしてホテルの場所や部屋番号を確認して1人でホテルへ向かいます。
部屋に到着したら、お店に連絡をして、後から女性が合流するという流れになっています。
プレイ内容は、ディープキス素股全身リップ生フェラシックスナインが受けられます。(HP上に基本プレイ内容の記述が無いため、今回私自身が体験したサービスの内容です)。

【今回サービスを受けた女の子について】
ホテルのフロントで手続きを済ませ、私は1人部屋の中で指名した女性の到着を待っていました。
「どんな人が来るんだろう?まぁ、激安店だからあまり期待は出来ないだろうなぁ・・・」などと1人ベッドに横になって考えていました。しかし約束の時間になっても女性が到着しません。少し苛立ちを感じながら、私はテレビを見て時間を潰していました。
予定の時間から20分程経過したところで「ピンポーン、ピンポーン」とドアの呼び鈴が鳴り響きました。私がドアを開けると、そこには今回のお相手であるAさんの姿がありました 。「遅れて本当に、本当に申し訳ございませんでした」と私の顔を見るや否や何度も頭を下げ謝罪をするAさん。「とりあえず、急いで中へ入って下さい。この部屋を使える時間も限られてますし!!」と私はAさんにわざと急がせるような感じで言いました。部屋を使用できる時間はまだ十分残っており、何も急ぐ必要はありません。私のちょっとした悪戯心から出た言葉でした。
部屋に入るとすぐに、バスルームに行って浴槽にお湯を溜め始めたAさん。部屋に置かれていたハブラシを袋から取り出して私に渡したり、鞄の中からローションを取り出したりするなどプレイの準備をテキパキとこなしていきます。その手際の良さに、私は感心させられました。
お湯が溜まり、お互い自分で服を脱いだ後、バスルームへ移動。Aさんは私を風呂椅子に座らせるとペニスアナルを中心に体を洗ってくれました。その後、2人は向かい合った体勢で浴槽の中へ。この時になって初めて、私はAさんをじっくり観察することが出来ました。Aさんは、特別美人では無いけれど、ハーフのような顔立ちをしていて、切れ長で綺麗な目を持ち合わせていました。痩せている人にありがちな貧乳ながらも40代の割りには綺麗乳首。今回私がAさんを指名した理由は、「スタイルの良さ」でした。私は基本的に「デブ」が苦手で、デブ相手だと勃起することもままなりません。そういった意味ではAさんは「セーフ」でした。
浴槽で向かい合いながら私とAさんは、しばし会話を楽しみました。Aさんは、どうやら風俗の仕事はこのお店が初めてのようで、しかもこの日は出勤2日目とのこと。ほかにも、お花見の話やAさんの趣味の話も聞きつつ・・・うん?先ほどから下半身に何か違和感を感じます。そうです、Aさんがペニスをず〜っと握っていたのです。するとAさんは、その手を撫でるように動かしペニスを刺激してくるではないですか。私はその感触を堪能しつつAさんを見ると・・・表情が完全に「エロモード」に突入していました。そのまま顔をすーっと私の顔に近づけ・・・唇を合わせてきたAさん。キスの味覚に溺れようと思っていた私ですが、Aさんは唇を離しおっぱいを私の顔に近づけ一言
「吸って」
「オッケー」
私は、Aさんのおっぱいを少し強めに吸い込んだ後、今度は得意げに舌の上で転がしました「はぁ〜」「ふぅ〜」声には出しませんがAさんは吐息で私の愛欲に応えてくれます。このまま自然に私が立ち上がろうとするとAさんは眼にも止まらぬ早業で「パクッ!」ペニスを口に含み、ゆったりとした舌使いで私を腰抜けに導きました。しばらくフェラを堪能した後、2人は急いでタオルで体を拭き、このままのテンションでベッドの上へ。
ベッドに移動して、ディープキスを交わした後、全身リップ。そのままの勢いで、シックスナインの体勢になり私はAさんのアソコを舐め回しました。私が舌を動かす速度を変える度にAさんの吐息の荒さが急加速していきます。それを感じることが心地よく、さらに私の闘争本能に火が付き、最速の舌スピードでAさんのクリトリスをドロドロに

「イク〜、イク〜」とAさんが大きな声を発します。

しばらくするとAさんは静かになりキョトンとしています。「どうしたの?」と私が聞くと「先にイッちゃいました」とAさん。するとAさんは、お返しと言わんばかりにローションを取り出し私のペニスに塗り始めました。

「今度は私があなたをイカせてあげる」と言って騎乗素股を私に披露。

少し痛い感じがしましたが、逆にその痛みが気持ちイイかも・・・などと考えているうちに自然と私は、ザーメンを垂れ流していました。「温かい〜」と言いながらAさんは自分の股についた私の液体を嬉しそうに手で触っていました。プレイが終了しお互いに服を着てホテルの前で手を振って別れました。

【店舗評価】
値段が値段だけに正直言って期待していませんでした。しかし、今回のAさんのように遅れた事に対するお詫びもしっかりでき、十分満足のいくサービスを提供してくれる女の子がいたということは大きな発見でした。後は、スタッフの対応がもう少し改善されればワンランク上のお店になると感じました。また機会があれば来店したいと思います。


コンパニオン画像チェック!
お店HPで五反田 こんちゃんの店料金システムやコンパニオン画像をチェックする。


お店情報・過去の体験レポート
五反田 こんちゃんの店の料金システム・過去レポートをチェックする。


風俗Wikiメニュー

風俗ライフを楽しむ為にみんなで作る「風俗情報投稿広場」

風俗ウィキ風俗掲示板

特集記事はコチラ! AV女優在籍店

記事を投稿する。

wikiの編集が苦手な方は以下のフォームから管理人までご連絡ください。 荒しや業者の方は投稿をご遠慮ください。
投稿頂いたレポの不掲載理由

風俗特報

女の子の写真指名は、
風俗情報サイト 風俗特報
画像の加工修正は一切行っておりませんのでご安心下さい。
風俗特報

風俗体験レポート更新情報

メンバーのみ編集できます