大阪 風俗Wikiは風俗店利用者が、自らの体験をもとに書かれた風俗体験レポートで作られた風俗サイトです。梅田 難波 日本橋 十三 谷町九丁目など大阪市内の主要な風俗街にある風俗店から京都 兵庫といった大阪近郊の風俗店まで2府1県の風俗店情報を掲載しています。

アンコール-Encore-体験レポート


【場所・所在地】【店舗外観・内装】
このお店はデリバリーヘルスのため、店舗受付は無く、電話受付のみです。
今回は梅田にて利用。兎我野町のローソンの前で待ち合わせし、近隣にあるホテル『MYTH DX』(画像は前のホテルDIVAのままです)(リンク:Google Maps ストリートビュー)を利用。

【料金説明】
プレイ料金はオールタイム同じ。
システム料金はクラブレディー、Vipレディー、プラチナレディーの3つの料金体系に分かれており、クラブレディーからプラチナレディーまで上がっていきます。
今回利用したのはクラブレディーコース。料金は70分コース34,000円、交通費3,000円(大阪市内一律)を合わせ女性に支払ったのは37,000円
プレイルームとして利用した『MYTH DX』(画像は前のホテルDIVAのままです)(リンク:Google Maps ストリートビュー)、外観写真(リンク:Google Maps ストリートビュー)にて、ホテル代2,700円を支払いましたので、今回の総出費額は合計39,700円となりました。

【受付 男性スタッフの対応】
私の受付をしてくれたのは、人当たりの良さそうな言葉遣いの良い女性。
優しい口調で丁寧に話してくれました。そして私が遊びたい時間を伝えれば、該当する時間に遊べる女性を確認し、教えてくれました。更に私が『失敗したくない』と思い、「サービスの良い女性はどの子ですか」と聞けば、店員は丁寧に話を訊いてくれ、「サービスが良いのは○○さんです」と誠実に対応してくれました。受付店員は丁寧なだけでなく行き届いた接客対応で非常に好感が持てました。

【在籍嬢の人数とレベル】
当日お店HP上で確認すれば所属する女性は38名。私が遊んだ日に出勤となっていたのは17名の女性。その内で、私が希望する時間に遊べると紹介されたのは3名。どの女性にも顔にモザイクが掛けられていました。
そして実際遊んだ女性はミスユニバースに出場していそうな国家レベルの美人でと言った感じの女性でした。そしてスタイルはお店HP通りだと思います。遊んだ一人しか見ていませんが、彼女のルックスレベルから推測すると、大阪市内最高レベルだと思います。

【システムとプレイ内容】
システムは、普通のデリバリーヘルス同様。
電話受付時に利用したい時間と遊びたい女性の名前を伝え、最後にこちらの名前と利用時間、待ち合わせ場所を告げます。すると、店員より必要になる料金と待ち合わせ場所にて知らない番号から電話が掛かってくることを告げられます。そして店員より、電話番号の確認の為に折り返しの電話が掛かってきます。これを受けて、予約完了。指定した時間に待ち合わせ場所に向かいます。すると知らない番号(ドライバー)から着信があります。それに出て、ドライバーと対面その後、車から降りてくる女性と対面。
部屋に入って、女性が部屋番号や到着確認の為の電話をお店に入れます。そしてプレイ料金を支払い、その後プレイ時間スタートとなります。
プレイ内容は、キスフェラチオ、素股などの一般的なヘルスサービスが基本となっています。

