大阪 風俗Wikiは風俗店利用者が、自らの体験をもとに書かれた風俗体験レポートで作られた風俗サイトです。梅田 難波 日本橋 十三 谷町九丁目など大阪市内の主要な風俗街にある風俗店から京都 兵庫といった大阪近郊の風俗店まで2府1県の風俗店情報を掲載しています。

アンコール-Encore-体験レポート


【場所・所在地】【店舗外観・内装】
このお店はデリバリーヘルス店の為、店舗受付はありません。なので店舗の所在地や外観は不明。
今回の利用では難波のホテルをプレイルームとして利用しました。

【料金説明】
プレイ料金はオールタイム均一となっていますが、女性のランク毎に料金が設定されております。
今回利用したのは『クラブレディーコース』70分コース料金34,000円に、交通費を合わせた37,000円を直接女性に支払いました。
プレイルームとして使用したホテルバリモダン(リンク:Google Maps ストリートビュー)にてホテル代3,800円を支払いましたので、総支払額は40,800円です。

【受付 男性スタッフの対応】
予約の電話に出たのは穏やかな口調の男性店員。女性のタイプ合わせや、こちらの利用場所等の希望を快く聞いてもえらました。客の都合に合わせて時間や場所をセッティングしてくれるので、安心して利用する事が出来ました。

【在籍嬢の人数とレベル】
利用当日の在籍女性数は40名で、出勤数は10名でした。お店HPに掲載のパネルは全ての女性の顔にモザイクが掛けてあり、写メ日記もありません。なのでお店全体のルックスレベルは不明。今回遊んでみた女性はのルックスレベルは高く、美人系のお姉様でした。高級店という事で、厳選された女性が在籍して居るものと思われます。

【システムとプレイ内容】
デリバリーヘルス風俗店なのでまずは電話して予約する事から始まります。オペレーターに希望する時間と場所を伝えると、店員が都合の付く女性を教えてくれますので、その中から女性を選びます。電話確認の為一旦電話を切るとお店から折り返し電話が掛かって来ますので、それに出て確認が終ると予約完了。予約時間の10分前までに待ち合わせ場所へ移動。女性が到着するとドライバーから電話が掛かって来ますので女性と対面。一緒にホテルへ入り、部屋で女性が持っている料金表を見てコースを決め、女性に料金を支払います。女性がお店にホテル名と部屋番号を伝え、タイマーをセットするとプレイの開始です。
プレイ内容はフェラチオ素股等のオーソドックスで一般的なデリバリーヘルスと同様のサービスとなっております。

