風俗Wiki -風俗体験談、口コミ情報と用語集- - ローションプレイ

用語解説

ローションとは、海草からから作られた無色無臭・人畜無害のヌルヌルしたゼリー状の潤滑剤。
風俗では欠かせないアイテムで、マットプレイおっぱいマッサージ素股の時に、身体や性器にかけて使用する。
初めてローションを開発したのは、ペペローションで有名な中島化学産業で、発売は昭和48年である。

ローションプレイとは、ローションを用いて行う風俗プレイのこと。
ソープランドでは、マットの上で全身に大量に塗ってもらいコンパニオンの各種テクニックを堪能する。

ローションマッサージとは、ローションを使用した性感マッサージのこと。
基本的にはローションプレイと同義で使用される言葉。


関連項目



参考ページ

【ラブローションの使い方】一度使ったら病みつき!ラブローション体験談(外部リンク)
ローションプレイ ローションプレイとは、ローションを用いた性的遊技ないし性的技巧のこと。(リンク:wikipedia)