【今回サービスを受けた女の子について】
最近性欲が減退して来て風俗を利用する回数が減っている私。それなら同じ時間でもより質の良い体験が出来る風俗店を利用しようと心に決めます。そして日々を過ごしていると悶々としてくる私。風俗サイトの中から一番高級なこの店を見付け、利用することに。
お店に電話を掛け利用したい時間を伝えると、3名の女性を教えてくれる店員。『折角お金を払うので良い思いをしたい』「サービスの良い女性はどの子ですか」と聞けば店員はKちゃんを紹介してくれます。モザイクで顔は分かりませんので、店員おすすめのKちゃんを指名。
待ち合わせ場所のローソンで待っていると、時間ぴったりに私の携帯電話に知らない番号から着信があります。ぴったりの時間に掛かってきたので、私は『ああ到着の電話かな』と推測。電話に出ると、「○○さんの携帯電話ですか」思っていた通りドライバーからの電話です。ローソンから出るとかっちりとしたスーツ姿の男性が柔和な笑顔を見せながら立っており、私を見つけると、ぺこりと会釈。
私が『ドライバーなのにいい人そうだな』と思っていると、店員は後部座席の方に視線をやります。すると出て来る一人の女性。
彼女はさらさらの長いストレートヘアの女性で、こちらを見ると上品な笑顔で見てくれます。それはまるで、客室乗務員か百貨店のブティックで働いているワンランク上の女性といった様子。
Kちゃんの顔は、芸能人で言えば、森理世(リンク:Google画像検索)、と檀蜜(リンク:Google画像検索)を足して割った感じで、何やら普通の女性にはない良い女オーラのようなものを感じます。
彼女は私に軽く挨拶すると、「こっちです」とホテルへと案内をしてくれながら移動開始。
どうやらホテルに詳しくない私が受付に頼んでいたので、場所を把握していてくれた様です。Kちゃんと一緒に世間話をしながらホテルへ移動。
部屋に入ると、二人だけの空間に入ったからか1ランク上の笑顔で笑い掛けてくれます。
そして私をソファーに案内すると、「ちょっとお店に電話するから、待っててくださいね」と前置きしてお店に架電。
電話を終えた彼女はソファーの前に来てベッドに座ってくれます。ふと気づけば、私が座るソファーは独り掛け。
『二人面と向かって話してもいっこうに気持ちの距離が縮まらないかな』と思い、立ち上がりベッドに座るKちゃんの横に腰掛けます。すると、私を受け入れるように、優しく微笑みかけてくれる彼女。改めてKちゃんは「Kですお願いします」と挨拶してくれます。そして横に座って数分話していると、彼女の表情も今まで以上に気を許しているような笑顔に変化。そしてKちゃんが「そろそろお風呂行きましょうか?シャワーだけでもいいですか」と問い掛けてくれます。私は「うん、シャワーだけで良いよ」と返答。それをきっかけに一緒に服を脱ぎ始めます。
服を着替える前に、彼女が「明るさこれぐらいなら大丈夫ですか」確認を取ってほんのり暗く調節。私はその女性らしい恥じらいを持ったKちゃんに興奮させられます。
服を脱ぎ終えた彼女の身体は聞いていた通りのグラマラスボディ。まず目が行くのは、大きなお椀型のおっぱいです。そして視線を下げれば、きゅっと括れた腰に、少し大きめで引き締まったエロいお尻、少しむっちりセクシーな脚。そしてオマンコは子供の様に毛がなく何とも色っぽい身体です。
お風呂に入ると、「お風呂ってなんでこんなに明るいんだろう。恥ずかしい」と恥ずかしがるKちゃん。私は「そうだね」と表面上では彼女に同意しつつも、『一番明るい今のうちにたっぷり見てやれ』とこっそりと凝視。
そして明るいお風呂の照明の下で見れば、Kちゃんの白い肌の美しさがよくわかります。『いい身体だな』と彼女の身体に興奮する私。
Kちゃんは手にボディーソープを付けると、両手でイチモツを包み込んで優しくしごく様に洗ってくれます。途端にイチモツには一般のヘルスのフェラ以上の心地良さが。
『これだけでもイってしまうんじゃないか』と思いながらも手コキを堪能。続けて胸、背中と洗い、私の身体を洗い終える彼女。その後、Kちゃんが「もう大丈夫ですよ。私も身体を洗ってから直ぐに向かいますから、先に上がっていてくださいね」と言います。私は先にお風呂を上がって、ベッドに腰掛けて待機。
少し待っていると、身体を拭き終えた彼女がベッドへと来てくれます。
一緒に寝転び、布団に入る二人。Kちゃんはこちらに身体を向けて私を見つめてきます。
そして、私の脚の間に差し入れ、私の脚に脚を絡ませてくる彼女。私は彼女が本当の恋人の様に感じ、自分の鼓動が高鳴っていくのを感じながら、そのドキドキとした時間を楽しみます。すると、Kちゃんが私に覆い被さって、私を見ながら胸に顔を寄せるように姿勢を変更。そして、彼女は私の乳首に舌を這わせて舐め始め、乳首舐め開始。Kちゃんが乳首へと舌を少し強めに押し付けると、ねっとりした気持ちの良い感触が感じられます。そして私の乳首を舐める彼女の淫靡な雰囲気に私は興奮し、普通以上に敏感に反応。
そのとき乳首舐めを休めて一旦身体を引くKちゃん。それを見て、私は『責めるなら今だな』と思い、彼女を押し倒し、そのままKちゃんに覆い被さって、唇を押し付けてキス。私が激しく求めるように何度も唇を重ね合わせれば、私の興奮が彼女に伝わっていきます。そして今度はKちゃんの方からお返しとばかりに私の舌にイヤらしく舌を絡ませてくれディープキス。たっぷりと舌を絡ませていると、お互いに興奮が高まって行くのを感じる私。続いて彼女は再び私に覆い被さると、股間の方に顔を寄せ、「カチカチに大きくなってるよ。アソコなんか濡れてるよ」と言って私を言葉責めしてきます。私は上品なKちゃんがイヤらしく囁くその卑猥な言葉に興奮。さらにイチモツを膨張させてギンギンに勃起。
するとそれを見た彼女がゆっくりとイチモツへと顔を寄せて、イチモツを口に含んでチュパチュパとフェラチオ開始。Kちゃんが左手で上手くイチモツの弛みを引っ張り、イチモツを吸い込みながらフェラすると、普段はほとんど感じないチンコへのフェラの感触も今日に限って物凄く気持ち良く感じられます。
しかし、彼女の方を見れば、美しい黒髪がKちゃんの顔の前に垂れて、折角の彼女のフェラ顔が拝めない状況。
私は残念に感じ、『フェラ顔が見たい』とKちゃんの髪を横にながし、避けてやります。すると直ぐに私の気持ちに気づく彼女。余った右手で、髪を持って私にフェラ顔を見せてくれます。するとフェラチオの感触がますます気持ち良く感じる私。
私が『今日はこのままフェラでイってしまうのかな』と思っていると、イチモツから顔を外す彼女。
私は『今度は私が責める番だ』と思い、Kちゃんに仰向けに寝転んでもらいます。そしてもう一度キス。私はそのキスに気持ちが昂り、顔を胸に寄せて乳首を舐め回してやります。すると、目を細くして敏感に反応する彼女。Kちゃんの気持ち良さそうな反応に気を良くして、乳首を指で抓んで弄ります。すると、胸をビクンビクンと跳ね上げて悶絶。私は続けてそのままオマンコに手を伸ばし、ワレメを指で優しく撫でてやります。すると、彼女は「気持ちいい」声を上げ、身体を捩って反応。
私は『このまま指を膣に入れたらどんな反応をするんだろう』と思い、指に唾液を塗って、膣口に挿入。すると膣内はたっぷり濡れているものの、キツキツで奥までは入っていきません。『これは相当上物だな』ゆっくり膣口を弄り、再び指を膣口に入れて奥まで押し進めていく私。何とか指が中に入っていくと、指にはまだ何もしていないのにキツキツで極上の締め付け感が感じられます。
私が膣内で指を出し入れすれば、Kちゃんは「はぁん..あぁん..」声を上げ、口を少し開け半開きにして本当に気持ち良さそうに反応。
続けて私がクリトリスを舐めながら指を動かせば、彼女は腰をやや浮かせ、淫らに振って感じています。そして耳を疑う様な言葉をつぶやくKちゃん。
「うん」私は答えると、彼女の両脚を開き、その間に腰を割り込ませます。そして、ゆっくりと奥へと腰を動かしていき正常位素股を開始。ズンズンと腰を前後に動かせば、感じ過ぎて耐えられないといった様子でKちゃんは私の腕にしがみついて悶えています。私は彼女の開いた両脚をピッタリ閉じて、腰をお尻に打ち付けるようにピストン運動。その瞬間、肉に包まれたイチモツには今まで感じたことのない様な極上の締め付け感が感じられます。私は今度はKちゃんの閉じた脚を開かせ、更に身体を前傾させ彼女の身体と密着させて、激しく腰振り。すると、Kちゃんは目を潤ませて本当に気持ち良さそうに感じています。私が『ホンマに気持ちエエ最高や』と一心不乱に腰を振っていると、チンコにあと少しで発射しそうな気配が到来。私は「どこに出したらいい」と確認し、彼女の望む場所に発射。
Kちゃんは顔、スタイルが良いのはもちろんのこと、気遣い、上品さ、洗練された所作、気持ち良さそうな反応とサービスと普通の風俗店で埋まらなかった穴を埋めてくれる素晴らしい女性でした。
他の風俗嬢との違いや良さを文字にすれば、陳腐に感じますが、経験すると言葉に出来ない圧倒的な違いを体感しました。帰り際に彼女に「また会いにきてね」と言って貰えましたので、次回も遠慮なく彼女を指名して段違いのサービスを受けようと思います。