【今回サービスを受けた女の子について】
この度結婚する事が決まったので、独身最後の風俗遊びとして今まで行った事が無い高級店で遊んでみようと思い、風俗情報サイトで見付けたこのお店に電話をします。
待ち合わせ場所のコンビニ前に到着して、スマホで今回の遊び相手の女性のプロフを確認しながら、喫煙スペースで一服していると電話に着信。電話に出てみると「アンコールのドライバー〇〇と申します」ドライバーからの電話で指示のあった場所へ移動する私。路上に停まった自動車に近付くと、運転席のドライバーが笑顔で会釈して来ます。そして後部座席のドアが開き、中から降りて来たのは小柄で細身な女性。
肩から胸に掛けて白いレースがあしらってあるノースリーブの黒いAラインワンピースを着て、髪型は茶髪のワンレンロング、身長はサンダルの高さも合わせて150センチ台半ば位。ワンピースは胸の下で絞ってあるので、胸の大きさが強調されています。こちらへ近付いて来た女性のルックスを確認すると、瞳がクリっと大きいたかはし智秋を大人しくした感じの彼女。30代には見えないほど若くてかなりの美人だったので『さすが高級店やな!』私は感心しながら「こんばんわ〜」と挨拶をします。自己紹介もそこそこに、Hさんの案内で待ち合わせ場所の傍にあるホテルへチェックイン。
部屋に入り、並んでソファーに座る二人。するとバッグから喫茶店によくあるアルバムみたいなメニュー表を取り出す彼女。その中からコースを選び、Hさんに料金を支払います。料金を受け取るとお店に電話してホテル名と部屋番号、コース時間を伝える彼女。長時間のコースで『300,000円』と料金が記載されているのを見て、「こんな長い時間で遊ぶ人いるん?その時間は何してるん?」高額なコース料金が気になってHさんに尋ねてみる私。彼女曰く「お食事したり、お酒を飲んだりしています」との事。「金持ちの優雅な遊びやな〜」いつも行く風俗店よりちょっとお高いだけでビビりまくりの私は『庶民には理解出来ない世界もあるんだな』そう思いながらHさんと雑談します。暫し会話していると、出会った時は『ちょっと人見知りっぽい感じかな?』と思っていた彼女も、少しづつ打ち解けて来ている雰囲気を感じる私。
「じゃあ風呂行きましょうか」私の提案を受け、「はい、いきましょう」そう言ってHさんも服を脱ぎ始めます。私の脱いだシャツをハンガーに掛けてくれる下着姿の彼女。黒地に白い刺繍のセクシーランジェリーを着用しています。ショーツは前の部分が逆三角形の小さな布しかない紐パン。更にはベージュのニーハイストッキングという、エロティックな雰囲気を盛り上げるアイテムが、あちこちに散りばめられているのを感じる私。『くぅ〜っ!この妖艶なムードが堪らない!』私は興奮しながら浴室へと向かいます。
家庭用程度の広さのユニットバスで向き合って立つ二人。ヘアゴムでアップにした髪のうなじからも、妖艶でセクシーな色香が溢れ出ています。バストサイズはC〜Dカップ位で綺麗なお椀型の乳房。腰もくびれていて小柄なボディながら、とても美しく綺麗にまとまったスタイルです。
シャワーとボディーソープで丁寧に洗ってくれるHさん。優しい手付きでチンチンを洗ってもらっていると、ヌルヌルのボディソープの感触でムクムクと起き上がって来る息子。「もう硬いですね・・・」私の見つめながら彼女が言っています。ギュッと私に抱き付いて来ると、チンチンの上に跨って立ったまま対面素股を開始するHさん。私は綺麗にくびれた彼女の腰を掴み、腰を前後に動かしてチンチンをオマンコに擦り付けます。「あんっ・・・あんっ・・・」私の耳元から聞こえて来るのは、切なげなHさんの吐息。ビラビラとヌルヌルの感触、そして美魔女のエロボイスで、チンチンはガッチガチになっています。エロい雰囲気も最高潮に達した所で、風呂プレイも程々にして身体をシャワーで流して貰い浴室を出る私。脱衣場で身体拭いてベッドへ移動します。
ベッドに寝転んでいると、彼女も浴室から出て来てベッドへ到着。私の横に寝るHさんを抱き寄せて、抱き合うようにしてキスをします。唇を重ねるだけの軽いキスですが、彼女の温もりが伝わって来るのを感じる私。早々とキスを終えると、Hさんの身体を覆い隠しているバスタオル開け、オッパイを丸出しにしてみます。寝ていても綺麗なお椀型の形状を保ったままのオッパイ。腰からお尻のラインをナデナデしてみると、30代とは思えないツルツルな素肌の手触りを感じます。「肌綺麗やな〜」そう言いながら彼女の乳首へ吸い付く私。乳首を甘噛みしたり舌で舐めたりしながら、右手をHさんの下腹部へ這わします。
マンスジの間を指で触れてみると、伝わって来るのはニュルッとした感触。『めちゃめちゃ濡れてる!』私は既に愛液を垂れ流している彼女のスケベボディに興奮し、マンスジ責めを開始します。すると「あぅん・・・くふぅん・・・」小声で喘ぎ始めるHさん。『乳首よりアソコの方が感じるんか!?』そう考えた私はダッシュで彼女の足元へ移動します。
Hさんの股の隙間で四つん這いになる私。オマンコに顔を近付けてみると、土手部分には毛がありますが、その他の部分は綺麗に処理されているのが分かります。両手でビラビラを左右に広げで中身を確認すると、膣口の上に見えるのは薄ピンク色のクリトリス。私はクリトリスに舌を押し当てるようにしてクンニを開始します。