【店舗評価】
このお店は大阪市内でも最高級のホテルヘルスです。だからかプレイ料金に相当する圧倒的なサービスを受けられます。普通はなかなか行けない価格帯なだけあって本当に美しく素晴らしい、サービスやマナー等が磨き上げられた気品のある女性が接客してくれました。高級店ですので勿論たっぷりとお金を持った人が行くのは良いと思いますが、大衆店2回分の料金ですので、私たちの様な一般的な人が最高の時間を味わうのもいいかなと思いました。



必ず受付にて、携帯画面提示もしくは風俗特報を見たとおっしゃってください。

風俗特報より電話予約する
06-4790-7611
コンパニオン画像チェック!
風俗特報でアンコール-Encore-をチェックする
アンコール-Encore- (風俗特報)
体験レポートの投稿
アンコール-Encore-体験レポートの投稿をお待ちしております。


大阪 風俗Wiki内の風俗用語については全て風俗Wikiにリンクされています。

大阪 風俗Wiki News

本日のピックアップ
3月15日(金)
スピード-SPEED- 日本橋店

価格崩壊祭り

60分9,500円

大阪 風俗Wiki twitter

記事を投稿する。

wikiの編集が苦手な方は以下のフォームから管理人までご連絡ください。
体験レポート投稿
修正連絡フォーム

   風俗特報 大阪

大阪風俗遊びするなら、
風俗割引情報 風俗特報
格安割引チケット満載。
風俗特報

編集にはIDが必要です