舌先でクリ舐めをしていると口の中から溢れ出て来る私の唾液で、ペチャペチャとイヤラシイ音が響き渡るベッドルーム。「あ〜っ!あ〜っ!」初めは薄かった彼女の反応が、徐々に感じ始めて喘ぎ声が大きくなって来ます。腰を浮かせて上の方へ逃げて行くので、Hさんの縊れた腰を掴んで逃げないようにする私。腰を掴む私の手を握って来る彼女。クリトリス責めを継続すると、Hさんは腰をカクカクと上下に震わせなながら、両足で私の頭を挟んで来ます。「あっ・・・くっ・・・」苦悶の声を漏らしながら、クリ責めの快感に耐えている様子が伺える彼女。程なくして「んあああっっっ!」絶叫と共に全身をビクンビクンと震わせて、Hさんがオーガズムに達しています。「めっちゃエロイ声出てた・・・」私が声を掛けると、「はぁ・・・はぁ・・・」肩で呼吸をする彼女。
ここで攻守交替する事になり、私はベッドに仰向けで寝転びます。私の上から四つん這いで覆い被さるようにするHさん。唇を重ねる二人。私の口の中へ舌を回転させながら入れてくる積極的なディープキス。ここまでは大人しそうな雰囲気で完全に受身だった彼女が、痴女かと思えるようなアクティブなスケベ女に豹変するのを感じる私。口元からはどちらの物とも言えない唾液が零れ落ちています。Hさんとのエロ全開のキスだけで、一段とチンチンの硬さが増しているような気がする私。
キスを終えると彼女はすぐに身体を足方向へ移動し、チンチンにしゃぶり付いて来ます。「ここ感じる〜?」タマ舐めをしながら色っぽい声で尋ねて来るHさん。「めっちゃ感じる〜っ!」私が悶えながら答えると、「うふふ・・・」彼女は妖艶な笑顔で責めを継続しています。
タマ舐めから亀頭責めに移行する彼女。そして「んっんっ」息を漏らしながらチンチン全体を咥えるフェラチオを開始。唾液の量は少なめですが、その分摩擦力が大きくて、チンチンへは強い刺激を与えています。フェラチオの快楽を貪っているとまた責めたくなり、「お尻こっちに向けてもらっていい?」シックスナインをお願いする私。Hさんはフェラチオを中断して私の顔にお尻を向けてくれます。
シックスナインの体勢でフェラチオを再開する彼女と、クリ舐めを開始する私。「ん〜っ!ん〜っ!」やはりクリトリスが性感帯なのか、チンチンを咥えながら悶え始めるHさん。私が少し強めにクリトリスを責めてみると、「んーっ!んーっ!」彼女は先程よりも大きな声で喘いでいます。クンニの刺激に耐えながら、顔を必死に上下させてフェラチオを継続しているHさん。フェラチオされるチンチンからは、彼女の唾液の分泌量が増して来ているのが感じられます。
『こりゃあもう発射してしまいそう・・・』フィニッシュに向けてシックスナイン解除する私。Hさんをベッドに寝かし、再び四つん這いでクンニの体勢に入ります。クリトリスを中心に舐めて、オマンコを唾液でベトベトにすると、正常位素股の体勢になる私。土手部分にチンチンを押し当てると、ギンギンに勃起した肉棒を彼女が握って素股の準備が完了します。
Hさんに覆い被さるようにして小刻みに腰を振る私。彼女は両手で私のお尻に掴み、素股の密着感を上げてくれています。フェラチオで射精寸前だった私。密着感の高い素股ですぐに発射してしまいそうになっています。「出そう」私が発射寸前である事を伝えると、「私もイキそう!」そう喘いで苦悶の表情を浮かべているHさん。妖艶な美魔女の悶える表情を見ていると、チンチンが我慢の限界を越えてしまいます。「一緒に」私が言うと、「うん!いくっ!」力一杯しがみ付いて来る彼女。ビュルルルルッ!全力でHさんの肉体に思いの丈を吐き出す私。「ああああっ・・・」発射と同時にイキボイスを吐き出す二人。正常位の体勢のまま暫し余韻を楽しみます。
最後は彼女に身体を洗ってもらい、濃密なプレイは終了です。別れる時は素敵な笑顔を見せてくれたので、私はとてもときめいてしまいました。
Hさんはルックス、スタイル、雰囲気、ファッションセンス、、振る舞い、その全てが高級店に相応しい女性です。また近い内に彼女を本指名して、嫁に内緒で遊んでみたいと思います。

【店舗評価】
電話に出たオペレーターは高級店らしい丁寧な応対でした。顔出しパネルの無いお店なので若干の不安はありましたが、実際に出会った女性は素晴らしい美魔女でしたので、気分良く利用する事が出来ました。顔出しパネルが無くても当り確定なので、安心して利用出来るお店だと思います。


風俗特報より電話予約する
06-4790-7611

コンパニオン画像チェック!
風俗特報で大阪発 アンコール-Encore-をチェックする
アンコール-Encore-(風俗特報)
体験レポートの投稿
アンコール-Encore-体験レポートの投稿をお待ちしております。


大阪 風俗Wiki内の風俗用語については全て風俗Wikiにリンクされています。

大阪 風俗Wiki News

本日のピックアップ
3月20日(水)
スピード-SPEED- 日本橋店

月半ばのお値打ち祭

60分12,000円

大阪 風俗Wiki twitter

記事を投稿する。

wikiの編集が苦手な方は以下のフォームから管理人までご連絡ください。
体験レポート投稿
修正連絡フォーム

   風俗特報 大阪

大阪風俗遊びするなら、
風俗割引情報 風俗特報
格安割引チケット満載。
風俗特報

編集にはIDが必要です